存在感高める「実力派」イスラエル外相(写真=ロイター)

存在感高める「実力派」イスラエル外相

2021/09/27 4:00:00

存在感高める「実力派」イスラエル外相

イスラエルでベネット首相(49)率いる新政権が発足して3カ月たち、連立合意の立役者であるラピド外相(57)が存在感を高めている。就任早々に積極的に外遊する一方、12年続いた対パレスチナ強硬派のネタニヤフ政権下で悪化した米民主党との関係再構築にも意欲を示す。連立合意により2年後に首相に就任する予定だが、混乱が続いてきたイスラエル政治を変えることができるのか。その人物像を探った。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

首席で卒業も就活難、地下鉄駅で自分を売り込み ロンドン - BBCニュース

就職活動に「嫌気が差した」マリクさんは、立て看板を作って金融街のカナリー・ワーフ駅に立ち、未来の雇用主たちに自分を売り込み始めた。

新興国、コロナで教育に打撃 収入減で2400万人中退懸念(写真=ロイター)新型コロナウイルスが新興国の教育に打撃を与えている。家庭の収入減で中退を余儀なくされる子供が増えたほか、休校でもオンライン授業など代替手段へのアクセスが限られる地域が多い。教育機会を失うことで、世界で320兆円規模の生涯収入が失われるとの試算もある。先進国と新興国、都市と農村の格差がさらに広がりかねないとの懸念が高まっている。「新型コロナ禍で家の収入が減っているのに、オンライン授業で通信費など

香港、天安門追悼の団体が解散 中国民主化を長年訴え(写真=ロイター)【香港=木原雄士】香港で天安門事件の犠牲者の追悼集会を長年開いてきた民主派団体、香港市民愛国民主運動支援連合会(支連会)が25日、解散を決めた。香港国家安全維持法(国安法)による弾圧が強まり、活動を続けるのが難しいと判断した。今後、中国国内で人権問題や民主化を訴える活動は一段と難しくなる。支連会が25日、臨時の会員総会を開いて決議した。1989年に設立され、毎年、天安門事件があった 香港がどんどん中国に侵略され、 悲しいです。 今は、地下に潜る時。 中国恒大は市場のやり方で対処するのは不能だから、習近平が潰すのも同じ。資本市場関係者、投資家からは、習近平は一切信頼されなくなるだろう。 やがて、共産党内も対立が激しくなる。文化習革命をやれば、共産党政権自体が崩壊に近づく。 あせる必要は無い。 時は来る! hunter_sbs 自由主義国(例えば英国)で共産制を併存する一国二制度をやっても、同じ展開になったと愚行 所詮「このやり方(自由主義)は間違ってる」と思っている為政者に、対極に位置する政治体制を維持しろという方が無理 自国の影響力を過信し、相手国(中国)を過小評価した英国の失敗にほかならない 連合国はクソ

米中、駆け引き激化 ファーウェイ副会長を3年ぶり解放(写真=ロイター)【ワシントン=鳳山太成、広州=川上尚志】バイデン米政権は24日、カナダで拘束された中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を解放した。中国も解放を前向きに捉えており、3年弱にわたる米中の懸案が1つ片付くことになる。もっとも、米は同社への制裁は続ける構えで、米中間の駆け引きが激しくなっている。米司法省は24日、誤りを認める代わりに起訴を猶予することで 忠犬バイデンは、ご主人様の命令は絶対です。 2050アマテラス(太陽文明) 2100アマテラス(太陽文明)を予想していた。 ところが、神の配剤である新型コロナが出現した。 新型コロナは正義の味方です。悪党を追放する。浄化する。 水や空気が浄化され、自然(神)が回復する。 2050アマテラス(太陽文明) バードマン(最小王) 中華人民共和国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟容疑者・副会長兼最高財務責任者(CFO)を釈放したのか。犯した罪は消えないけどな

EV、CO2削減「より優位」 再生エネ拡大にらみIEA試算(写真=ロイター)【フランクフルト=深尾幸生】自動車が製造段階から廃棄されるまでのライフサイクルで排出する二酸化炭素(CO2)量を巡り、国際エネルギー機関(IEA)などが世界のほぼすべての地域で電気自動車(EV)がガソリン車より少なくなるとの試算をまとめた。各国の再生可能エネルギーの導入拡大計画をふまえ、発電時の排出が漸減する前提を置いた。CO2削減におけるEVの優位性を強調している。「EVの温暖化ガスのライフ シリコンバレーと深圳の戦争です。 舛添要一 中国外務省は、ファーウェイの孟晩舟副会長の拘束は、アメリカによる「政治的迫害」だと非難した。 楽に金儲けしようとする 奴らを排除するべきだ。 気温が低くなるとリチウムイオン電池の持ちが悪くなるけど、EVだとどれくらい影響あるんだろうか。

コロナワクチン、変異型どう対処 接種率向上か3回目か(写真=ロイター)新型コロナウイルスのワクチンは、人間の体に備わる免疫系を訓練する。ウイルスが体内に入ってきたときに私たちの体が上手に対処できるようにする訓練だ。ところが変異ウイルスのなかには、ワクチンの訓練で得た免疫をかいくぐるものがある。世界で猛威を振るう感染力の強いデルタ型はその一つだ。世界保健機関(WHO)は変異ウイルスのワクチンへの影響をまとめ、随時公表している。デルタ型に対しては、ファイザー製のワク そもそも変異と時間でもう効かなくなる寸前なんだから、無理して打つこと、打たせることの政策自体を見直すべきで、それを理解しようとしない脳死の政府とマスコミは遅すぎてダメです。 なんぼ頑張ってもワクチンでは対応しきれない。 できるのであれば、インフルエンザは撲滅できている。 治療法に舵をきるべき。 医療従事者、特にコロナ治療担当者は、初期に接種した人はすでに半年過ぎて、抗体が下がっている人も居るだろうから、3回目優先すべき。 火災現場に防火服なく飛び込むようなものでしょ。 一般人は、治療する側の人が感染して居ませんとなったら、自分で人工呼吸器などは付けられんのよ。

圧力か対話か ドイツの対中政策の行方(写真=ロイター)ドイツ連邦議会選(総選挙)が26日に行われ、4期16年の任期を終えてメルケル首相は退任する。次期政権の対中政策はどうなるのか。ドイツ政界における外交政策の論客への取材から考察してみる。足元の各種世論調査では中道左派の社会民主党(SPD)が25%強の支持率で首位。僅差でメルケル首相の保守系のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が追う。メルケル政権では連立を組むSPDと保守系による接戦だ。続 僕のエクササイズ 1.ラジオ体操(日本式) 2.太極拳(中国式) 3.速歩(米国式) 4.コンブお笑いヨガ(インド式) これが完璧なエクササイズです。 バードマン(最小王) 圧力? ドイツレベルの国でそんなチカラある?!