山梨, 千葉, 千葉県, 山梨県

山梨, 千葉

山梨・女児不明2年 母、配ったチラシ68万枚 長女の存在支えに | 毎日新聞

山梨・女児不明2年 母、配ったチラシ68万枚 長女の存在支えに 小学1年生だった小倉美咲さんがキャンプ場で行方不明になってから21日で2年。12歳の姉が思いを語りました。

2021/09/20 13:20:00

山梨・女児不明2年 母、配ったチラシ68万枚 長女の存在支えに 小学1年生だった小倉美咲さんがキャンプ場で行方不明になってから21日で2年。12歳の姉が思いを語りました。

山梨県 道志村のキャンプ場で2019年9月、小学校1年生だった小倉美咲さん(9)= 千葉県 成田市=が行方不明になってから21日で2年となる。「またみんなで普通に暮らせる日が戻ってくる」。母とも子さん(38)と姉(12)は、そう信じて美咲さんの帰りを待つ。次女の手がかりを求めて各地で協力を呼びかけ続ける

2年前のあの日。7家族で訪れたキャンプ場で、美咲さんは先に遊びに出た子供たちのもとに一人で向かい、姿を消した。「私がちゃんと見ていれば……」。そう悔やむとも子さんは、美咲さんの3歳年上の長女も自分を責めているように感じ「美咲は絶対連れて帰るからね」と約束した。負けず嫌いの美咲さんは、姉と一緒に遊んだアスレチックで、ついていこうと張り合った。一方でとも子さんと姉が言い争うと「お姉ちゃんも反省しているから話、聞いてあげて」と気を配ることもあった。そんな平穏な日々は一変した。毎週のように各地での捜索や情報提供を求めるチラシ配りに出かけるようになったとも子さん。あるとき、留守番を続けていた長女の変化に気付いた。「私は何もできない」「山梨は嫌い」と、ふさぎ込むことが多くなっていたのだ。

山手線内回り 池袋→大崎間の運休きょうまで 外回りも本数減 | NHKニュース 『ウマ娘』と「ばかうけ」コラボ、「ぱかうけ」発売 - ゴルシの特製焼きそばを再現 - ライブドアニュース ナイジェリアでまた刑務所襲撃 今年3度目、575人が逃走中 - ライブドアニュース

「この子の『今』は今しかないんだ」。とも子さんはそう思い今春、お出かけを提案した。すると、返ってきたのは「山梨に行きたい」との答えだった。今年4月。久しぶりにキャンプ場を訪れ、長女はかつてテントを張った場所に駆け寄った。とも子さんは、美咲さんを思う長女に「この子も一緒に頑張ってくれているんだ」と感じ入った。美咲さんが行方不明になってから、インターネット上でとも子さんらを中傷する投稿が相次いだ。今年4月、とも子さんは発信者情報の開示を求めて裁判を起こした。最近はネット上でも訪問先でも「きっと大丈夫」「応援しているよ」と気遣われるようになった。

美咲さんを連れて帰るという長女との約束は忘れていない。この2年で配ったチラシは68万枚、山梨と千葉の往復などで車の走行距離は5万キロを超えた。「私が頑張らなきゃ」と張り詰めた日々を送ってきたとも子さんだが、近ごろは「長女や多くの人に支えてもらっている」とも実感する。つらいのは自分だけではないということも。2人の娘はこれから多感な年ごろを迎える。美咲さんが帰ってくれば、母親に相談しづらいことがあっても、姉妹で助け合ってくれるのではないか――そう信じている。◇ ◇美咲さんの行方不明から2年を翌日に控えた20日、とも子さんはキャンプ場でチラシを配り、利用客らに情報提供を呼びかけた。「美咲には『もうすぐ会えるからね』という思いでいる。一日も早く見つけたい思いは、2年たっても全く変わらない」【田中綾乃】 headtopics.com

美咲さんの姉「みー、早く帰ってきて」行方不明になる5カ月前に長女(左)ら家族と写真に納まる小倉美咲さん=2019年4月撮影(家族提供)「妹にすごく会いたい気持ちや、会えるのが楽しみという気持ち、大丈夫かな、本当に帰ってくるのかなという不安と、いろいろな思いがある」。小倉美咲さんの小学6年生の姉が9月上旬に取材に応じ、思いを語った。美咲さんのことは「みー」と呼ぶ。当初は「すぐに出てくるだろう。大丈夫」と思っていたが「だんだん不安な気持ちになった。どうしていいのかわからなくなった」と振り返る。母とも子さんとは「泣かないようにしようね」と約束した。でも半年が過ぎた頃から、急に涙が出たり、悲しくなったりすることが増えたという。

「みー」がいなくなったことを受け止めきれず、最初は取材に応じるとも子さんを見るのも嫌だった。でも、母親が取材を受けるのは「美咲を見つけるため、みんなが知るきっかけになればいい」と思うからだと知り、考え方が変わった。「私が話すことでもっと(状況が)良くなるのであれば……。本当に、帰ってきてほしい」【田中綾乃】 続きを読む: 毎日新聞 »

ショート動画 1票の価値 識者の意見|NHK

衆議院選挙 1票の価値について様々な意見があります。識者の見方をお伝えします。| NHK

「スクールカースト」といじめ 雨宮処凛さん・武田砂鉄さん対談/下 | 毎日新聞いじめられた経験のある作家の雨宮処凛さんと、社会問題について積極的に発信しているライターの武田砂鉄さんの対談。下は、雨宮さんがいじめの後遺症から、実家に帰っても一人で外出できないことや、今いじめられている子どもに伝えたい重要なこと、背景にある学校文化の問題、大人がすべきことなどへと話題が広がった。 反日極左活動家を良く記事にする毎日新聞は新聞ではないねw #変態毎日waiwai事件を決して忘れない 좋아요 😂🤣😅 毎日新聞のイジメ定義はブレブレなんだよなぁ~

世界から見た日本の福祉の現状と「制度のはざま」 | 地域で暮らし続ける~日本とデンマークの現場から | 銭本隆行 | 毎日新聞「医療プレミア」しばらくデンマークの話が続きましたが、今回は舞台を国内に移しましょう。今回は「地域で暮らし続ける」ために必要な社会システムの中で、日本の福祉が世界的にどういう水準にあるのか。そして、その中で生じている「制度のはざま」問題についてお話ししたいと思います。あらかじめ“少々堅い内容”とお伝えしておきます

「労をいとわず」16年間 欧州をけん引したメルケル氏の功罪 | 毎日新聞ドイツのアンゲラ・メルケル首相(67)が9月26日のドイツ連邦議会選(総選挙)に出馬せず、選挙後に政界を引退する。2005年から16年間、ドイツ、そして欧州をけん引してきたメルケル氏とはいったいどのような政治家だったのか。その功罪は何か。ドイツ政治に詳しい成蹊大学法学部の板橋拓己教授(欧州政治史) 毎日新聞の功罪 自由諸国を中国に売った売国奴❓ 真の共産主義者❓ ドイツだけの利益追及をした、ドイツ独裁者、ミニヒットラー❓😄 娘とヒットラー

映画「MINAMATA」ユージン・スミス氏の元妻が語る | 週刊エコノミスト Onlineから | 週刊エコノミスト Online | 毎日新聞「経済プレミア」水俣病を世界に伝えた写真集「MINAMATA」。この写真集を原案とした映画が今秋、公開されます。写真集の共著者であるアイリーン・美緒子・スミスさんに、当時の取材の様子や、映画が今、公開される意義を聞きました。

ORICON NEWS:『鬼滅の刃』×スカイツリーのコラボ決定 ufotable描き下ろしイラストも | 毎日新聞

野良猫の不審死相次ぐ 世話人「自然な死に方ではない」 /沖縄 | 毎日新聞沖縄県北谷町の北谷公園やアラハビーチの周辺で、野良猫の不審死が相次いでいることが16日、分かった。9月に入ってから少なくとも6件判明している。日ごろ公園やビーチ付近で猫の世話をしている人たちが、同じ時期に別々の場所でそれぞれ確認した。行方不明の猫も少なくとも27匹いるという。 ネコが何したというのか! 動物愛護週間 狂ったコンピューターを放って置いてはいけない! 野良猫多すぎだと思う