小さなボディに400psエンジンを秘めて NEWアウディRS3スポーツバック/セダン試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」

2022/01/26 7:00:00

2021年11月27日に日本で発表された新型アウディRS3。アウディA3をベースにしたスポーツバージョンだ。そのRS3にギリシャで先行試乗! EVシフトが進むアウディが送り出すエンジン搭載のスポーツモデルの実力は?

2021年11月27日に日本で発表された新型アウディRS3。アウディA3をベースにしたスポーツバージョンだ。そのRS3にギリシャで先行試乗! EVシフトが進むアウディが送り出すエンジン搭載のスポーツモデルの実力は?

2021年11月27日に日本で発表された新型アウディRS3。アウディA3をベースにしたスポーツバージョンだ。そのRS3にギリシャで先行試乗! EVシフトが進むアウディが送り出すエンジン搭載のスポーツモデルの実力は?

ギリシャの首都アテネで行われた試乗会に現れたニューRS3はハッチバックとセダンの両方だ。そのボディは、立体的なハニカムフロントグリル、高性能ブレーキを冷却するために大きく広がったエアインテーク、またチェッカーフラッグがレイアウトされたLEDヘッドライトシステム、33mmワイドなクワトロブリスターフェンダーで構成される。

続きを読む: ベストカー »

基本プレイ無料のSFオープンワールドRPG『Tower of Fantasy(幻塔)』キャラメイクが楽しめる事前ダウンロードがスタート。正式サービスは8月11日開幕

Level Infiniteは8月10日(水)、『Tower of Fantasy(幻塔)』(以下、幻塔)の事前ダウンロードをスタートした。 続きを読む >>

美しくてカッコよくて売れまくり…トヨタハリアー 元祖クロスオーバーSUVの魅力と実力 - 自動車情報誌「ベストカー」現行型のハリアーが登場したのは、2020年6月のこと。発売から1年半が経った現在も、その販売は絶好調。クロスオーバーSUVというジャンルが人気になって久しく、ライバルも多い中、なぜハリアーはこれほどの人気を維持できるのだろうか。 会社まで彼氏に送り迎えしてもらったひといたけど、あれは一つ前のモデルかな?

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第78回 - 自動車情報誌「ベストカー」【車名当てクイズ】ホンダの米国部門が生産したスタイリッシュなステーションワゴン。覚えていますか? アコードワゴン🤔❓ アコードですかね?🤔 アコードワゴンだ(^_^)懐かしいな同級生の母親が昔に乗ってたな。またアコードワゴン復活して欲しいな。

1980年生まれ、「松坂世代」の魅力的なクルマたちを追う! - 自動車情報誌「ベストカー」怪物の異名を持ち、昨年現役を引退した元プロ野球選手、松坂大輔氏の生まれは1980年。日本は好景気へと向かう最中で、革新的な技術を搭載したニューモデルが多数デビューしたアツい年である。そんな1980年にデビューした「松坂世代」のモデルについて深堀りする! ↑下の写真、日産の、初代サファリ

飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年、2020年の90,748台(5位)を上回る95,049台を売り上げたアルファード。このアルファード躍進のうらで、兄弟車である「ヴェルファイア」の失速が加速している。ヴェルファイアに未来はあるのか。失速の理由とともに、考察する。 この威圧的なフロントグリル 後ろから迫ってきたら 道を譲りたくなるな・・まるでガーッ❗️と口を開いた猛獣のようだ まあ30前期に関してはヴェルファイアのほうがかっこいいと思うけど後期に関しては圧倒的にアルファードの方がかっこいいからなあ _Creative_Trendというゴキブリが、御社の記事を無断使用し、難癖を付けてますよ。

オデッセイ、シャトル、CR-V、レジェンド、インサイト…さようならホンダの名車たち5台の功罪 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年から2022年にかけてホンダは販売車種の再編を進め、かつて時代を築いた名車たちもひっそりと姿を消すことになった。その理由はさまざまだが、それぞれが自動車史の中で大きな意味を持ったクルマであったことは間違いない。 今回は、惜しま… インサイト、次はSUVに姿を変えて復活? 狭山工場閉鎖が原因なのかも 建て替えできないんだろうな 悪夢の民主党政権 のときに移設の計画したから

絶滅危惧種か希望のハイテク技術か 最新ディーゼルエンジンの長所と実力 - 自動車情報誌「ベストカー」「うるさくて環境に悪い」は昔の話、ディーゼル車は弱点を克服し、ガソリン車に負けない優れた特性がある。電動化に進む世の中で、ディーゼルエンジンの進化は、自動車メディアや評論家を唸らせている。最新ディーゼルエンジンのいいところ4選をご紹介。

この性能に合わせたシャシーはハッチバックとセダンともに、A3に対して25mm、S3よりも10mmローダウンされたスポーツシャシー、新設計のディスクブレーキ、さらにオプションではセラミックブレーキも用意される。 ギリシャの首都アテネで行われた試乗会に現れたニューRS3はハッチバックとセダンの両方だ。 そのボディは、立体的なハニカムフロントグリル、高性能ブレーキを冷却するために大きく広がったエアインテーク、またチェッカーフラッグがレイアウトされたLEDヘッドライトシステム、33mmワイドなクワトロブリスターフェンダーで構成される。 さらにリアでは2本の楕円形ビッグエグゾーストパイプ、RS専用デザインのディフューザーなどでハイパーハッチぶりを見せつけている。 .1997年に誕生した、初代ハリアー。「WILD but FORMAL」というキャッチフレーズのもと、スポーティで力強いスタイリングと高級車の融合という新しいコンセプトで登場した。ライオンのマスクを被ったタキシード姿の紳士がハリアーに乗る印象的なCMを覚えている方も多いだろう。この初代ハリアーの成功により、同じコンセプトのSUVが各自動車メーカーから誕生することになった。 2代目は2003年に登場。2.4代目のCB型アコードが発売されてから約1年半後、アコードワゴン/クーペが登場。日本で生産された4ドアセダンに対して、ワゴンとクーペはホンダ・オブ・アメリカが開発/生産を手掛けた逆輸入車に相当します。 専用ボディは4725mm×1725mm×1440mmの3ナンバーサイズ。セダン/クーペに搭載された2L直4エンジンに対し、ワゴン用のエンジンは2.1979年、日産はセドリックとグロリアのL20E型直列6気筒エンジンにターボチャージャーを装着し、高性能と低燃費を両立させた。また、キャブレターに代えて高精度の電子制御燃料噴射装置を採用するクルマも増えてくる。 エンジン本体も、OHV方式から高回転化しやすいSOHCへと進化。DOHCエンジンを含め、10年足らずの間に4バルブは珍しいものではなくなる。駆動方式も、ファミリーカーやコンパクトカーの主流は前輪を駆動する「FF」だ。 コンパクトカーや軽自動車は、1970年代半ばからFF車が一気に増えた。後輪駆動のFR方式に固執していたマツダも1980年6月にファミリアをモデルチェンジさせた時にFF化に踏み切っている。 主役はカジュアル感覚を前面に押し出した3ドアハッチバックだ。VWゴルフを徹底研究して送り出し、FF方式に転換した第5世代のファミリアは、デートカーとして若者たちに持てはやされた。圧倒的な人気を誇ったのは、電動サンルーフやラウンジシートなどを標準装備した1500XGだ。 特に真っ赤なXGは大ブレイクした。これ以降、赤いボディカラーはマツダのイメージカラーになっている。アウトドアブームも人気を後押しし、サーファーが好んでFFファミリアを選んだ。 真っ赤なマツダ 5代目ファミリア。ルーフにサーフボードを載せた「陸サーファー仕様」が流行した このサーファー人気に便乗し、にわか仕込みの「陸(おか)サーファー」が街にあふれた。また、ファミリアはドレスアップブームに火をつけている。この時期、エアロパーツやドアミラーは認可されていなかったが、流行に敏感な若者たちは海外用のものをチョイスして装着した。 5代目ファミリアはカローラとサニーからベストセラーカーの座を奪い、第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いている。.