コロナとインフル比較「近いうちに見解」 厚労省専門家

Redirecting to full article in 5 second(s)...

新型コロナウイルスに関する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は24日の会合で、コロナとインフルエンザを比較して議論した。変異型「オミクロン型」が主流となるなかで重症度や致死率、肺炎の合併率を議題にした。座長を務める国立感染症研究所の脇田隆字所長は会合後の記者会見で「近いうちに見解をまとめて発表したい」と話した。出席した専門家からは、重症化や死亡のリスクについて「オミクロン型の方がイ