中東

中東

岐路に立つタリバン、日本はどう向き合うか「自らの背中を見せる」:朝日新聞デジタル

岐路に立つタリバン、日本はどう向き合うか「自らの背中を見せる」

2021/09/16 23:08:00

岐路に立つタリバン、日本はどう向き合うか「自らの背中を見せる」

■上智大学教授の東大作さん 【連載】アフガニスタンを思う④ アフガニスタンでイスラム主義勢力タリバンが権力を握りました。女性の権利は認められるのか、テロの温床にならないのか、多民族が共生できるのか。各…

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。

タリバンたって別に一つにまとまった組織でも無く… 穏健派から過激派にIS-kまで混在しアルカイダも健在のアフガンでイスラム教による統治たってその内容考え方自体が一つじゃ無いわな。 オマケにタリバンも所詮は部族単位の集まりで各部族・部族長の意思が全ての集まりだわな。

石彫家の和泉正敏さん死去 彫刻家イサム・ノグチの制作を支える:朝日新聞デジタル彫刻家の故イサム・ノグチの石の彫刻制作を20年以上にわたって支えた石彫家で、イサム・ノグチ日本財団理事長でもある和泉正敏(いずみ・まさとし)さんが13日、肺がんのため死去した。82歳だった。葬儀は近…

迷走する官邸、官僚たちは肩すくめ 「1強」政治はコロナ禍で崩れた:朝日新聞デジタル菅義偉首相は3日昼、自民党役員会で総裁選不出馬を表明して首相官邸の執務室に戻ると、疲れ切った様子でこう言ったという。 「コロナ対策をやりながら、総裁選を戦う意欲がわかないんだよ……」 衆院解散や党人… 「1強政治がコロナ禍で崩れた」のではなく そもそも朝日の言う「独裁者アベストーリー」が 最初から虚構だったのでは? 官僚たちが肩をすくめるなんてありえない。日本を破壊している官僚を改革するにはレーガン大統領、サッチャーのように「市場の公平性」を倫理とする新自由主義改革が必要なのかも、このままデフレ政策では40年日本は持たない。米国の1/7の所得の国ある。日本人が海外に出稼ぎに出ると1年で7年分稼げる と、またまたアカヒが捏造する。これも記事を取り消すのかな?アカヒは信用しないマスゴミだ。ところでクマって居たか?まともなブン屋は残っていないんだろうな。

「遊牧民を見たい」で始まった30年 アフガン支援、情熱は冷めない:朝日新聞デジタル■ジャーナリストの安井浩美さん(後編) 【連載】アフガニスタンを思う② ジャーナリストの安井浩美さん(57)は、アフガニスタンで30年近く取材を続けてきました。戦場だけでなく、珍獣を追いかけたり、遺跡…

パンダのビッグダディ「永明」、29歳の祝い 中国でも有名な大家族:朝日新聞デジタル和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドのジャイアントパンダ「永明(エイメイ)」が14日、29歳の誕生日を迎え、「29」の数字をかたどった氷と好物の竹がプレゼントされた。 1992年に中国で生まれた永…

「子どもにワクチン反対」 マスクなしでチラシ配布 市議を厳重注意:朝日新聞デジタル新型コロナウイルスワクチンの子どもへの接種停止を求めるチラシを、中学校や駅周辺でマスクを着用せずに配ったなどとして、大分県臼杵市議会は14日、若林純一市議(61)に厳重注意した。「議長や議員、議会事… クビクビ!!! まあ、地方議員だとこんな、とんでも議員もいるよな。

中国不動産大手が巨額負債、投資家ら殺到 破綻すれば経済リスク:朝日新聞デジタル中国の不動産大手・中国恒大集団が経営危機に陥っている。中国の不動産バブルを背景に成長してきたが、強気な投資と事業の多角化が裏目に出て巨額の負債を抱える。事業の売却などで資金繰り改善を急ぐが先行きは厳… 自由主義経済にはあるrisk。 朝日新聞の祖国のピンチじゃないですか。 お国に帰ったら? 中共は共産主義だから企業が破綻してもアッケラカーノカーですよ