手軽に給料を前借り…実は高利息 新手ヤミ金融「給与ファクタリング」横行 元アイドル広告塔 - 毎日新聞

借り入れ100万円で手数料30万円--。給料の前借りをうたい高い利息で現金を貸し付ける「給与ファクタリング」を利用した男性が、融資の実態を証言しました。

2020/08/26 6:20:00

借り入れ100万円で手数料30万円--。給料の前借りをうたい高い利息で現金を貸し付ける「給与ファクタリング」を利用した男性が、融資の実態を証言しました。

親戚への香典のために借りた5万円、それが悪夢の始まりだった――。「給料を前借りできる」などとうたい、高い利息で現金を貸し付ける「給与ファクタリング」が横行している。ある男性は複数の業者から借り入れを繰り返し、借金総額は5万円から、半年で約100万円までふくらんだ。元アイドルを広告塔にするなど巧妙な

取材に応じた大阪府内の男性(51)は、トラック運転手として約10年、運送会社に勤めた。手取りで30万円近い月給があり、独身で不自由なく暮らしていた。暗転のきっかけは2019年11月、親戚の急死だ。香典や葬儀費用として5万円ほどが必要になった。しかし、男性は飲食やネットショッピングなどで浪費癖があり、貯金はほとんどなかった。簡単に借りられる方法はないか。スマートフォンで検索すると、給与ファクタリングをうたう業者が何社も見つかった。給与ファクタリングは、給与を受け取る権利を業者に売却した形を取り、手数料を引いた現金を給料日より前に受け取る仕組みだ。実際には、業者に全額を返済して権利を買い戻すため、手数料分が利息となる融資と指摘されている。

アフガニスタンで中学・高校が再開、女子は呼ばれず - BBCニュース こぼれたみそ汁で支えるスマホ 食品サンプル、ユニーク小物に活路 - ライブドアニュース ヤクルト村上宗隆が史上最年少100号 89年西武清原超え - プロ野球 : 日刊スポーツ

「即日現金化」「最短30分で入金可能」――。ある業者のホームページ(現在は削除)には、魅力的な言葉が並んでいた。有名な女性アイドルグループの元メンバーが、笑顔で代表と握手をする写真も掲載。元メンバーがインタビュアーとして取材した形で、「お客様から感謝の言葉を頂くこともある」などと代表の言葉が紹介されていた。安心した男性が名前や住所を入力し、融資を申し込むと、すぐに業者から電話があった。指示されるまま給与明細の写真データを送信。ほどなく「審査を通った」と連絡が来た。5万円を借りたいと伝えると、「手数料として1万円を引く」と説明され、男性のネット銀行の…

続きを読む: 毎日新聞 »

9/11から20年、世界はどう変わった 偏見や治安は - BBCニュース

あれから20年、世界はどのように変わったのか。イスラム教徒のおかれた状況や、空の旅の安全、文化への影響について考える。

埼玉・朝霞の路上で男性死亡 「人を刺した」通報の同僚を逮捕 - 毎日新聞23日午後9時5分ごろ、埼玉県朝霞市膝折町2の路上で、男性の声で「人を刺しました」と110番があった。警察官が駆けつけると、近くに住む会社員の男性(58)が上半身から血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。県警朝霞署は通報者で、同僚の会社員、樋野倉仁(くらひと)容疑者(48)=新座市 通り魔事件なの!?動機はなんだろう?誰でも良いから殺したかった系の犯行か?

コロナ禍でも「夢を売る」ファッション誌の存在理由 | メディア万華鏡 | 山田道子 | 毎日新聞「経済プレミア」ともすれば不要不急の最たるものの一つとされかねないファッション。それを扱う雑誌となればなおさらだ。「コロナ時代に現実とかけ離れた『夢を売る』ファッション雑誌は必要か?」と投げかけたのは、オンライン雑誌クーリエ・ジャポン(4月22日配信)だ。

ウクライナ ティモシェンコ元首相も感染 報道官「症状重い」 - 毎日新聞インタファクス通信は23日、ウクライナのティモシェンコ元首相が新型コロナウイルスに感染したと伝えた。同氏の報道官によると、熱が39度あり症状は重いという。 ティモシェンコ氏は2000年代に首相を務めたウクライナ政界の重鎮で、現在は親欧米派の野党「祖国」の党首を務める。(共同) 因果応報!

台風8号、沖縄本島に最接近 発達しながら北上へ - 毎日新聞台風8号は24日午前、沖縄本島に最接近し、一部が暴風域に入った。今後、強い勢力に発達し、夕方から夜には奄美地方に最も近づく。気象庁は暴風やうねりを伴った高波に警戒を呼び掛けた。土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫の他、高潮や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。8号は25日、さらに発達しながら東

戦後75年:祖父の最期の地、ルソン島で知った戦争の歴史 「忘れず、受け継いでいく」 - 毎日新聞茨城県ひたちなか市の自動車部品会社に勤める岩城秀文さん(51)は2月、太平洋戦争で祖父が戦死したフィリピン・ルソン島を初めて訪ねた。ツアーガイドによる説明は初めて聞くことも多く、「忘れてはいけない歴史だと思った。多くの人に知ってもらいたい」と話す。【森永亨】 戦争の悲劇は世界共通です。われわれ日本人は、「過ちを繰り返しません」と憲法に戦争放棄を謳っているのです。自民党改憲に反対します

ダル7回1失点10Kで5連勝 大谷は5号3ラン - 毎日新聞米大リーグは23日、各地で行われ、カブスのダルビッシュはシカゴでのホワイトソックス戦に先発して7回を6安打1失点で10三振を奪い、勝ち投手となった。今季初登板で黒星を喫した後は5連勝。試合は2―1だった。 大谷選手が心配です。無理をしたら来年も投げられないかも。見たいけど、休んで欲しい気持ちもあります。