将棋王座戦に見る言葉の力 憲法学者 木村草太

将棋王座戦に見る言葉の力 憲法学者・木村草太

2021/10/23 21:13:00

将棋王座戦に見る言葉の力 憲法学者・木村草太

第69期将棋王座戦が、永瀬拓矢王座の3連覇で決着した。ここ十年でAI(人工知能)の力がタイトルホルダーをも上回り、将棋界は変わった。棋士からは「PCのスペックは大事」「使っているソフトは研究上の機密」など、理系研究室のような声が聞こえてくる。挑戦者の木村一基九段も例外ではない。五番勝負開幕前のインタビューでは、挑戦権をとらないと元がとれない位に「結構な値段」のPCを購入したと語った。渡辺明名人

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

池江璃花子「波瀾万丈」今年1年振り返る「いい経験をしたし悔しい思いも」 - 水泳 : 日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)競泳女子代表で日大3年の池江璃花子(21=ルネサンス)が、2021年を「波瀾(はらん)万丈」の4文字で振り返った。この秋から新主将を務… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

最高給与を決めれば、最低賃金は自動的に決まる。 中国の国家主席の年俸は900万円です。 日本の天皇の年俸は1億円程度らしい。