高藤直寿, 東京2020, 柔道, その他のスポーツ, 松本晃, 担当記者は見た!

高藤直寿, 東京2020

担当記者は見た!:寝坊で丸刈り…元やんちゃ男、柔道・高藤直寿が変身した動機 | 毎日新聞

元やんちゃ男、柔道・ #高藤直寿 が変身した動機 優勝候補に挙げられながら、銅メダルに終わったリオ五輪。この大会である反省をし、5年の時を経て変貌を遂げたといいます。 #東京2020 #柔道

2021/07/24 6:30:00

元やんちゃ男、柔道・ 高藤直寿 が変身した動機 優勝候補に挙げられながら、銅メダルに終わったリオ五輪。この大会である反省をし、5年の時を経て変貌を遂げたといいます。 東京2020 柔道

やんちゃな青年は5年の時を経て、大人になった。優勝候補に挙げられながら、銅メダルに終わった2016年リオデジャネイロ五輪。男子60キロ級の 高藤直寿 (28)=パーク24=は2児の父になった。柔道も変則技を武器とするスタイルから正統派にモデルチェンジ。変貌を遂げた理由は、リオ五輪のある反省から来ていた

「イケイケだけじゃ夢は……」16年8月6日、リオ。試合場の畳にいつも通り左足から上がった世界王者の高藤は、受け身を取って試合に臨んだ。「ルーティン」は1回戦の後に審判から遅延行為と注意される。リズムと心が乱れた。準々決勝はいつになく攻めが単調になり、動きを読まれて背の帯を取られてしまい、転がされた。「勢いで『オリンピックに出れば自分は勝てるでしょ』と思っていた。自分が負けるなんて考えていなかった。赤ちゃんみたいだった」と振り返る。良くも悪くも型破りなキャラクターだ。リオ五輪前の得意技は、瞬時に相手の懐に潜り込んで肩に担いで投げる「肩車」。この必殺技を武器に、東海大2年の13年に挑んだ初出場の世界選手権で優勝した。ところが翌14年の世界選手権期間中、寝坊による遅刻を繰り返し、男子代表の井上康生監督とともに…

「Among Us」グッズがヴィレヴァンに大量入荷 スマホケースなども - ライブドアニュース ブルボン「ルマンドアイスチョコレート」カカオ香るチョコアイス×専用ミニルマンド - Peachy - ライブドアニュース 中国 TPPへの加入を正式申請と発表 | NHKニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

9/11から20年、世界はどう変わった 偏見や治安は - BBCニュース

あれから20年、世界はどのように変わったのか。イスラム教徒のおかれた状況や、空の旅の安全、文化への影響について考える。

担当記者は見た!:久保建英が笑顔になれなかった理由 東京五輪サッカー男子 | 毎日新聞晴れ晴れとした笑顔を試合後に見た記憶があまりない。原則24歳以下で争う東京オリンピックのサッカー男子日本代表MF久保建英(レアル・マドリード)は、正面から壁にぶつかってははね返され、立ち上がり、再び立ち向かってきた選手だと感じる。日本一有名だったサッカー少年は20歳になった。スター街道を歩んでいる

担当記者は見た!:フェンシング東姉妹 ボロボロのシューズが紡いだライバル物語 | 毎日新聞出会った時は、まだ初々しさが残っていた。2015年春。その年に行われた地元・和歌山国体を前に、練習で汗を流す2人の少女を取材した。のちにフェンシング日本代表史上初の姉妹で五輪代表となった女子フルーレの東莉央(22)=明治安田生命=と東晟良(21)=日体大。日本トップ選手に上り詰めた2人の原点は足元 毎日さんはオリンピック開催反対ですよね、まだ間に合いますからそんな報道せずに反対の報道して下さい。 都合よくオリンピック話題をするな

担当記者は見た!:競泳・萩野公介「背伸びせず、自分のため」 捨てた王者のプライド | 毎日新聞東京オリンピックで3大会連続出場となる競泳男子、萩野公介(26)=ブリヂストン=の表情はここ最近、明るい。その笑顔の背景には、2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストとしてもがき続け、たどり着いた新境地があった。 表情が明るいのは、自分が上級国民と自覚しているからです。 何度も言うけど、貴様ら痴呆にオリンピック報道する資格は無い。 毎日新聞は東京オリンピックを「勝手にやってれば」と題した無礼な記事を配信した。 世界中の大多数の一般人は勝手に楽しませて貰うので、報道しないでください。

開会式を前にブルーインパルスが飛行 [写真特集1/9] | 毎日新聞東京オリンピックの開会式を前に、都心上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク=東京都新宿区の新宿御苑で2021年7月23日午後0時49分、手塚耕一郎撮影 毎日新聞さん的にはこれって税金の無駄遣いですよね。 オリンピック反対ー! 国民の命を犠牲にする五輪の輪。 雲がかかり不鮮明に。先行きを暗示か? 毎日新聞さん、本音の見出しを書きましょうよ。 エッ、どこにゴリンの輪があるの?写真が下手なの?パイロットが〇をかけないの?どこ?どこ?

5色の五輪、東京に ブルーインパルス飛行 「国立」周辺は混雑 | 毎日新聞航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」は23日、東京オリンピックの開会式を控えた東京都心の上空を飛行した。国立競技場(東京都新宿区)で、広がる雲を背景に五輪マークを淡く描いた。 毎日新聞、あれだけ五輪のネガキャンやって反対論を煽ってきたのだから貫けよ。これから17日間、どんなに盛り上がろうが最後まで自分を貫け。 それがジャーナリズムだろ? 多様性と調和と言いながら、五輪賛成と言おうものなら袋叩きに合う空気を作ってきた。それを最後まで責任持ってやれよ。 反対してたのだからオリンピック関連のニュース出すなよ。 変態なだけでなく痴呆、多重人格症も患ってんのか? 毎日新聞 マスゴミ 五輪反対のマスゴミはオリンピック関連のニュース出すな 毎日新聞は五輪開催反対の論調でしたよね? ならば、最後までそのスタンスを貫いて下さい。

菅首相の妻、真理子氏がジル氏と香袋作り 日本文化で親睦深め | 毎日新聞菅義偉首相の妻真理子氏は23日、東京・元赤坂の迎賓館でバイデン米大統領の妻ジル氏と約1時間懇談した。両氏は「香袋作り」体験などを通じ、親睦を深めた。 ジル氏は東京オリンピック開会式出席のため来日中。真理子氏は前日も首相とともにジル氏を夕食に招いて歓待したが、この日は首相を交えずに懇談した。 開催中止粉砕五輪! へえー、真理子夫人は社交性あるんだ。旦那はミジンコ脳なのにね。 阿部さんと違って奥様が足を引っ張ると言うことは無さそう。