戦後75年, 青森県

戦後75年, 青森県

戦後75年:シベリア抑留元日本兵、77年ぶり無言の帰郷 DNA鑑定で身元特定 青森・大間 - 毎日新聞

シベリアに抑留された青森県大間町出身の男性のの遺骨が、77年ぶりに古里に帰りました。

2020/08/08 5:10:00

シベリアに抑留された 青森県 大間町出身の男性のの遺骨が、77年ぶりに古里に帰りました。

旧満州で終戦を迎え、旧ソ連によってシベリアに抑留された 青森県 大間町出身の岩泉長治さん(享年24歳)の遺骨が6日、77年ぶりに古里の大間町に戻った。現地で埋葬されていたがDNA鑑定の結果、身元が特定された。県の担当者から遺骨を受け取ったおいの岩泉盛利さん(76)は「長い間、本当にご苦労さんでした」と

遺骨は国の遺骨収集事業で2003年8月にロシア・イルクーツク州の埋葬地から収容され、東京・千鳥ケ淵戦没者墓苑に安置されていた。ロシア側から提供された名簿と照合しDNA鑑定をしたところ、このほど長治さんと判明した。生前の岩泉長治さん=岩泉盛利さん提供(撮影日不明)長治さんは大間町出身で1943年3月に下関を出港。旧日本陸軍独立混成第130旅団砲兵隊に所属し、満州で警備に就いていたという。県などによると、抑留された経緯は記録がないため詳細は不明だが、終戦後の46年6月10日、イルクーツク州の病院で病死したとされている。

女優の竹内結子さんが死去 都内の自宅で遺体で発見される - ライブドアニュース 女優の竹内結子さん死亡 40歳 - Yahoo!ニュース 俳優 竹内結子さん死去 40歳 | NHKニュース

盛利さんからみて長治さんは父親の弟にあたる。盛利さんが生まれる前に出征したため記憶はないが、家には生前の長治さんの写真が残っており、これまで手を合わせてきたという。盛利さんは「もう少し頑張っていれば生きて日本に帰ってこれたかもしれない。本当に可哀そう。お盆過ぎまで家でゆっくりしてもらい、月内には納骨したい」と話す。 続きを読む: 毎日新聞 »

動画ニュース 今日の最新ニュース・速報を映像で|NHK NEWS WEB

最新の動画ニュース・ニュース映像を速やかにネットで公開。きょうの主なニュースを1分にまとめた「Pickup News」もあります。日本と世界の「いま」を動画でご覧ください。

戦後75年:佐賀・鹿島の原爆犠牲者慰霊式典、今年が最後に 「伝えたい」が残された者だけでは難しく - 毎日新聞佐賀県鹿島市の被爆者らでつくる「鹿島市原爆被爆者の会」が9日、最後の犠牲者慰霊式典を開く。長年、長崎市である平和祈念式典に参列し、2011年からは地元に建てた「平和継承之礎(ひ)」の前で自分たちの式典を開いてきたが、会のメンバーの高齢化で年々参列者が減って継続が難しくなった。被爆者団体の活動は各地 是非二世の方々で引き継いでいただけませんでしょうか。

悲惨な戦禍から奇跡の復興、そして東京五輪…動画で考える「戦後75年」 : 社会 : ニュース先の大戦の終戦から15日で75年。原爆、特攻隊、沖縄など多くの人が犠牲になった戦禍を実際に知る人は少なくなりました。戦後の奇跡的な復興をふくめ、当時の人々の思いを私たちが知るために、読売新聞が公開してきた10本の動画を 特攻隊員こそ自己犠牲洗脳の最たる犠牲者かと? 人間の命を使い捨てにした最も愚劣な命令。 単なる美談にしては無念に亡くなった方々は浮かばれないでしょうね... “〈ただ願わくば愛する日本を偉大ならしめられん事を、国民の方々にお願いするのみです〉この言葉を残して出撃した特攻隊員は22歳でした。“ 知覧特攻平和会館に行ってみて下さい。 動画よりも胸が熱くなると思います。 特に同世代の方にお勧めします。 戦争だからね、約束もへったくれもない。それが現実。

75回目の広島原爆忌:読売新聞75回目の 原爆忌 を迎えた 広島 の様子を写真特集にまとめました。こちらからご覧ください。平和記念式典

戦後75年:佐賀・鹿島の原爆犠牲者慰霊式典、今年が最後に 「伝えたい」が残された者だけでは難しく - 毎日新聞佐賀県鹿島市の被爆者らでつくる「鹿島市原爆被爆者の会」が9日、最後の犠牲者慰霊式典を開く。長年、長崎市である平和祈念式典に参列し、2011年からは地元に建てた「平和継承之礎(ひ)」の前で自分たちの式典を開いてきたが、会のメンバーの高齢化で年々参列者が減って継続が難しくなった。被爆者団体の活動は各地 是非二世の方々で引き継いでいただけませんでしょうか。

悲惨な戦禍から奇跡の復興、そして東京五輪…動画で考える「戦後75年」 : 社会 : ニュース先の大戦の終戦から15日で75年。原爆、特攻隊、沖縄など多くの人が犠牲になった戦禍を実際に知る人は少なくなりました。戦後の奇跡的な復興をふくめ、当時の人々の思いを私たちが知るために、読売新聞が公開してきた10本の動画を 特攻隊員こそ自己犠牲洗脳の最たる犠牲者かと? 人間の命を使い捨てにした最も愚劣な命令。 単なる美談にしては無念に亡くなった方々は浮かばれないでしょうね... “〈ただ願わくば愛する日本を偉大ならしめられん事を、国民の方々にお願いするのみです〉この言葉を残して出撃した特攻隊員は22歳でした。“ 知覧特攻平和会館に行ってみて下さい。 動画よりも胸が熱くなると思います。 特に同世代の方にお勧めします。 戦争だからね、約束もへったくれもない。それが現実。

コロナ離婚も食も…民泊にお任せ? インバウンド頼みから脱却へ次の展開 - 毎日新聞住宅に有料で旅行者を泊める民泊を解禁した「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が2018年6月に施行されて2年あまり。インバウンド(訪日外国人)の増加で成長していた民泊は、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が減り、施設数が初めて減少に転じた。苦境の中で、意外な活用法も出始めている。