経済, 政治一般, 最新の経済ニュース, 最新の政治ニュース, 新型コロナウイルス(新型肺炎)

経済, 政治一般

持続化給付金 2次補正分はデロイトと契約交渉 電通、入札参加せず - 毎日新聞

持続化給付金事業で、経産省は第2次補正予算分の民間委託先について、「デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社」と契約する方向で調整していることを明らかにしました。

2020/08/06 16:05:00

持続化給付金事業で、経産省は第2次補正予算分の民間委託先について、「デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社」と契約する方向で調整していることを明らかにしました。

中小企業に現金を支給する持続化給付金事業で、経済産業省は6日、第2次補正予算分の民間委託先について、コンサルティング会社「デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社」と契約する方向で調整していることを明らかにした。第1次補正予算分を受託した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」や業

1次補正分の持続化給付金(事業費2・3兆円)は、広告大手の電通などが設立した同協議会が769億円で受託。そのうち委託費の97%に当たる749億円で電通に再委託していたため、野党などは電通に事業を流すための「トンネル団体」などと批判していた。電通は7月下旬、受託業務のあり方を見直し、経産省の新規事業への応札は当面控えると発表した。 続きを読む: 毎日新聞 »

治安部隊の覆面を奪い取り……ベラルーシ反政府デモ、女性たちの反撃 - BBCニュース

ベラルーシの抗議デモは連日続き、治安部隊との衝突が続いている。この治安部隊は覆面をかぶっているほか、所属の明記がない服を着ており、身元の特定が困難な状況だ。

この仕事こそ、コロナ禍で失業した人やロスジェネ世代にさせたらどうなん? 電通がダメならハゲタカ外資と契約デスか? 余計に駄目じゃん(´Д` )

持続化給付金 デロイトトーマツのグループ企業に事務委託へ | NHKニュース【NHK】不透明だという指摘が出ている「持続化給付金」の第2次補正予算分の事務は、大手コンサルティング会社のデロイトトーマツのグル… デトロイトーマツ 入札不調で1次と変わらない金額で随契 しかもサ推協と競合したデロイトって 野党とメディアが散々叩きまくってたのはなんだったの で、もう一回貰えるの?もう底をついたんだが、事業を持続する見通しが全くたたないんだが。

持続化給付金 デロイトトーマツのグループ企業に事務委託へ | NHKニュース【NHK】不透明だという指摘が出ている「持続化給付金」の第2次補正予算分の事務は、大手コンサルティング会社のデロイトトーマツのグル… デトロイトーマツ 入札不調で1次と変わらない金額で随契 しかもサ推協と競合したデロイトって 野党とメディアが散々叩きまくってたのはなんだったの で、もう一回貰えるの?もう底をついたんだが、事業を持続する見通しが全くたたないんだが。

福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に (毎日新聞) - Yahoo!ニュース大濠公園の駐車場で逃げるイノシシを追う警察官=福岡市中央区で2020年8月5日午前9時46分、須賀川理撮影 - Yahoo!ニュース(毎日新聞) 躍動感すげえw お疲れ様です。 見失ったんかい(´・ω・`)

時刻む父の腕時計「大切な時に使う」 濁流にのまれた自宅で発見 九州豪雨 - 毎日新聞発生から1カ月がたった九州豪雨で犠牲になった熊本県八代市坂本町坂本の坂中貞雄さん(93)が愛用していた腕時計が、今も時を刻み続けている。球磨川の濁流に襲われ浸水した自宅で見つかったが、泥の中に埋もれても壊れることはなかった。長男達也さん(61)=同市=は「形見として、大切な時に使い続けたい」と語る

新型コロナ 自粛不要論は正しいか | 実践!感染症講義 -命を救う5分の知識- | 谷口恭 | 毎日新聞「医療プレミア」「新型コロナウイルス感染はただの風邪」と言う人は減ってきてはいますが、一定数の人は今も自説を曲げようとしません。有名なところでは、ブラジルのボルソナロ大統領は、前の日に受けた新型コロナの検査で陽性だったことを記者会見で発表し、その直後に、マスクを外して記者団を驚かせました。「ウオッカとサウナでコロ 根拠は無いです。そもそもタレントやエンタメ業界などとの距離感が近いのが若者で、メディア露出が高いとそれだけで市民権を得てると思えてしまうのも若者。 でも彼らは水商売、仕事流れて当たり前で彼らの発言は気にしなくてよいもの。毎日一部の業種意見をたれ流すのはマズイと思う。

戦後75年:カラー化写真でよみがえる戦前の日常 AI使用も記憶の色にこだわり 広島出身の東大生が出版 - 毎日新聞白黒写真を人工知能(AI)でカラー化し、家族の思い出や日常生活の記憶をよみがえらせる活動を続けている東大大学院の渡邉英徳教授(45)と、広島市出身で東大1年の庭田杏珠さん(18)が、戦前から戦後に広島や沖縄、東京などで撮影された355枚をまとめて「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」(光