揺れる五輪:「選手の安全を守れるのか」 山口香さんが問うIOCの対中姿勢 | 毎日新聞

揺れる五輪:「選手の安全を守れるのか」 山口香さんが問うIOCの対中姿勢

スポーツ, 速報

2022/01/22 0:10:00

揺れる五輪 :「選手の安全を守れるのか」 山口香さんが問うIOCの対中姿勢

北京オリンピックでアスリートの安全は守られるのか。そう懸念するのは、1988年ソウル五輪柔道女子52キロ級銅メダリストの山口香さん(57)だ。中国の著名テニス選手の彭帥さんが元副首相から性的関係を強要されたと訴えた問題などについて、政治的中立を理由に静観する国際オリンピック委員会(IOC)に対し、

「平和の祭典に限界」彭帥さんの問題に関する中国やIOCの対応では、アスリートの観点から見ても心配を拭いきれない。IOCのトーマス・バッハ会長は彭帥さんとビデオ通話したから安全だというが、理解できない。問題をうやむやにするのではなく、調査して事実を明らかにすべきだと声明を出すなど、毅然(きぜん)とした態度を示してほしい。中国を巡っては、新疆ウイグル自治区での人権問題にも批判が集まっている。IOCは東京大会から(国や組織、人を標的にしない、妨害行為とならないなどの)条件付きで、選手に一定の政治的表現を認める方針に転換した。…

続きを読む: 毎日新聞ニュース »

フィリピン大統領選 元大統領の長男マルコス氏 大差で勝利 | NHK

【NHK】9日、投票が行われたフィリピンの大統領選挙で、故マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス氏が、ほかの候補に大差… 続きを読む >>

毎日新聞さん😂あちゃー🤷‍♀️🤷‍♂️オリンピック選手の健康まで国で考えるべきことかなぁーー⁉️オバサンあんたが一緒に行ってケツまで拭いてあげたら⁉️金メダル🎖🥇もコロナにかかつて、あちゃー🤷‍♀️🤷‍♂️も自己責任だよ〜ーーんちゃう😂どう👀👁ギヨツ❗️ この人東京五輪にもケチつけていた。自分がもう出られないので五輪にケチつけまくりです。

「若年者は検査なしでの診断検討を」 専門家組織、提言案を議論 | 毎日新聞新型コロナウイルス対策を議論する厚生労働省の助言組織「アドバイザリーボード(AB)」は20日、感染者がさらに急増した時に、重症化リスクの低い若年層を検査なしに症状だけで診断することを検討すべきだとの提言案を議論した。オミクロン株は無症状や軽症の感染者が多く、医療資源を高齢者などに優先的に確保する狙 このアホ集団は医者に超能力を求めてるのか? そんなことしたら、無症状の生徒が学校中に感染広めて休校の嵐でしょうが。馬鹿じゃなかろうか。 「重症化リスクの低い若年層を検査なしに症状だけで診断することを検討すべきだとの提言案」って書いてあったけど… やっぱり、子どもはそんなに恐れなくて大丈夫ってこと? 無症状でも診断できるのかな?

五輪映画スタッフ「事実確認されず」NHK説明を否定 字幕問題 | 毎日新聞NHKのBS番組「河瀬直美が見つめた東京五輪」で確認が不十分な字幕が放送された問題で、密着取材をされた五輪公式映画スタッフの島田角栄さんが20日、自身への放送前の確認はなくNHKの経緯説明には誤りがあると否定するコメントを発表した。NHKに抗議、訂正を求めている。 メディアに聞いてほしいこと 「あのビールを渡したのはあなたですよね?」 「「あらゆる社会運動に参加しよう」と書いてあるTシャツを上に重ねて着ていますが、これも島田チームが用意して着せたのですか?」 河瀬直美が見つめた東京五輪 NHKの捏造報道に抗議します 登場人物全員嘘つき。 あのおじさんを探して当日の様子をインタビューしては???NHKは取材対象のコンタクト先くらい持ってますよね??? 河瀬直美が見つめた五輪 NHKの捏造報道に抗議します あのおじさん のビールと、2枚重ねになってたTシャツ(新品ぽい折皺付き)も仕込みですよね。 「あらゆる社会運動に参加しよう」とか書いてあるTシャツを「これ着ちゃってください」とあてがい、缶ビールを手渡し、「プロの反対側」に仕立て上げたのでは? NHKの捏造報道に抗議します 河瀬直美

NY円、114円前半 米長期金利の動向をにらみ小幅な値動き | 毎日新聞20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比12銭円高ドル安の1ドル=114円16~26銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1340~50ドル、129円54~64銭。

かなだい「タイミングが…」 まさかの転倒でも2位発進 4大陸選手権 | 毎日新聞フィギュアスケートの4大陸選手権は20日、タリンで開幕し、アイスダンスのリズムダンス(RD)で村元哉中(かな)、高橋大輔組(関大KFSC)は冒頭で転倒したものの72・43点で2位につけた。

北京五輪のフィギュアロシア代表 女子は15歳のワリエワら選出 | 毎日新聞ロシア・フィギュアスケート連盟は20日、北京オリンピック代表を発表し、女子(代表枠3)は世界歴代最高得点を何度も更新したカミラ・ワリエワ(15)、昨季の世界選手権覇者のアンナ・シェルバコワ(17)、4回転ジャンプが持ち味のアレクサンドラ・トルソワ(17)が選ばれた。元世界女王で昨季世界選手権2位の

東京ディズニーランド・シー、入園制限へ 21日から2万人以下に | 毎日新聞オリエンタルランドは20日、運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(ともに千葉県浦安市)で、入園者数を21日からそれぞれ2万人以下に制限すると明らかにした。新型コロナウイルス流行に伴う「まん延防止等重点措置」の対象拡大を受け、千葉県の要請に応じた。2月13日まで。営業時間は変更しない。

主体的な行動を求める。【聞き手・松本晃】 「平和の祭典に限界」 彭帥さんの問題に関する中国やIOCの対応では、アスリートの観点から見ても心配を拭いきれない。IOCのトーマス・バッハ会長は彭帥さんとビデオ通話したから安全だというが、理解できない。問題をうやむやにするのではなく、調査して事実を明らかにすべきだと声明を出すなど、毅然(きぜん)とした態度を示してほしい。 中国を巡っては、新疆ウイグル自治区での人権問題にも批判が集まっている。IOCは東京大会から(国や組織、人を標的にしない、妨害行為とならないなどの)条件付きで、選手に一定の政治的表現を認める方針に転換した。… この記事は有料記事です。