憎悪犯罪の報告件数、昨年は過去12年で最多 米FBI

憎悪犯罪の報告件数、昨年は過去12年で最多 米FBI

2021/10/28 13:03:00

憎悪犯罪の報告件数、昨年は過去12年で最多 米FBI

米連邦捜査局(FBI)は28日までに、昨年報告された犯罪要件を満たすヘイトクライム(憎悪犯罪)は7700件以上に達し、2008年以降では最多となったと発表した。

今回の報告書によると、アフリカ系(黒人)を狙った件数は前年の1972件から2871件に、アジア系は161件が279件に拡大。半面、ユダヤ系住民らに対しては963件が683件に減った。アジア系の被害は新型コロナウイルス禍の到来でインターネット上や政治的言動で汚名を着せられて標的となった側面があり、実際の件数はより多いとの見方がある。ヘイトクライムは、人種、民族、性的指向、性別、宗教や身体障害の要因などに根差し、被害の届け出は近年、増加基調にある。19〜20年の伸び率は過去最高で、特定の一つの偏見による被害件数は昨年、8052件で19年の3954件から急増していた。

高市政調会長、北京五輪の外交ボイコット「打ち出すべき」 前澤さん宇宙へ 打ち上げ中継 - Yahoo!ニュース 10万円給付 全額現金を首相容認 - Yahoo!ニュース

報告書によると、人種や民族的な要因で狙われた被害者の比率は61.8%で、19年の58%から上昇。性的指向が原因の事件は約20%、宗教的な偏見は13.3%だった。 続きを読む: cnn_co_jp »

首席で卒業も就活難、地下鉄駅で自分を売り込み ロンドン - BBCニュース

就職活動に「嫌気が差した」マリクさんは、立て看板を作って金融街のカナリー・ワーフ駅に立ち、未来の雇用主たちに自分を売り込み始めた。