市村正親, 篠原涼子, 離婚, 離婚・破局, 市村正親, 篠原涼子

市村正親, 篠原涼子

市村正親と篠原涼子が電撃「熟年離婚」コロナで撮影中別居続きがきっかけに - 離婚・破局 : 日刊スポーツ

市村正親と篠原涼子が電撃「熟年離婚」コロナで撮影中別居続きがきっかけに #市村正親 #篠原涼子 #離婚

2021/07/24 23:13:00

市村正親 篠原涼子 が電撃「熟年離婚」コロナで撮影中別居続きがきっかけに 市村正親 篠原涼子 離婚

俳優 市村正親 (72) 篠原涼子 (47)が24日、所属事務所を通し、この日離婚したと発表した。長男(13)と次男(9)の親権は市村が持つ。2人はコメントを出し、新… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

離婚を発表した市村正親(左)と篠原涼子=7月都内にて俳優市村正親(72)篠原涼子(47)が24日、所属事務所を通し、この日離婚したと発表した。長男(13)と次男(9)の親権は市村が持つ。2人はコメントを出し、新型コロナの家庭内感染防止のため別居したことがきっかけになったと明かした。慰謝料、財産分与はなく会見の予定もない。共演がきっかけで05年結婚。おしどり夫婦が、15年でピリオドを打った。東京オリンピック(五輪)開幕翌日の大型「熟年離婚」電撃発表に、驚きが広がった。◇ ◇ ◇市村と篠原は直筆署名入りコメントで離婚を報告、経緯を説明した。市村は「昨年のコロナによって撮影中は家庭内感染を防ぐ事からも、別居し役者業に取り組む生活をするようになりました。しかし作品が続いたことで別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました」。篠原も「私たちなりの新しい形・環境をつくって参りたいと二人で話し合いました」と記した。

3局は「眞子さま・小室圭さん結婚」特番編成 ブレないテレ東は「ブレイド」 - ライブドアニュース ソフトB高谷、川島ら来季構想外 - Yahoo!ニュース 「学校へ行こう!」3時間SPで復活、最後の放送に 6人旅ではサプライズも - ライブドアニュース

昨年8月、一部で別居が報道された。ただ、篠原がドラマ撮影中のため、家族に感染させないためのコロナ対策だという趣旨の、関係者の話も報じられていた。こうしたコロナ対策の別居が新しい生活として定着していったとみられる。この1年、2人とも仕事は順調。市村はミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」「生きる」などに主演、10月にも主演ミュージカル「オリバー!」が控える。篠原も昨年日本テレビ系連ドラ「ハケンの品格」第2弾に主演。今年にかけNHK連続テレビ小説「おちょやん」にも出演、豪快な演技で話題になった。互いを役者として認め尊重する姿勢は変わらない。市村は「涼子との出会いは私の人生最大の喜びです。何より私も女優篠原涼子の一ファンとして、彼女がより一層女優として輝き、母としても生きていく道を歩ませたいという思いに至りました」と記述。篠原も「舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません。この姿勢は今もこれからも変わる事はありません」とした。

2人の間には08年に長男、12年に次男が誕生している。自身の強い希望で親権を持つことになった市村は今後の篠原との関係について「新たなカタチのパートナーとなり、子どもを支えていきたい」とつづった。25歳差や周囲の反対を乗り越えて結婚した2人。14年に市村が胃がんを患い復帰した際「妻は命の恩人」とし、篠原も「家族みんなでサポートしていきます」とコメントした間柄だった。特に篠原は、父の猛反対に「私には私の人生がある」と強く訴え、結婚に至ったという。強いきずなだったが、コロナ禍が2人の形を変えてしまった。 headtopics.com

◆市村正親(いちむら・まさちか)1949年(昭24)1月28日、埼玉県生まれ。74年劇団四季入りし「エクウス」「オペラ座の怪人」などに出演して看板俳優に。90年の退団後も、ミュージカル「ミス・サイゴン」など舞台を中心に、ドラマや映画にも出演。84年に女優八重沢真美と結婚し、03年に離婚。07年に紫綬褒章を受章。170センチ。血液型A。◆篠原涼子(しのはら・りょうこ)1973年(昭48)8月13日、群馬県生まれ。90年に東京パフォーマンスドール加入。94年シングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が大ヒットしNHK紅白歌合戦に初出場。04年日本テレビ系「光とともに…」で連続ドラマ初主演、その後も「アンフェア」「ハケンの品格」など話題ドラマに主演。162センチ。血液型B。

続きを読む: 日刊スポーツ »

イギリスでなぜ新型コロナウイルスの感染者が増えているのか 次にどうすべきか - BBCニュース

イギリスで新型コロナウイルスの感染者が9月半ばから、1日3~5万人のペースで増えている。

離婚の市村正親と篠原涼子、昨年8月に別居報道 - 離婚・破局 : 日刊スポーツ 市村正親 (72) 篠原涼子 (47)が24日、所属事務所を通し、離婚を発表した。長男と次男の親権は市村が持つ。慰謝料、財産分与はなく、この件に関して、会見を行う予… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

フェンシング初日はメダルなし 日本勢4人登場も全員敗退 - フェンシング - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ4人が登場した日本勢の初日は全員が3回戦までに敗退し、メダル第1号とはならなかった。男子サーブルは吉田健人(28=警視庁)がベネズエラ選手を相手に13-15で… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

横浜期限付き移籍のFW杉本健勇「点を取ることに飢えている」 - J1 : 日刊スポーツ浦和レッズから横浜F・マリノスに期限付き移籍したFW杉本健勇(28)が24日、オンライン取材で再起への思いを語った。17年にセレッソ大阪でシーズン22得点を記… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

重量挙げ三宅宏実が現役引退を表明 現役最後の試合は記録なしで終わる - 重量挙げ - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ三宅宏実(いちご=35)が記録なしに終わり、3大会連続のメダル獲得を逃した。競技後には今大会限りで現役引退することをあらためて表明した。前半のスナッチでは1度… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

テコンドー山田美諭、準決勝リオ銅のウォンパタナッキに敗れ3位決定戦へ - テコンドー - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ山田美諭(27=城北信用金庫)が準決勝でパニパク・ウォンパタナッキ(タイ)に12-34で敗れ3位決定戦に回ることになった。ウォンパタナッキは16年リオデジャネ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 世界ランキング1位のタイの選手、足が長かったな…😓 山田選手、銅メダル目指して欲しい‼️

内村航平「米倉に土下座して謝りたい」「体操するのはもういい」一問一答 - 体操競技 - 東京オリンピック2020写真ニュース : 日刊スポーツ鉄棒に専念して3大会連続の金メダルを狙った内村航平(32=ジョイカル)が、13・866点で予選落ちが決まった。競技を終えてNHKのフラッシュインタビューで心境… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 米倉英信「しなくて良いですからね!笑」内村航平「土下座して謝りたい」に 体操 gymnastics 東京五輪 Tokyo2020 オリンピック 米倉英信