小島みゆ 青ドレスで魅了 K-1アウォーズに華やかに登場/デイリースポーツ online

2022/01/26 15:27:00

小島みゆ 青ドレスで魅了 K-1アウォーズに華やかに登場/芸能/デイリースポーツ online #DailySports

Dailysports

小島みゆ 青ドレスで魅了 K-1アウォーズに華やかに登場/芸能/デイリースポーツ online DailySports

グラビアアイドル・小島みゆ(28)が26日、都内で行われた「K-1 AWARDS 2021」に、「K-1GIRLS」として青のドレス姿で出席した。 ラウンドガール部門「ベストガールズ賞」の候補者だったが、惜しくも受賞は逃した。MVPとして野杁正明選手が発表された際には、プレゼンターを務めたお笑いコンビ・錦鯉らと一緒に、壇上で拍手を送っていた。

続きを読む: デイリースポーツ »

吸血鬼がホテルを経営してお客様を食らう『Bloody Hell Hotel』が発表

▼電ファミNEWSのプレイリストはこちらhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLvbxmjrFLLr-H0O-luNjfJ4fZbdlMN44C~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~元記事はこちら吸血鬼がホテル経営するシミュレーションゲーム『Bloody Hell Ho... 続きを読む >>

小島みゆの事務所 神田沙也加さん恋人・前山と昨年9月まで交際は事実も「完全解消」 誹謗中傷で疲弊/デイリースポーツ onlineグラビアアイドルの小島みゆ(28)の所属事務所が26日、談話を発表した。「一部週刊誌の報道について」と題した文面を公式サイトに掲載。週刊文春が昨年12月に35歳で急死した歌手で女優の神田沙也加さんと交際していた俳優・前山剛久(30)が、昨夏までアイドルと交際し、以降も連絡をとっていたと報道し、ネット上でそのアイドルが小島ではないかと噂になっている件について、説明を行った。 事務所は「今回の報道に関しまして、小島みゆ本人に事実確認を行ったところ、前山剛久氏とは実際にお付き合いをしておりましたが、2021年9月に前山氏からの申し出により解消しております」と明らかにした。

広島・小園がキャンプ初日からアピール誓う「まだレギュラーを取れていない」/デイリースポーツ online広島の小園海斗内野手(21)が26日、不動のレギュラーを目指してキャンプ初日から猛アピールすることに意気込んだ。年明けから松山市内で行ったヤクルト・山田、川端らと合同自主トレを打ち上げ、25日からマツダスタジアムで調整。松山での自主トレを終え「けっこうキツかったです。練習自体もいっぱいできて、頑張ってきました」と充実感を漂わせた。 打撃面では体重移動やバットのヘッドの使い方など、あらゆる試みを繰り返した。同じ左打者の川端からは「『良くなっているから、それを続けて悪くなった時にどうするか』と言ってもらった」と背中を押してもらったという。

弘中綾香アナ「なりたい顔」ベスト3 2位Cocomi&Koki「何百万円の服にも顔負けない」/デイリースポーツ onlineテレビ朝日・弘中綾香アナウンサーが25日放送の同局「ロンドンハーツ」に出演。番組で行われた「私たちのなりたい顔ランキング」の企画に参加し、自身のなりたい顔ベスト3を発表した。 好きな女性アナウンサーランキング3連覇達成と紹介され、弘中アナがなりたい顔は気になると話題になると、山崎弘也が「自分でしょ」とイジリ。弘中アナは「自分じゃないです!」と否定し、「正反対のなりたい顔があります」と語った。

新井宏昌氏 三女と稲垣の結婚に「いいスポーツマン」「家族が増えてうれしい」/デイリースポーツ online南海、近鉄での現役時代に通算2038安打を放ち、コーチとしては「イチロー」の名付け親としても知られる野球解説者・新井宏昌氏(69)が娘の幸せを喜んだ。モデルの三女・貴子(31)さんが26日、ラグビー日本代表でリーグワン・埼玉所属の稲垣啓太(31)との結婚を発表した。 新井氏は「野村克也さんをしのぶ会」に出席するために上京した昨年12月、稲垣と初めて会ったという。「その時は交際相手として紹介されましたが、いいスポーツマンで、いい男性だなという印象を受けました」と振り返った。

トラウデン直美 慶応大法学部今春卒業へ「本格的に社会人の責任感が」/デイリースポーツ onlineモデルのトラウデン直美(22)が26日、都内で、初のフォトブック「のらりとらり。」(小学館)の発売記念取材会を行った。地元・京都の金戒光明寺「虎の間」で撮影した写真が表紙を飾っており、寅年も相まって、「トラトラトラのトラ3拍子で縁起が良い。皆さんに福が舞い降りますように!!」とガオーッと虎ポーズ。慶応大法学部を今春卒業予定で、「焦ると心がブレるので、どっしり構えて積み重ねを丁寧にやりたいです。学生じゃなくなり、本格的に社会人になる責任感があります」と人生の節目に気を引き締めた。 コメンテーターとしても活躍しており、「前はすごく悩んで、『無理してない?』と周りからも言われましたが、ヤケだとそのとき感じたことを言おうとしたら、肩の力が抜けてやりやすくなりました」と成長を実感。知的イメージが浸透しても、「やりたいことしかやらない自由な5歳児。何でもハイと受け入れられるタイプじゃない」と自己分析していた。 自分の本を複数買いさせるイベントをすることは環境に配慮しているとは思えません。

NPB選手だけで50人超感染 どうなる?コロナ禍のキャンプ 岡氏は「若手選手のケアを」/デイリースポーツ onlineプロ野球界を新型コロナウイルスの猛威が襲っている。この日も阪神の新守護神候補・岩崎、中日からFA移籍したソフトバンク・又吉、西武・金子らが感染。すでに各球団はキャンプ1、2軍のメンバー振り分けを行っているが、合流時期が未定でスタートに間に合わないなど大きな影響を及ぼしている。 第1クールから紅白戦などの実戦を予定している球団もある中、広島、阪神、オリックスで長くコーチを務めてきたデイリースポーツ評論家・岡義朗氏は「こればっかりは国全体のことだから」と前置きした上で「気をつけなければいけないのは、コロナにかかってしまった後。ペース配分であったり、用心せなあかんことはあるよね」と語った。

グラビアアイドル・小島みゆ(28)が26日、都内で行われた「K-1 AWARDS 2021」に、「K-1GIRLS」として青のドレス姿で出席した。 ラウンドガール部門「ベストガールズ賞」の候補者だったが、惜しくも受賞は逃した。MVPとして野杁正明選手が発表された際には、プレゼンターを務めたお笑いコンビ・錦鯉らと一緒に、壇上で拍手を送っていた。 .小島みゆの事務所 神田沙也加さん恋人・前山と昨年9月まで交際は事実も「完全解消」 誹謗中傷で疲弊 2枚 グラビアアイドルの小島みゆ(28)の所属事務所が26日、談話を発表した。「一部週刊誌の報道について」と題した文面を公式サイトに掲載。週刊文春が昨年12月に35歳で急死した歌手で女優の神田沙也加さんと交際していた俳優・前山剛久(30)が、昨夏までアイドルと交際し、以降も連絡をとっていたと報道し、ネット上でそのアイドルが小島ではないかと噂になっている件について、説明を行った。 事務所は「今回の報道に関しまして、小島みゆ本人に事実確認を行ったところ、前山剛久氏とは実際にお付き合いをしておりましたが、2021年9月に前山氏からの申し出により解消しております」と明らかにした。 それ以降については「小島自身と致しましては、関係を解消した後、前山氏から連絡がきた際は、関係解消しているので当たり障りのないやり取りを意識していたとのことです」とした。 噂が拡散し、最近は、小島のSNSに批判的なコメントが投稿される事態となっていた。 事務所は「今回事実と異なる憶測も拡がっている為、このような形でご報告させて頂いた次第です」と状況を説明。「小島みゆ本人も今回の報道及びネットでの誹謗中傷などにより精神的に大変疲弊しております。関係各所及び弊社所属タレントを対象とした誹謗中傷については、ご配慮頂けますようお願い申し上げます」と求めた。 前山は1月5日に心身の不調のため、芸能活動を当面休止することを発表。.広島の小園海斗内野手(21)が26日、不動のレギュラーを目指してキャンプ初日から猛アピールすることに意気込んだ。年明けから松山市内で行ったヤクルト・山田、川端らと合同自主トレを打ち上げ、25日からマツダスタジアムで調整。松山での自主トレを終え「けっこうキツかったです。練習自体もいっぱいできて、頑張ってきました」と充実感を漂わせた。 打撃面では体重移動やバットのヘッドの使い方など、あらゆる試みを繰り返した。同じ左打者の川端からは「『良くなっているから、それを続けて悪くなった時にどうするか』と言ってもらった」と背中を押してもらったという。 昨シーズンは113試合に出場。上位打線を担い、プロ入り初の規定打席に到達。いずれもキャリアハイとなる打率・298、5本塁打、35打点の成績を残して遊撃のレギュラーに定着した。さらなる飛躍へ、2月1日から早速アピールしていく考え。「まだレギュラーを取れていない。しっかり(キャンプ)初日からアピールできるように、やっていきたい」と決意を新たにした。.テレビ朝日・弘中綾香アナウンサーが25日放送の同局「ロンドンハーツ」に出演。番組で行われた「私たちのなりたい顔ランキング」の企画に参加し、自身のなりたい顔ベスト3を発表した。 好きな女性アナウンサーランキング3連覇達成と紹介され、弘中アナがなりたい顔は気になると話題になると、山崎弘也が「自分でしょ」とイジリ。弘中アナは「自分じゃないです!」と否定し、「正反対のなりたい顔があります」と語った。 大久保佳代子、鈴木奈々らとともに、自身のベスト3を発表。 3位はBLACKPINKのジェニーで「童顔なんですけど色気も。私、童顔で終わっちゃってる」と説明。 2位は木村拓哉・工藤静香夫妻の娘のモデルCocomi、Koki姉妹を挙げ「インスタグラムよくチェックしてるんですけど、起きたばかりでボサボサの髪でもすごいかわいい。目が切れ長で横に広くて、メイクが映える」と語った。さらに「ハイブランドのミューズをやっていて、何百万する服を着ても顔が負けない」と指摘し、「よくいるじゃないですか、負けてる人…」とオーバーランする一幕も。 1位は小松菜奈で、「かわいい!かわいい!」と手を叩きながら「日本一、アンニュイな顔が似合う」と指摘していた。.