抜け落ちた当事者目線 UDタクシーの苦い「記憶」とは | 毎日新聞

抜け落ちた当事者目線 UDタクシーの苦い「記憶」 障害者雇用のために設立された「トヨタループス」は、自動車の生産ラインという本業への参加を実現しました。背景には共生社会の実現に向けてトヨタが試行錯誤を繰り返してきた歴史があります。

愛知, 雇用・就職・働き方

2021/12/04 10:15:00

抜け落ちた当事者目線 UDタクシーの苦い「記憶」 障害者雇用のために設立された「トヨタループス」は、自動車の生産ラインという本業への参加を実現しました。背景には共生社会の実現に向けてトヨタが試行錯誤を繰り返してきた歴史があります。

障害者雇用のために設立されたトヨタ自動車の特例子会社「トヨタループス」は、コロナ禍による業務激減のピンチを、自動車の生産ラインという「本業」への参加でチャンスに変えた。連載の1回目では、その舞台裏を明らかにした。ただ、それが実現できたのは、共生社会の実現に向けてトヨタ自体が試行錯誤を繰り返してきた

UDタクシー「障害者が使いづらい」近年、東京都内を中心に増えているワゴンタイプのタクシー専用車「ジャパンタクシー」。トヨタが全国ハイヤー・タクシー連合会などの協力を得て開発し、2017年秋に発売を始めた次世代タクシーだ。深い藍色のボディーカラーに、後部ドアについた東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムが目立った。最大の特徴は、障害のある人、ない人にかかわらず利用しやすい「ユニバーサルデザイン(UD)」を採用したことだ。低床でフラットなフロアや、大きく開く電動スライドドアなどの仕様が売りだ。当然、車いすユーザーの利用は想定しており、東京オリパラでの活躍も期待されていた。

ところが、これに思わぬところから「物言い」がついた。障害者団体「DPI日本会議」は18年秋、UDタクシーについて、ある調査結果を公表した。全国の車いすユーザー44人に、実際に流…

続きを読む: 毎日新聞 »

経団連・連合が会談 春闘スタート…焦点は“中小企業賃上げ”

春闘のスタートとなる経団連と連合との会談が行われました。日本経済の底上げにつながる「中小企業の賃上げ」が焦点となっています。 続きを読む >>

サッカー界 年俸0円提示の悲哀 - Yahoo!ニュース【サッカー界 年俸0円提示の悲哀】 Jリーグにおける「戦力外通告」とは、プロ野球界と比べてどのようなシステムになっているのか。過去にも、何人もの大物選手たちが通告されてきたサッカー界特有の「ゼロ円提示」をあらためて振り返った。 写真のオジサンの横顔、雄叫びあげる馬に似ている

これは、アレだな:/61 寂聴さんとアレ=高橋源一郎 | 毎日新聞瀬戸内寂聴さんが亡くなられた。満九十九歳、大往生といっていいだろう。お正月には、ラジオに出演していただいて、元気なお声を聞いたばかりだった。生前、寂聴さんには、ほんとうにお世話になったので、とても悲しい。追悼の文章は、ほかの所で書かせていただいたので、この欄で、深い敬意をこめて、寂聴さんの「アレ」

老朽化した橋「修繕終えるまで20年以上」国交省新試算 | NHKニュース「もぐらたたきのような状態」 老朽化が進むインフラ、修繕が必要な橋は増え続け、終わるまでに20年以上かかる試算も 9年前の笹子トンネルのような事故を二度と繰り返さないため進められているのに・・・ あなたの近くの老朽化インフラは 住民参加の「予防保全」とは 直す業者も減ってるので、そのうち叩けなくなります 地方だとインフラ維持の高齢化って凄いですよ 「ウチの若い子行かせるから」 来られたのが50代とか 山梨県にある中央自動車道の笹子トンネルで天井板が崩落し、9人が死亡した事故から12/2で9年。事故後に全国で行われた点検では、自治体が管理する橋の内、約7万で修繕が必要なことが分かったが、今も約7割で終わっていない上、最近、新たに損傷が見つかる事態が相次いでいる。 深刻だな。 ただ、笹子トンネルは管理の杜撰さから起きた事故だったような。

対立を乗り越える「論破」とは 論客、辻元清美さんの結論:朝日新聞デジタルネットでよく使われる「論破」という言葉が、現実の社会でも広がっています。妥協点や落としどころを探るのではなく、相手を言い負かすやり方ですが、排他的できついイメージもあります。立憲民主党きっての論客と… 単なる国会議員経験者 今更一般人を出すな、鬱陶しい。 メディアが切り取るから強い口調のイメージが強いが、辻元さんは論理的に説得していく議員だよ 論破より「論争」に持っていきお互い話を深め理解したほうが良いでしょう。 そこに意見の一致は必要ではありません。特定の意見を持たない人たちを満足させるために論争はしません。 記事内容にもありますが論破は若い方する印象です。

山梨で震度5弱の地震 神奈川で震度4 津波の心配なし | 毎日新聞3日午前6時37分ごろ、山梨県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源は同県東部で、震源の深さは約20キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.9と推定される。この地震による津波の心配はない。 このままだとコロナウイルスは収まらず、たくさんの変異株が出てきます。 もっと深刻な災害が来ます。 少しでも生きやすく、未来に希望が持てる世の中にしたいという思いがある方に読んでほしいお話があります。 本当のことを知ってほしい。 届きますように。 いつも地震のニュースを見るたびに、家族と離れてるときに大地震が起こってほしくない、と思ってる。 いつか来るなら、早く来てほしい、とも思ってしまう。

地震 - 毎日新聞和歌山県で震度5弱 午前9時28分ごろ、和歌山県北部で震度5弱を観測する地震がありました。震度4を和歌山、兵庫、徳島、香川県で観測されています。 震度5弱が山梨と和歌山で約3時間の間をおいて発生。これは尋常ではないかも。 アドベンチャーワールドはナンブになるのかな。とはいえ、地震は想定外の壊れもの画像遭ったりするから、和歌山周辺と山梨県の皆さん、慌てずに。お気をつけて。