選挙, 広島県, 共産党, 自民, 民主, 公明, コロナ, 中村孝江, 樽谷昌年, 湯崎英彦, 湯崎, 地方選

選挙, 広島県

広島知事選告示、新人2人と現職の争いに : 地方選 : 選挙・世論調査

広島知事選告示、新人2人と現職の争いに #選挙

2021/10/28 12:35:00

広島知事選告示、新人2人と現職の争いに 選挙

広島県 知事選は28日告示され、 共産党 新人で党県常任委員の 中村孝江 氏(35)、無所属新人で金属回収業の 樽谷昌年 氏(70)、4選を目指す無所属で現職の 湯崎英彦 氏(56)の3人が立候補した。投開票は11月14日。 湯崎氏の3

続きを読む: 読売新聞オンライン »

ランドセルでなく風呂敷背負って 伝統の登校を体験 岩手 | NHKニュース

【NHK】子どもたちが昔ながらの生活習慣を体験しようと、ランドセルではなく風呂敷を背負って登校する取り組みが、岩手県紫波町の小学校…

市議選の投票総数、投票者数より2票多い!…数え直しても解消せず : 地方選 : 選挙・世論調査24日投開票の石川県七尾市議選で、七尾市選挙管理委員会は25日、投票総数が投票者数より2票多くなるトラブルがあったと明らかにした。当落に影響はなく、市選管は数合わせのため「持ち帰り票」を「マイナス2」と計上する異例の処

市議選の投票総数、投票者数より2票多い!…数え直しても解消せず : 地方選 : 選挙・世論調査24日投開票の石川県七尾市議選で、七尾市選挙管理委員会は25日、投票総数が投票者数より2票多くなるトラブルがあったと明らかにした。当落に影響はなく、市選管は数合わせのため「持ち帰り票」を「マイナス2」と計上する異例の処

[深層NEWS]衆院選での安全保障の争点、宮家氏「一番大きなポイントは防衛費増額」 : 衆院選 : 選挙・世論調査キヤノングローバル戦略研究所の宮家邦彦研究主幹と日大大学院講師の岩井奉信氏が27日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、衆院選での外交・安全保障の争点などについて議論した。 宮家氏は、日本の防衛費増額が「一番大きなポ 中国やロシアは、いつでも日本に核を含むミサイルを撃ち込んで、日本を壊滅させることができますね。日本は、中国やロシアを壊滅させることができますか?日本にできるのは、アメさんにお願いするか、被害想定の作成、学童疎開、レジスタンス運動くらいでは?勇ましいことは言えませんよ。 If China invades Taiwan, the US military in Okinawa may move and become a full-scale war between China and the Taiwan-US-Japan alliance. Our alliance needs missiles that destroy Xi Jinping, the Chinese Communist Party headquarters, and the PLA chain of command. 自民党が防衛費の増額を言っても、連立してる公明党が猛反対。 創価学会は防衛費増額は絶対に認めんから、学会票に選挙で頼りきりの自民党ができるわけがない。 敵基地攻撃とか防衛費増額とか、国防関係に期待するなら維新か国民民主などに期待するしかないんじゃないかな。

野党各党と連携したい共産、でも選んだ他党は「47%~93%」の「片思い」…立候補者アンケート : 衆院選 : 選挙・世論調査読売新聞社のアンケート調査では、衆院選の立候補者に「選挙後に連携したいと考える政党」について、複数回答で尋ねた。回答からは、各政党の候補者が抱く思惑が浮かび上がった。 ◇足並み 与党間では、自民の96%が公明を、公明の 志位氏は、今回の選挙の直前 あらためて共産党が 共産・社会主義を目指すと宣言した。 共産党と連携するということは 共産・社会主義実現を 許容するということである。 小選挙区は自民の人を👤比例の政党は立憲を🇯🇵国民審査は分かりません。 支持母体を持つ自公はこの選挙戦、圧勝する🌸 立憲は若年層を取り込め☝自民の独裁を許すな! 自民党 アベノマスク 立憲民主党 不織布マスク 議員報酬を最低限賃金S並にして日本Nの借金Sに充当する政党 SNS党しか勝たん♥️ 我が強い各野党が一つにまとまるわけがない、共闘を謳っているが心の奥底では他の野党を下に見てるだろうし、自分の政党がトップに立つ事しか考えていない、混ざり合わないものが混ざるわけがない。

候補者激励の「必勝」為書き、オンラインで : 衆院選 : 選挙・世論調査31日に投開票が迫る衆院選。東京都内にある候補者の事務所には、オンラインで届けられた「デジタル 為書 ( ためが ) き」が貼り出されている。 為書きは、支援者が激励の意味を込めて贈る貼り紙。事務所では、新型 コロナ ウイ

「共闘」の立民・共産、閣外協力巡り温度差あらわに : 衆院選 : 選挙・世論調査衆院選で立憲民主党が政権を獲得した場合に、 共産党 が「限定的な閣外からの協力」をするとした合意を巡って、両党間の温度差が顕著になっている。保守層を含めた幅広い支持を得たい立民が、選挙戦では積極的に合意に言及しないのに対し そりゃあ、 枝野氏は共産党の協力だけが欲しい。 志位氏は実質的な連立をめざしたい。 誰が見てもそういう構図ですよね。 これだけで立憲は信用ならん、、。何をしでかすかわからないからな 共産党を甘く見てる立憲は必ず恐ろしい代償払うことになる。 民主党政権時代の社民党や国民新党の比にならない悪魔契約。 共産党はそんなに甘くない。