広島菊池涼介は現状維持の3億円+出来高「復帰して力になれなかった」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

広島菊池涼介は現状維持の3億円+出来高「復帰して力になれなかった」 #菊池涼介 #carp #契約更改

菊池涼介, Carp

2021/12/08 7:18:00

広島 菊池涼介 は現状維持の3億円+出来高「復帰して力になれなかった」 菊池涼介 carp 契約更改

4年契約の2年目を終えた広島 菊池涼介 内野手(31)が8日、マツダスタジアムで 契約更改 交渉に臨み、現状維持の3億円プラス出来高でサインした。交渉は当初午後1時開… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「いいスタートは切った。コロナになって迷惑かけた。復帰して力になれなかった。すごく悔しい。仕方ないのもあるが。1年元気でいられるのは大変だとあらためて思った」今季は打撃で開幕から好スタートを切り、前半戦では首位打者を独走していた。5月には新型コロナウイルスに感染し約2週間の離脱を余儀なくされたが、132試合の出場で打率2割7分7厘、本塁打はキャリアハイの16発を記録し、自己最多タイの60打点をマーク。守備でも異次元のプレーを連発し、二塁手で9年連続9度目のゴールデン・グラブ賞に選出された。(金額は推定)

続きを読む: 日刊スポーツ »

子宮頸がん・HPVワクチンとは|原因や症状をイチから解説

子宮頸がんとは、日本で毎年1万人以上がかかり、3000人が亡くなっている病で、HPVワクチンは、その子宮頸がんの原因となるウイルス感染を防ぐワクチンです。 いま子宮頸がんは、「予防できるがん」と言われ、国や自治体は2022年4月から、HPVワクチンの積極的な接種の呼びかけを再開しています。 女性だけでなく、実は男性にも関わる「子宮頸がんとHPVワクチン」についてイチから解説します。 (社会番組部ディレクター 藤松翔太郎) (2022年4月15日放送のニュースウオッチ9をもとに作成しています) 続きを読む >>

日本ハム新加入ポンセ「いつかは日本に戻って…」19年プレミア12米国代表 - プロ野球 : 日刊スポーツBIGBOSSを支える“投げるポンセ”がやってくる。日本ハムは6日、前パイレーツの最速150キロ超右腕、コディ・ポンセ投手(27)と契約合意に達したと発表した… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

新庄剛志ビッグボス宣言「上沢監督」トレンド入り、SNSで選手を監督指名 - プロ野球 : 日刊スポーツ日本ハム新庄剛志監督(49)が6日、自身のツイッターで来年最初のオープン戦はエース上沢直之投手(27)が決めたオーダーで戦うことを宣言したことで「上沢監督」が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

長嶋茂雄氏「今後も野球界のために一生懸命尽くします」文化勲章受章祝う会 - プロ野球 : 日刊スポーツ巨人長嶋茂雄終身名誉監督(85)の文化勲章受章を祝う会が6日、東京都内で開催された。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(95)やソフトバンク王貞治球団… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) この度は栄えある受賞、大変おめでとうございます。 長い間の功績が実を結ばれて感無量でございます。 これからもより一層のご活躍を心からお祈り申し上げます。

DeNAロメロが残留、1・2億円で1年契約 球団が延長オプションを保持 - プロ野球 : 日刊スポーツDeNAがフェルナンド・ロメロ投手(26)と1年契約を結んだことが6日、分かった。head--【関連記事】DeNAニュース一覧--https://ww… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「ちょっとふざけるなよ」選手会事務局長がロッテ、日本ハムなどに不信感 - プロ野球 : 日刊スポーツ労働組合・日本 プロ野球 選手会は6日、大阪市内で定期大会を開き、森忠仁事務局長が最近の球団の選手に対する姿勢に不信感を表した。「球団の選手に対する対応を見ていま… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

“代打の神様”ヤクルト川端慎吾150%増更改 早くも来週から若手とトレ - プロ野球 : 日刊スポーツ代打で輝いた! ヤクルト川端慎吾内野手(34)が都内の球団事務所で 契約更改 交渉に臨み、3000万円増の年俸5000万円でサインした。今季年俸から2・5倍となり… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

4年契約の2年目を終えた広島菊池涼介内野手(31)が8日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の3億円プラス出来高でサインした。交渉は当初午後1時開始予定だったが、まさかの3時間前倒しの午前10時スタート。菊池涼は「僕が時間間違えちゃいました」と苦笑い。報道陣に頭を下げて取材に応じた。 「いいスタートは切った。コロナになって迷惑かけた。復帰して力になれなかった。すごく悔しい。仕方ないのもあるが。1年元気でいられるのは大変だとあらためて思った」 今季は打撃で開幕から好スタートを切り、前半戦では首位打者を独走していた。5月には新型コロナウイルスに感染し約2週間の離脱を余儀なくされたが、132試合の出場で打率2割7分7厘、本塁打はキャリアハイの16発を記録し、自己最多タイの60打点をマーク。守備でも異次元のプレーを連発し、二塁手で9年連続9度目のゴールデン・グラブ賞に選出された。(金額は推定) Sponsored