接種証明、地方で広がり 経済維持へ自治体など独自発行

接種証明、地方で広がり 経済維持へ自治体など独自発行

2021/09/22 19:02:00

接種証明、地方で広がり 経済維持へ自治体など独自発行

新型コロナウイルスのワクチンを巡り、自治体や地方の経済団体が独自の接種証明を設ける動きが広がっている。接種を終えた人に「お墨付き」を与え、仕事や日常生活で役立ててもらう。コロナ禍が長期化するなか、接種証明を活用して地域の経済活動を維持するねらいもある。京都府亀岡市は8月下旬、独自の接種済み証明書の発行受け付けを始めた。ワクチンを2回接種した市民が対象で、財布やカードケースに入れて携行できるサイ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

「特殊詐欺を疑って」ハローキティが防犯呼びかけ 大分 日出町 | NHKニュース

【NHK】特殊詐欺の被害を防ごうと、大分県日出町で、世界的に人気のキャラクター「ハローキティ」が警察官と一緒にチラシを配って注意を…

拡がるのは良いんだけど海外でも対応できる様にQRコード付けなさいって。何でこんなにローカルなんだろ バカじゃない笑 余命3年だな。 国は早くスマホのワクチンパスポート発行すべき! これは良いことだ。反ワク脳が社会で肩身の狭い思いをしてくれることを、心から望みます。 世界的なウイルス学者Jean-Michel Claverie博士によると、ワクチンを若者に接種した場合の心筋炎の発症率は以下のように増加する🧐 12~15才(男)+2240% 16~17才(男)+3933% 18~24才(男)+1836% 25~29才(男)+522% 「ランセット」誌にワクチンの効果の疑問を投げかけたFDAトップ2人が辞任へ 〜 ファウチの助言によりワクチン推進のバイデン政権下で

イスラエルのワクチン接種状態に基づく重症患者の死亡率(7/1〜9/19 全期間にわたって未接種者(緑)の死亡率が低い 8月初めのブースター接種開始後はブースター接種者(青)の死亡率が最も高い ブースター接種直後に感染しやすくなって死者が増えた

接種証明、拡大遅れる日本 対象35ヵ国・地域どまり(写真=共同)新型コロナウイルスのワクチン接種証明の利用拡大が遅れている。欧米では入国制限緩和に使われるが、日本では海外からの感染拡大を警戒して厳重な水際対策を続けている。海外出張者などへの接種証明を導入して2カ月近くたつが、帰国時の隔離措置が維持されており、自治体での証明書の発行も限定的だ。日本政府が発行する接種証明を待機期間の緩和・免除などに利用できる国はおよそ35の国・地域にとどまる。イタリアは接種証 接種証明ありき? いつ誰が決めた? 都合の悪いことは憲法の制約だの法整備が未済だのと言うのに いつの間にか既成事実化はおかしい 繰り返すが別にワクチンの接種・不接種は個人の判断だからいい でも明確な根拠を基に正確なメリット・デメリットの説明なく単に煽り続け なし崩しの同調圧力?