教育, いじめ, 兵庫県

教育, いじめ

尼崎中2女子のいじめ自殺 当時の校長ら懲戒処分 兵庫県教委 - 毎日新聞

兵庫県尼崎市で2017年12月、「学校がしんどいです」とのメモを残して市立中学2年の女子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、県教委は3日、当時の校長ら4人を減給の懲戒処分にしたと発表しました。

2020/04/03 18:00:00

兵庫県 尼崎市で2017年12月、「学校がしんどいです」とのメモを残して市立中学2年の女子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、県教委は3日、当時の校長ら4人を減給の懲戒処分にしたと発表しました。

兵庫県 尼崎市で2017年12月、「学校がしんどいです」とのメモを残して市立中学2年の女子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、県教委は3日、当時の校長ら4人を減給の懲戒処分にしたと発表した。当時の学年主任や部活の副顧問ら3人も厳重注意とした。

県教委教職員課によると、いじめ防止対策の責任者だった校長は校内で教員にいじめに関する研修を実施せず、女子生徒の自殺後も、遺族の了承なしにアンケートをするなど場当たり的な対応で事態を混乱させた。30代の男性教諭は女子生徒が自殺した当日に、部活動内のトラブルを女子生徒が他の生徒に言いふらしていると誤解して叱責したなどとしている。校長は「かけがえのない命を守ることができなかったことに責任を感じている」と話しているという。

続きを読む: 毎日新聞

え?……1人の女の子の尊い命が『減給処分』と同等だというのか? 失われた命が戻る事はない。ご家族の心情を思えばこの処分はあり得ない。 4/3はエイプリルフールでしたっけ?………とてつもなくやるせない気持ちになる。 未来のある子供が、自らの命を自らの手で断ち切っているのに、ただの減給処分。 その子はあの世で絶対に納得していないと思う。

札幌・円山動物園、1カ月ぶりに開園 テレビ塔展望台も - 毎日新聞感染拡大の影響で3月から臨時休園していた札幌市内の観光施設は1日、約1カ月ぶりに営業を再開した。円山動物園(中央区)は、感染防止策を徹底して開園。各所に消毒液を置き、来園客に手の消毒を呼びかけた。ただ、室温管理が必要な動物がいる建物や換気が困難な施設は閉館。子ども同士が近距離になりやすい施設の一部

Jリーグ、開催延期を決定 チェアマン「日程は白紙」 - 毎日新聞サッカーのJリーグは3日、臨時の実行委員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で2月26日から中断していた公式戦の開催日程を白紙に戻すことを決めた。新たな再開時期は未定。村井満チェアマンが3日、オンラインで記者会見し、「日程は白紙に戻すことで合意した」と明らかにした。 当たり前。 早くストックしてるマスクを医療関係に渡しなさいよ

在外日本人 1000人帰国めど立たず 外務省が支援検討 - 毎日新聞茂木敏充外相は3日の衆院外務委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による国境封鎖などで帰国を希望しながら帰国できていない邦人の数が約50カ国で四千数百人に上ると明かした。このうち南アフリカやペルーなどで1000人程度の帰国のめどが立っておらず、外務省が帰国支援策を検討している。 何時もの自己責任論で終わらせたらどうですか?

日本集中治療医学会が声明「治療体制崩壊、非常に早く」 - 毎日新聞日本集中治療医学会(西田修理事長)は、新型コロナウイルス感染症に関する声明を出し、このまま感染者の増加が続くと、重症者を受け入れる集中治療体制の崩壊は「非常に早く訪れる」として体制崩壊阻止への協力を呼びかけた。 急に続々動き出した気がします 医療崩壊は「非常に早く訪れる」ではなく医療感染はもうすでに起こっている! じゃなきゃ、家庭内感染が簡単に起こるのに対して軽傷者は自宅療養!? 政府はふざけすぎてる! 家庭内でかかれば一家全滅だぞ!! そうなれば感染者が4倍には普通になる! それなのに家庭療養を言うことはもう病床はない!

英で医師らの検査進まず 「集団免疫」戦略でキット不足 国民から批判 - 毎日新聞新型コロナウイルスの感染者・死者数が急増する英国で、医療現場で働く医師や看護師らが感染しているかどうかを確認する検査が遅れていることに批判が高まっている。英メディアによると、現場で対応に追われているはずの医師の4分の1が「自分もしくは家族に症状がある」との理由で「自主隔離」をしているという。 それはまずい。医療関係者は優先的に保護しないと全体が崩れるぞ 検査方法について簡易方法の追求をされながら短期間に医療体制を強化する方向で最善を尽くされることを望みます。医療機関での感染についての調査を実施することも望みます。 免疫さえできる病気なら、症状があまり無い程度の感染している医師の元で感染者の治療も可能な気もするんだけど免疫が…

中東派遣「きりさめ」に交代へ コロナ拡大なら哨戒機撤収も - 毎日新聞河野太郎防衛相は3日、航行の安全確保のため中東海域で情報収集活動をしている海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の後継として護衛艦「きりさめ」を派遣すると発表した。5月上旬に海自佐世保基地(長崎県)を出航し、6月上旬から任務を引き継ぐ。また、哨戒機部隊の拠点で新型コロナウイルスの感染が拡大すれば、活動を中