文化・芸能, ひと・歴史, 京都

文化・芸能, ひと・歴史

平等院鳳凰堂の扉絵に耐久性顔料 「次の千年のため」50年前の試み:朝日新聞デジタル

平等院鳳凰堂の扉絵に耐久性顔料 「次の千年のため」50年前の試み

2021/09/27 4:56:00

平等院鳳凰堂の扉絵に耐久性顔料 「次の千年のため」50年前の試み

世界遺産の平等院(京都府宇治市)で、半世紀前に取り換えられた鳳凰堂(ほうおうどう)の扉の絵に耐久性のある顔料が使われていたことが、修復作業のための科学調査で分かった。修復当時は深刻だった大気汚染の影…

新しい扉の絵は、の松元道夫氏(1896~1990)らが旧扉の絵を模写して描いた。当初は新品だったが50年以上が過ぎ、一昨年、修復することになった。担当したのは東京芸術大大学院の荒井経(けい)教授(保存修復)。蛍光X線で扉絵を分析すると、北面右側の扉(縦385・4センチ、横151・9センチ)の絵の右端の枠(幅9・2センチ)からチタンと銀が検出された。その部分は他より劣化が遅かったという。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

英下院議員、有権者との対話会で刺され死亡 英政界や地元に衝撃 - BBCニュース

英与党・保守党のベテラン下院議員、サー・デイヴィッド・エイメス(69)が15日、東部エセックス州の地元選挙区で不特定の有権者との面会を広く受け付けていた会場で男に刺され、死亡した。

就活生の裏アカ特定、企業に報告…ネットから見える「ホントの姿」:朝日新聞デジタル■連載「探られた裏アカ 就活の深層」① 東京・飯田橋の雑居ビルの一室。3人が黙々とパソコン画面に向かう。 手元には1通のエントリーシートがある。 金融会社へ転職を希望する20代女性のもの。女性が匿名で… そんな会社に入っても自由に働けないからよかったんじゃ? 個人で調べるには限界がありますからね。 SEALsの皆さん元気かなーww

いきもの目線:世界最大の鳥ダチョウ ひなも卵も巨大、鶏卵25個分:朝日新聞デジタル長い首、長い脚、大きな羽――。今回の「いきもの目線」の主人公は、世界最大の鳥類のダチョウだ。卵も巨大で鶏卵25個分、生まれてきたヒナの体重はなんと1キロもある。数百羽を飼育している観光牧場「ダチョウ…

【マンガ動画】寄生虫「芽殖孤虫」の正体とは? 死に至る謎の奇病:朝日新聞デジタル寄生虫が侵入して体内を食い破り、患者はほぼ確実に死に至る。これまでの報告例は世界でわずか18。 こんな奇病をもたらす「芽殖孤虫(がしょくこちゅう)」の謎にせまった。明らかになったその正体とは。

娘29歳、いなくなって5年 父親「私が生きている間に、どうか」:朝日新聞デジタル大分市横尾の五條堀美咲(ごじょうぼりみさき)さん(29)の行方が分からなくなって、26日で5年が経つ。五條堀さんが住んでいたアパートの近くでは24日、福岡県久留米市から来た両親が警察官らとともにチラ… 北朝鮮による拉致被害者もそうだが、早く会えるといいな

女子の合格最低点、男子より122点高い学校も 今春の都立高入試:朝日新聞デジタル東京都教育委員会は24日、都立高校入試の男女別定員制度を廃止し、段階的に男女合同定員にしていくと決めた。現行制度では同じ学校なのに男女で合格ラインが異なり、都教委の分析では、いまの1年生を選抜した2… 極端だけど3月に入試の結果女子が90%になったとしてトイレの増築とか間に合う? 逆に男子が90%になって女子◯◯部が存続できなくなるのはOK? 男女別定員を そらあかんがな 差別だな。

空港に着いても飛行機乗れず コロナ下の海外渡航取材の難しさを実感:朝日新聞デジタルスポーツ部に所属する記者は9月上旬、サッカー日本代表の取材で中東のドーハに出張した。成田空港まで行きながら、カタール政府の渡航許可がおりず、飛行機に乗れない事態にも見舞われた。コロナ下で海外に行く困… どうせマスゴミ特権をさんざん利用しようとして、上手く行かんかったんやろ🥴そんな恨み節を記事にすんなよ🥴 見切り発車で空港に行ったにもかかわらず、空港に着いても飛行機乗れず、って表現はおかしい。空港でいきなり飛行機に乗れなくなった、というイメージを植え付けたいのか?