所信表明演説で分かる首相の成長戦略は?

岸田文雄首相は第2次政権発足後初の所信表明演説をしました。どのような戦略で、日本経済を成長させようとしているのでしょうか。12月7日、日本経済新聞朝刊のポイントをお届けします #朝刊1面を読もう

朝刊1面を読もう

2021/12/07 1:15:00

岸田文雄首相は第2次政権発足後初の所信表明演説をしました。どのような戦略で、日本経済を成長させようとしているのでしょうか。12月7日、日本経済新聞朝刊のポイントをお届けします 朝刊1面を読もう

2021年12月7日の日本経済新聞朝刊1面に「デジタル・脱炭素で成長」という記事がありました。岸田文雄首相は第2次政権発足後初の所信表明演説をしました。どのような戦略で、日本経済を成長させようとしているのでしょうか。演説で首相は、再生可能エネルギーの拡大やEVの普及に欠かせない「送配電網のバージョンアップ」や「蓄電池の導入拡大などの投資」を掲げて、気候変動問題を「新市場を生む成

日本を周回する海底ケーブルを3年ほどで完成させるとしました。歓迎の声がある一方で、日本は陸路のケーブルが中心で「増設がなくても現状で十分にカバーできている」と懐疑的な見方も多くあります。21年度の補正予算案で関連事業に投じられる予算は給付金などに比べて規模が小さく、底上げに向けた具体策が問われています。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

twitterでは、反体制、反自民のツィートが目立ちますが、世論調査では逆に自民党は6割の支持を得ています。 周りのトレンドに流されず、政府の政策を自分で見極めて評価する、それが大切なことなのだと思います。 国民民主党玉木代表の岸田首相の所信表明演説の評価。