サブカル, 宇垣美里

サブカル, 宇垣美里

宇垣美里:アナウンサーとしてのスタンス語る「ノイズにならないのが大事」 先輩・桝田絵理奈の言葉に… - 毎日新聞

フリーアナウンサーの宇垣美里さんが14日、東京都内で行われた映画「スキャンダル」(ジェイ・ローチ監督、21日公開)の公開記念イベントに登場。日本と米国のメディアの違いについて語りました。

2020/02/15 10:40:00

フリーアナウンサーの 宇垣美里 さんが14日、東京都内で行われた映画「スキャンダル」(ジェイ・ローチ監督、21日公開)の公開記念イベントに登場。日本と米国のメディアの違いについて語りました。

フリーアナウンサーの 宇垣美里 さんが2月14日、東京都内で行われた映画「スキャンダル」(ジェイ・ローチ監督、2月21日公開)の公開記念イベントに登場した。映画にちなんで日本と米国のメディアの違いを聞かれた宇垣さんは「こういうところが違うというのは一概に難しいですが、日本のアナウンサーとは変わっている

宇垣さんは、TBSの局アナ時代に目標としていた先輩アナウンサーとして、同じ元TBSアナウンサーだった桝田絵理奈さんの名前を挙げ、「『アナウンサーって100準備してもおそらく1伝わるか伝わらないか。でも100準備できるどうかが本当に伝えたいことを伝えられるかどうかの分かれ目』『バラエティーで映ることが少なかったとしても、番組が円滑に進んで出演者の方が楽しく過ごせたら、そのお手伝いをできたとしたら、それが一番のアナウンサーの仕事』と教えていただいた」と振り返った。「『すごく映りたい』とは思わず自分ができることをしようと思えたのは、絵理奈さんのお陰」と感謝の言葉を口にした。

来夏、4連休+3連休に 東京五輪の特措法が成立へ - ライブドアニュース 『TENET テネット』吹き替え版に田村真&櫻井孝宏!1.8ブルーレイ&DVD発売 - ライブドアニュース 緊急宣言でも休校せず 文科相 - Yahoo!ニュース

イベントには社会学者でコメンテーターの古市憲寿さんも登場した。映画「スキャンダル」は、2016年に米国「FOXニュース」で実際に起きたスキャンダルを描いた。クビを言い渡されたメインキャスターが、FOXのCEOを告発し……というストーリー。オスカー女優のシャーリーズ・セロンさん、ニコール・キッドマンさん、オスカーにノミネートされた女優のマーゴット・ロビーさんの共演が話題になっているほか、先日開催された「第92回アカデミー賞」で、日本出身のメーキャップアーティストのカズ・ヒロ(旧名は辻一弘)さんがメーク・ヘアスタイリング賞を受賞したことでも知られている。

続きを読む: 毎日新聞 »

茨城県で震度5弱 津波の心配なし | NHKニュース

【NHK】22日午後7時6分ごろ地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震源地は茨城県沖で震源の深さは40キロ、地…

そんなことより美里ちゃん、俺と結婚しよう

スコットランド人はなぜ「親欧州」なのか | ウェストエンドから | 服部正法 | 毎日新聞「政治プレミア」英国が1月31日に欧州連合(EU)を離脱した。離脱を決めた国民投票から約3年半、ようやく達成できたブレグジット(英国のEU離脱)だが、これに伴って足もとの国内が揺れている。 EU離脱 の時の国民投票でも、スコットランド は離脱反対が過半数だった。なので、この動きはでてくると思った。仮に独立は承認されなくても、スコットランド単独で EU 加入(復帰?)となるかも

3度目の拘束 ケイコ・フジモリ氏は大統領になれるか | ラテンアメリカから | 山本太一 | 毎日新聞「政治プレミア」1月26日に投開票された南米ペルーの国会議員選(1院制、定数130)でアルベルト・フジモリ元大統領(81)の長女ケイコ氏(44)が率いる最大野党「人民勢力党」が惨敗した。党首ケイコ氏の汚職疑惑に揺れ、汚職対策に消極的な人民勢力党の姿勢に、有権者が厳しい判断を突きつけた。ケイコ氏が有力候補と見られて

好みの音楽に合った「場所」探すアプリ「Placy」 “文化的価値”を可視化 - 毎日新聞音楽の好みに応じてお勧めの場所を探してくれるスマートフォンアプリ「Placy(プレイシー)」が2019年9月に無料配信された。アプリと同名のITベンチャー「Placy」社長で開発者の鈴木綜真さん(26)が試行錯誤しながら思い描くのは、均質化されない新たな都市空間の創造だ。なぜこのアプリでそんな思い

「人質司法」醜悪すぎる実態 逃亡ゴーン被告が国際社会に“告発” - 毎日新聞身柄を長期間拘束し、自白を迫る。濡れ衣であっても、いったん応じてしまえば、その供述は証拠として採用されてしまう。むろん、覆すのは困難を極める……。そんな〝日本の常識〟が、国際社会から「人質司法」と厳しい批判にさらされている。きっかけはそう、逃亡したあの男の〝告発〟である。 あなたの弁護を引き受けた、 弁護士さんに… 一言、お願いします。

特集ワイド:「汚れた桜」取材記者が語り尽くす 法の趣旨、ここまで無視 - 毎日新聞毎日新聞ニュースサイトを主な舞台に「桜を見る会」の問題を追い続け、「汚れた桜 『桜を見る会』疑惑に迫った49日」(毎日新聞出版)を出版した毎日新聞統合デジタル取材センターの江畑佳明、大場伸也、吉井理記の3記者と斉藤信宏センター長が、1月29日に東京・渋谷のブックカフェで開かれた読者との交流イベント 気色悪い連中 許される! という前例が、 あれだけの傲慢かつ怠慢を… 当然としているのでしょうね? あれだけ強気なのだから、 絶対的権力と 揺るぎない その確信があるのでしょう。 権力あれば、 正義すら取り込み 自由で操作され 罪などありえない!と

花谷寿人の体温計:格差映画の時代に - 毎日新聞大人が子供との連係プレーで巧みに万引きを繰り返す。是枝裕和監督の映画「万引き家族」のワンシーンは強烈な印象を残す。 2018年のカンヌ国際映画祭で、邦画としては21年ぶりに最高賞のパルムドールを受賞した。