高橋優貴, Npb, プロ野球, Gians, ジャイアンツ, 巨人, 野球の国から

高橋優貴, Npb

巨人高橋5戦5勝の要因 「高橋=スクリューピッチャー」の先入観 - 野球の国から - 野球コラム : 日刊スポーツ

巨人高橋5戦5勝の要因 「高橋=スクリューピッチャー」の先入観 #高橋優貴 #npb #プロ野球 #gians #ジャイアンツ #巨人

2021/05/05 6:44:00

巨人高橋5戦5勝の要因 「高橋=スクリューピッチャー」の先入観 高橋優貴 npb プロ野球 gians ジャイアンツ 巨人

3年目を迎えた巨人の 高橋優貴 が、開幕から5戦5勝と勝ち星を重ねている。ルーキーの頃の高橋と言えば、右打者のアウトローへのスクリュー、いわゆる抜き球を軸に打者を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

4月、ヤクルト戦で力投する巨人高橋より細かく記すと、インコースの真っすぐのコントロールが向上し、ストライクとボールの球の出し入れができている。入団時からボールに力はあった一方、右打者へのインコースの真っすぐは若干シュート回転し、投手としては危ない球だったが、その不安が解消されている。1度は2軍で調整したように、開幕前は状態がいいようには見えなかった。「おや?」と思ったのは、3月14日の阪神とのオープン戦だった。ヒット数は3本と少なかったが、球数が少し多かった。この時期だから何か目的があるのだろうと思ったが、途中からコントロールに苦しんでいる姿が見え出した。

「劇場版 呪術廻戦」キャスト発表、主人公・乙骨憂太役は緒方恵美 - ライブドアニュース 『劇場版 呪術廻戦』キャスト発表 乙骨憂太役は緒方恵美 キャラボイス初公開の映像も解禁 - ライブドアニュース ネオワン号が小型化!? 『New ポケモンスナップ』8月4日のアプデで3つのエリアを追加 - ライブドアニュース

具体的に言えば、スクリューがアウトハイに抜け、完全なボール球だった。原因はいろいろあると思うが、一番信頼するボールであるウイニングショットが一番信頼できない球になっていた。なぜ、このようになったのか。全ての球に完璧を求めすぎたと想像する。理想を求め、トライするのは当たり前だが、度が過ぎればマイナスとなる。勝負球が本調子ではなくても、開幕から白星が続く理由は相手打者のスクリューへの先入観にあるだろう。打者心理からすれば「高橋=スクリューピッチャー」の意識が強い。右打者が特にそうで、外に逃げるスクリューの残像は消えず、精度が上がった内角の真っすぐの出し入れがより効果を発揮する。

プロで活躍する投手は、一流の勝負球を持っている。「相手が来ると分かっていても、打ち取れる」のが条件で、巨人の菅野智之ならスライダーだし、ソフトバンクの千賀滉大ならフォーク。高橋のスクリューはまだその域には達していないが、独特な変化をする「特殊球」だから、打者はどうしてもマークする。現状、四球の多さが少し気にはなるが、投げっぷりの良さと多少の荒れ球は彼の持ち味。欲を言えば四球を与えない程度の荒れ球が理想だが、ボールが荒れれば、打者は的を絞りづらくなる。高橋の場合、多少荒れながらも、勝負にいくボールは比較的間違いが少ない点が好成績の要因の1つではないか。 headtopics.com

かつて、巨人でセットアッパーを務めた山口鉄也(現2軍投手コーチ)は入団時からの遅いチェンジアップを改良し、速いチェンジアップも習得し、長年リリーフ陣を支えた。山口のような成功例もあるが、このような取り組みはシーズンオフの話。「もっと良く」の心意気は大事だが、完璧主義は時に自分を苦しめることにもなる。(次回掲載は5月下旬の予定です)小谷正勝氏(2019年1月18日撮影)◆小谷正勝(こたに・ただかつ)1945年(昭20)兵庫・明石市生まれ。国学院大から67年ドラフト1位で大洋入団。通算10年で24勝27敗。79年からコーチ業に専念。11年まで在京セ・リーグ3球団で投手コーチを務め、13年からロッテで指導。17年から19年まで再び巨人でコーチを務めた。

続きを読む: 日刊スポーツ »

東京五輪に向けて……ロックダウンでの練習風景 - BBCニュース

東京オリンピックを前にした各国トップレベルのスポーツ選手たちも、新型コロナウイルス流行によるロックダウンで、これまでの練習が続けられなくなった。しかし、工夫を凝らし、いつもと違う方法で練習を継続する選手もいた。

秩父駅から路線バスで山道を抜け30分、愛される野球部が掲げる目標 - 野球の国から - 野球コラム : 日刊スポーツ濃い緑の山々に囲まれた小鹿野高校のグラウンドに、野球部員の元気な声が響く。秩父駅から、路線バスで山道を抜けること約30分。国道299号沿いにある野球場のバック… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【田村藤夫】22歳DeNA山本の捕手らしい心配りとエース今永の復調を実感 - 田村藤夫のファームリポート - 野球コラム : 日刊スポーツ<イースタンリーグ:DeNA5-1巨人>◇5日◇ ジャイアンツ 球場捕手として通算出場試合1527、コーチとして4球団で計21年間(うち1年間は編成担当)指導にあ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 田村さんは一度否定的な見方をしてもその後をちゃんと見てくれて良いところ悪いところを指摘してくれるので好感が持てます。 そしてこうして現場の方が普段ファンがどうやって試合を観ているかを知ってくれてコメントを残してくれるのはありがたいです。 ちなみにハマスタも昨年から傘禁止です。 うれしいな

【権藤博】阪神藤浪は「何でファームで投げているの?」少々の荒れ球は武器 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神藤浪晋太郎投手(27)の2軍中日戦を視察した。結論から言えば「何でファームで投げているの?」だ。それくらいしっかり投げ込んでいた。ノーワインドアップにも取… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 同感です❗藤波をこんな使い方をしてたら いつまでもようならんでしょう❗ こんな暗刻を2回も作ってしまったから… hanshin 阪神 阪神タイガース

【佐々木主浩】投手大谷の状態は上向き ストライクゾーン確認は逆効果 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(26)が今季4度目の先発で5回0/3を投げ1安打無失点と力投したが、2勝目はならなかった。日刊スポーツ評論家の佐々木主浩氏(53)は、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

早出練習の常連DeNA宮崎&三嶋、試合前からの念入りな調整が活躍支える - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ プロ野球 担当記者の特権の1つは、練習が見られるということだ。キャンプ中でもない限り、練習のテレビ中継はない。子どものころは「ホームとビジターの練習の順番を入れ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)