その他のスポーツ, 松本晃, 担当記者は見た!

その他のスポーツ, 松本晃

担当記者は見た!:コツコツ一二三、ひらめきの詩…阿部きょうだいが進む「柔」の道 | 毎日新聞

柔道界の「阿部きょうだい」は競争が激しい「お家芸」の代表レースで、いかにして五輪切符をつかんだのでしょうか。

2021/07/25 0:20:00

柔道界の「阿部きょうだい」は競争が激しい「お家芸」の代表レースで、いかにして五輪切符をつかんだのでしょうか。

柔道に普段関心がない人でも、阿部一二三(23)=パーク24=と、妹の詩(21)=日体大=の親しみやすい笑顔は記憶にあるだろう。両親いわく、兄は努力型、妹は天才型。柔道界の「阿部きょうだい」は、競争が激しい「お家芸」の代表レースで、いかにして切符をつかんだのか。

「お兄さんから技を教えてもらったんですか」「妹さんとどんな話をしましたか」。我々柔道担当記者は取材の機会があるごとに、お互いの話に水を向けてきた。だが、2人の答えは共通して大半が「いや、特に」。本当にきょうだいなのか。赤の他人、いやライバルにすら見える。神戸市出身。一二三は、父の浩二さん(51)が「一歩一歩積み重ねて進んでいってほしい」との思いを込めて名付けた。一方、詩の由来は浩二さんの直感らしい。名前の通り、感性が鋭いアスリートになった。幼少期の2人は、性格も柔道の実績も好対照だ。6歳で柔道を始めた一二三は、中学生まで全国大会に出場できなかった。性格は穏やか。柔道の技一つ覚えるのにも時間がかかった。一方、兄を追いかけ5歳で柔(やわら)の道に入った詩は勝ち気な性格。見よう見まねで技を覚える「ひらめき」がさえ、周囲が手を掛けなくても勝手に強くなった。小学校高学年で既に、全国大会に駒を進めていた。

セブン‐イレブン限定「生チョコアイス」ごろごろ感と贅沢なくちどけ - ライブドアニュース 『アイドリッシュセブン』3期・第2クール、来年放送開始 新規ビジュアル公開 - ライブドアニュース 新型コロナ感染で死亡「消毒料金として別途40万円要求」など葬儀トラブル - ライブドアニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

子どもを乗せた電動アシスト自転車 転倒をどう防ぐ? - みんなでプラス - NHK

買い物や子どもの送迎に便利な電動アシスト自転車。ところが、「1ミリ革命」プロジェクトで「自転車事故」をテーマにご意見を募集したところ、電動アシスト自転車について「転倒しそうで怖い」「転倒して子どもに...

担当記者は見た!:フェンシング東姉妹 ボロボロのシューズが紡いだライバル物語 | 毎日新聞出会った時は、まだ初々しさが残っていた。2015年春。その年に行われた地元・和歌山国体を前に、練習で汗を流す2人の少女を取材した。のちにフェンシング日本代表史上初の姉妹で五輪代表となった女子フルーレの東莉央(22)=明治安田生命=と東晟良(21)=日体大。日本トップ選手に上り詰めた2人の原点は足元 毎日さんはオリンピック開催反対ですよね、まだ間に合いますからそんな報道せずに反対の報道して下さい。 都合よくオリンピック話題をするな

担当記者は見た!:競泳・萩野公介「背伸びせず、自分のため」 捨てた王者のプライド | 毎日新聞東京オリンピックで3大会連続出場となる競泳男子、萩野公介(26)=ブリヂストン=の表情はここ最近、明るい。その笑顔の背景には、2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストとしてもがき続け、たどり着いた新境地があった。 表情が明るいのは、自分が上級国民と自覚しているからです。 何度も言うけど、貴様ら痴呆にオリンピック報道する資格は無い。 毎日新聞は東京オリンピックを「勝手にやってれば」と題した無礼な記事を配信した。 世界中の大多数の一般人は勝手に楽しませて貰うので、報道しないでください。

担当記者は見た!:寝坊で丸刈り…元やんちゃ男、柔道・高藤直寿が変身した動機 | 毎日新聞やんちゃな青年は5年の時を経て、大人になった。優勝候補に挙げられながら、銅メダルに終わった2016年リオデジャネイロ五輪。男子60キロ級の高藤直寿(28)=パーク24=は2児の父になった。柔道も変則技を武器とするスタイルから正統派にモデルチェンジ。変貌を遂げた理由は、リオ五輪のある反省から来ていた

担当記者は見た!:男子バレー界の開拓者、石川祐希 モノ言う主将に進化したわけ | 毎日新聞この四半世紀、五輪予選突破は2008年北京五輪の1度だけ。冬の時代が続く男子バレーボール界にようやく開拓者が現れた。「夢」として日本代表や五輪出場を思い描く選手が多い中、石川祐希(ミラノ)の目標は「世界のトップ選手」。25歳の若き主将が代表の雰囲気を変えつつある。 反日反五輪マスゴミの悪意ある中傷、嘘と誇張、差別の嵐が続く中、 チャイナが世界拡散した武漢ウイルスに抗し205の国と地域から東京オリンピック大会に集う若者たち。 君達若者は間違いなく勝利者だ! マスゴミの不気味なナショナリズムや外国人選手をバイ菌保持者の如く報じる差別報道。許せん。

内村航平が予選敗退 鉄棒で落下、8位以内に入れず | 毎日新聞東京オリンピック第2日の24日、体操の男子種目別予選が有明体操競技場であり、個人枠で鉄棒に出場した内村航平(ジョイカル)は演技途中に落下して13・866点にとどまり、決勝に進む上位8人に入れなかった。 よっしゃー!やったー! 容疑者 なんだか使う画像に悪意しか感じないな。

ドキドキ忘れられず 64年五輪体操得点表示係 群馬の坂上さん | 毎日新聞東京オリンピックが23日、開幕した。群馬県桐生市の元高校教師、坂上(旧姓・木村)禎子さん(76)は、オリンピックの舞台を特別な思いで見ている。1964年の東京五輪に体操競技の「得点表示係」として参加したのだ。今大会は大半の競技が無観客で開催される中、テレビの前で57年前を懐かしんでいる。