太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場

太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場

23.10.2019

太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場

太陽光と水から燃料に使用可能なガスを合成できる「人工葉」を開発したと、ケンブリッジ大学の研究チームが発表しました。学術誌Nature Materialsに掲載された論文によると、今回開発された人工葉は比較的安価なコバルトを使用しているため低コストで生産が可能で、雨や曇の日など太陽光が弱い時でも安定して燃料を生産することができるとのことです。

アンドレイ氏は「風力や太陽光などの再生可能エネルギーは、2019年現在のところ世界の総エネルギー需要の約25%しか満たすことができません」と指摘。今後の地球温暖化対策には、化石燃料の代わりに発電や運送に使うことができるエネルギー源が鍵になるとの見方を示しました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン)

現実世界をリアルタイムで反映するVR空間を作成することで動き的な制限から解放される「DreamWalker」が登場現実空間をカメラでスキャンして即座に仮想現実(VR)空間の環境に反映することで、体を動かしながらVR空間を探索できるようになる「DreamWalker」をMicrosoftが発表しました。DreamWalkerはユーザーインターフェース関連技術を扱う国際イベントUser Interface Software and Technology 2019で発表されました。 非加速のアクセルワールドだな。

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

23 10月 2019, 水曜日 ニュース

前のニュース

緊急閉店したバーガーキング渋谷センター街店 ゾンビ向け店舗に - ライブドアニュース

次のニュース

Google製スマートフォンの最新モデル「Pixel 4」&「Pixel 4 XL」開封&外観レビュー