意味深長な「初めまして」、YOASOBIが武道館で初有観客ライブ…児童の手紙原作曲も : 音楽 : エンタメ・文化 : ニュース

意味深長な「初めまして」、YOASOBIが武道館で初有観客ライブ…児童の手紙原作曲も #カルチャー

カルチャー, 日本武道館

2021/12/05 20:05:00

意味深長な「初めまして」、YOASOBIが 武道館 で初有観客ライブ…児童の手紙原作曲も カルチャー

小説を音楽にするユニット、YOASOBIが初の有観客ライブ「NICE TO MEET YOU」を12月4、5日、東京・ 日本武道館 で行った。 コンポーザーのAyaseと、ボーカルのikuraによるユニット。約2年前に配信

コンポーザーのAyaseと、ボーカルのikuraによるユニット。約2年前に配信した第1弾楽曲「夜に駆ける」を筆頭に、ユーチューブやサブスクリプション(定額制配信サービス)で楽曲が数多く再生される、音楽新時代の象徴的な存在だ。多くのアーティストが憧れる聖地・武道館に一足飛びに到達したのも破格だが、四方をファンに囲まれるセンターステージという構造も驚きだった。彼らは重圧を感じている様子はなく、家族に見守られているようなアットホームな一体感を楽しんでいるように見えた。ステージの床はLEDパネルになっており、楽曲のテーマに合わせた映像を流した。「怪物」では吹き上がる火柱とおどろおどろしい映像が相乗効果を上げ、続く「優しい彗星」では一転、会場を霧が覆ったような感じになり、ステージが水面のように見えた。

Ayaseが生み出す楽曲は親しみやすくも、高い歌唱技術が要求される。ikuraは上下に動き、変化を繰り返すステージの上でも、終始落ち着いて柔らかな美声を響かせた。会場の四方を回って手を振りつつ歌うパフォーマンスも堂に入っていた。「初めまして」を表すライブのタイトルは、意味深長だ。確かに、YOASOBIとファンの「対面」は初めて。なのに、双方向でつながるネット時代のたまもので、互いに気心が通じ合っているかのように感じた。「三原色」ではikuraのレクチャーなしに、ファンがラテンリズムの手拍子を一斉に刻んでいたり、Ayaseがドラマーとの2ショットを観客に撮らせて「(ネットに)上げといてね」と呼びかけたり――。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

自転車で爆走して料理を届ける出前ゲーム『フードデリバリーバトル』のNintendo Switch版が​​2月3日に配信を開始 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

STP WORKSは1月27日(木)、爆走フードデリバリーゲーム『フードデリバリーバトル』において、Nintendo Switch版を​​2月3日(木)に配信すると発表した。 続きを読む >>

「千の風になって」訳詞・作曲、芥川賞作家の新井満さんが死去…75歳 : 音楽 : エンタメ・文化 : ニュースヒット曲「千の風になって」の訳詞と作曲で知られる芥川賞作家の新井満(あらい・まん、本名・みつる)さんが3日、北海道函館市内の病院で死去した。75歳だった。 1988年に「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞。2007年に「千の

長渕剛2年ぶりライブ「REBORN」開催「本当に会いたかったな」 - 音楽 : 日刊スポーツ長渕剛(65)が3日、神奈川・よこすか芸術劇場でアコースティックツアー「REBORN」(リボーン)をスタートさせた。 コロナ 禍で約2年ぶりとなったライブに、生ま… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

松山千春とさだまさし、本当に犬猿の仲?“奇跡のツーショット”見てみたい - 音楽 : 日刊スポーツ先日、東京国際フォーラムで行われた、歌手松山千春(65)の全国ツアー東京公演を取材した。10月発売の82枚目シングル「敢然、漠然、茫然」を掲げてのツアー。千春… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

高橋真梨子が来年1・26にアルバム発売 ツアーセットリスト通りの曲収録 - 音楽 : 日刊スポーツ歌手高橋真梨子(72)が来年1月26日に2枚組のCDアルバム「ourDaystour2022」を発売することを4日、発表した。翌27日から「今回が最後」と公言… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「千の風になって」訳詞・作曲、芥川賞作家の新井満さんが死去…75歳 : 音楽 : エンタメ・文化 : ニュースヒット曲「千の風になって」の訳詞と作曲で知られる芥川賞作家の新井満(あらい・まん、本名・みつる)さんが3日、北海道函館市内の病院で死去した。75歳だった。 1988年に「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞。2007年に「千の

岩波の2冊、絶版・回収へ…複数の無断転用 : エンタメ・文化 : ニュース岩波書店は、岩波ジュニア新書の「森の日本史」(黒瀧秀久著、10月刊行)と「榎本武揚と明治維新――旧幕臣の描いた近代化」(同、2017年12月刊行)に他の書籍からの複数の無断転用があったことが判明したとして、両書を絶版に 岩波書店は、岩波ジュニア新書の「森の日本史」(黒瀧秀久著、10月刊行)と「榎本武揚と明治維新――旧幕臣の描いた近代化」(同、2017年12月刊行)に他の書籍からの複数の無断転用があったことが判明したとして、両書を絶版にし、回収すると発表