待ち時間も短く 京都銀行や池田泉州銀行が共同システム

京都銀行や池田泉州銀行など地方銀行4行が窓口システムを共同開発します。最大の狙いはコスト削減ですが、利用者のメリットは。タブレット端末を使った手続きや待ち時間の短縮効果などを取材しました。

2021/06/17 1:38:00

京都銀行や池田泉州銀行など地方銀行4行が窓口システムを共同開発します。最大の狙いはコスト削減ですが、利用者のメリットは。タブレット端末を使った手続きや待ち時間の短縮効果などを取材しました。

京都銀行や池田泉州銀行など地方銀行4行が窓口業務のシステムを共同で開発する。専用システムを簡素にし共同調達でコストを削減するのが最大の目的だが、利用者にもメリットはあるのだろうか。新システムの運用が始まる2022年度以降の窓口の姿を探った。各行はそれぞれ5年に一度ほどの頻度で、窓口で現金を出し入れしたり通帳を読み取ったりする装置などを含め、数億~数十億円かけて専用端末を更新している。メガバンク

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

小池都知事にBBC単独インタビュー 五輪開かないのは「より悲しいこと」 - BBCニュース

小池百合子都知事は、新型コロナウイルスのワクチン接種がもっと早く進められていれば、状況は違っていただろうとの考えを示した。

リアル店舗は悲しいかな斜陽。リテールなら店舗無しの銀行で用足りるのでどんどん統合、効率化しないと生き残れないですよ。 そこにSBIグループ,AWSが関わって いない事を祈ります。