指揮者・佐渡裕さん、丸谷明夫さんは「いつだってまぶしかった」:朝日新聞デジタル

指揮者・佐渡裕さん、丸谷明夫さんは「いつだってまぶしかった」

文化・芸能, 音楽

2021/12/07 23:08:00

指揮者・佐渡裕さん、丸谷明夫さんは「いつだってまぶしかった」

丸ちゃんはいつだってまぶしかった――。ベルリン・フィルをはじめ世界の一流オーケストラを率いてきた指揮者の佐渡裕さん(60)は、 吹奏楽 の名指揮者として知られ、7日に76歳で亡くなった丸谷明夫さんをこう…

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

弾幕とコンボが融合した和風3Dアクション『炎姫』発表、2023年にリリースへ。最強の妖魔払い「炎姫」(ほむらひめ)が妖魔少女に立ち向かう | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

PLAYISMは、情報番組「PLAYISM GAME SHOW 2022(日本語)」にて、3Dアクションゲーム『炎姫』を発表し、2023年にリリースするとした。 続きを読む >>

子にコロナワクチン打つ?悩む親 「できる備えを」「責任持てない」:朝日新聞デジタル5~11歳への新型コロナウイルスのワクチン接種について、厚生労働省は早ければ来年2月ごろから始める可能性があるとして、自治体に準備を求めた。新変異株「オミクロン株」も現れる中、なるべく早く打たせるべ… 「20年後に何か起きたら親でも責任が持てない。娘が自分の意思で決断できない以上、無理に打つ必要はないのでは」。→ここ、朝日新聞さんは「ステルスで不安を煽ってる」よね。結論もない三文小説で不安を煽る。さすが、「感染を広げたい朝日新聞さんだけある」と、感じます。 答えは一つです。 殺したくない→打たない。 殺したい→打つ。 親の無知が子供を殺す。 テレビや国家や医者を信用するその無知が、子供を殺す。国家を殺す。民族を殺す。自分を殺す。親を殺す。生徒を殺す。妻を殺す。夫を殺す。 朝日新聞さんが褒めてたよね「大韓民国に学べ」みたいな?忘れたの?だから、新聞は信じちゃいけないと思ったよ。勢いでテキトーに書いて、責任も検証もしないよね。

父は電車の運転士、家では電車マニア 息子は内緒で運転士をめざした:朝日新聞デジタル仕事は電車の運転士、家では電車マニア。そんな父には内緒で運転士をめざし始めた。 10月下旬、名古屋鉄道の車両整備の拠点となっている犬山検査場(愛知県犬山市)に運転士科109期生が集まった。 運転士に… 父は電車の運転士、家では電車マニア 息子は内緒で運転士をめざした→何か、内緒にしなくてはならない家庭環境があったのか?父の労働法的問題「残業」とかの問題で反対?

ゾンビにコカインに31トン… サッカー母国で起きた「国家の恥」:朝日新聞デジタルなんて日だ。 7月11日、英ロンドン。イングランドのサッカー関係者の間では、そんな言葉が飛び交った。 サッカーの聖地と呼ばれるウェンブリー・スタジアムで、欧州選手権(ユーロ)の決勝が行われた日だ。イ…

英国、オミクロン株に246人感染 入国者への水際対策を強化へ:朝日新聞デジタル英国の保健当局は5日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が1日で86人増え、計246人に達した、とツイッターで明らかにした。政府は、オミクロン株の感染拡大を遅らせるためとして、海外か… 日本も「バイオテロ」を心配して鎖国が良いな。就職状況の悪い大韓民国から日本に学生さんが来たがっているので、朝日新聞さんがなんかに託けて差別キャンペーンしないか不安。国民の安寧より、他国民の利益を優先したい? 遅いよ!

「米国は私の国」日系人部隊の戦争 大統領がたたえた偏見との戦い:朝日新聞デジタル■プレミアムA「日米開戦80年」 第2次大戦中の1942年ごろ、日系2世のバスター・コウゾウ・イチカワ(98)は、家族と共にカリフォルニア州北部のツーリレーク強制収容所にいた。 オレゴンとの州境のすぐ… 歴史上、こんなケースがよくあります。大統領は少しの尊重心を持っていれば、いいことになります。

ボブ・ドール元共和党上院議員が死去 1996年米大統領選に出馬:朝日新聞デジタル1996年米大統領選の共和党候補だったボブ・ドール元共和党上院議員が5日、死去した。98歳だった。今年2月にステージ4の肺がんであることを公表していた。 ドール氏は1923年7月、米カンザス州生まれ…