手塩にかけ選手を育てた帝京・前田三夫監督のほれぼれしたノック - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ

手塩にかけ選手を育てた帝京・前田三夫監督のほれぼれしたノック #帝京 #前田三夫監督

帝京, 前田三夫監督

2021/09/18 23:13:00

手塩にかけ選手を育てた帝京・ 前田三夫監督 のほれぼれしたノック 帝京 前田三夫監督

もう、あのノックが見られないのが寂しい。帝京(東京)・ 前田三夫監督 (72)がこの夏でユニホームを脱いだ。前田監督といえば、試合前のノック。流れるように狙ったと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

極意を聞いたことがある。「ノックバットは、首を軽く持つように。ギュッと握っては駄目です。手のひらの中で遊ばせる。そうすれば、スパーンと、いい打球がいきます」。力まないから、どんなにノックしても、手のひらにマメができなかった。余裕を持たせることで、芸術的な動きが生み出された。こだわりも聞いた。「いつまで続けられるか分かりませんが、監督をやっている以上はノックしたいですね。ベンチから見てるだけの監督にはなりたくない。一番、選手の状態が分かる。打球に対し、どう反応するか。だから、トレーニングを続けるんです」。コロナ自粛中も、1日300回のスクワットを欠かさなかった。往復20キロはある、かかりつけの病院まで自転車で通った話も聞いた。外野ノックはコーチに任せるようになったが、内野は変わらず自分で打っていた。とても70歳を超えた方の動きには見えなかった。

Such Unluckly Moment Has Never Been Seen! The Scariest Sports Accidents

選手はどう受け止めていたのだろう。今夏まで主将を務めた武藤闘夢内野手(3年)は「とても捕りやすくて(捕球の)形ができるノックでした。バウンドの跳ね方も含め、狙ったところに打ってくれました」と感謝する。何より「ノックしていただくと、気合が入りました」。さあ始まるぞ、と気持ちを高める大事な時間だった。前田監督は「ノックをしてて『うまくなったなあ』と」思う瞬間が好きだった。「力がA、B、Cの選手がいたら、Bの選手を育ててAにするのがうれしい」という。二流を一流に引き上げる。その醍醐味(だいごみ)を盆栽に例えた。「あっちを直し、こっちを直し。刺激を与え、枝葉を付け、見栄えをよくしていく」。盆栽はたしなまないが、完成図を想像しながら手塩にかけていった。

監督は退いたが、この秋も教え子たちが戦っている。先日のブロック予選1回戦は大勝スタートだった。甲子園で立派な枝葉をつけた選手たちを見る日を、名誉監督は待っている。【古川真弥】(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「野球手帳」)

続きを読む: 日刊スポーツ »

阪神・淡路大震災特集サイト

トップページ

79年延長18回元星稜エース堅田外司昭審判、ドラマのような人生の不思議 - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ8月29日に閉幕した甲子園大会で、堅田外司昭さん(59)が審判生活に別れを告げた。一塁塁審を務めた智弁和歌山と智弁学園(奈良)の決勝が、堅田審判にとっての引退… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【中西清起】大野雄大を上回る阪神高橋遥人の完璧な投球、弾みつく1勝 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ大野雄も抜群だったが、高橋がそれを上回る完璧な投球を見せた。結果を出せなかった前回ヤクルト戦との違いは、しっかり軸足に体重を乗せて、ボールを長く持てていたこと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「負の出口」見えないソフトバンク 走塁失敗3度、追う立場が生む「焦り」 - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツソフトバンクになかなか「負の出口」が見えない。初回にいきなり1点を先制した。幸先良くゲームを支配するかと思ったが、その後のホームが遠かった。5回からは毎回走者… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

リハビリに励む巨人井上温大 外野を黙々と走る姿に内海、菅野の背中重なる - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ8月下旬の巨人のファーム練習日、川崎市のジィアンツ球場の外野を1人黙々と走る選手の姿が目に映った。内野のスタンド席からは遠く、誰なのかすぐにはわからなかったが… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ソフトバンク3回連続で痛恨の走塁死「ギリギリのプレーだった」工藤監督 - プロ野球 : 日刊スポーツ王者の勝利への欲求は、ことごとく裏目に出た。同点の9回2死二塁で、ベテラン川島が左前打を放つ。二塁走者だった代走釜元は本塁へ突っ込んだが、左翼手荻野からの返球… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神ドラ1候補・小園健太&森木大智「双璧」評価 「ドキドキの日々」 - 高校野球 : 日刊スポーツ阪神が今秋ドラフト1位候補として最速152キロ右腕の市和歌山・小園健太投手(3年)に高知・森木大智投手(3年)と「双璧」の評価を与える。16日、和歌山市内の同… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)