大豆ミートを使用した「大豆ハムカツバーガー」がコメダから登場、ハムカツの再現度を実際に食べて調べてみた

大豆ミートを使用した「大豆ハムカツバーガー」がコメダから登場、ハムカツの再現度を実際に食べて調べてみた

2021/10/22 5:45:00

大豆ミートを使用した「大豆ハムカツバーガー」がコメダから登場、ハムカツの再現度を実際に食べて調べてみた

地球温暖化に対する関心の高まりから「植物由来の人工肉」が注目を集める中、コメダ喫茶店が大豆などを主原料とした「大豆ミート」のハムカツを使った「大豆ハムカツバーガー」を2021年10月20日から販売しています。大豆ミートのハムカツがどのような味わいになってるのか気になったので、実際に食べてみました。

実際に食べてみると、かなりソースが濃く、大豆ハムカツの本来の味わいを上書きしているですが、確かにハムっぽい「肉感」はしっかりと感じられます。食感についてはバンズはフワフワ、キャベツはシャキシャキ、大豆ハムカツの衣はサクサクとそれぞれ印象的。ソースの味が濃いほうがハムカツっぽい、といってもちょっとソースの味で大豆ハムカツの味がごまかされているような気がしたので、ハム部分だけ食べてみることに。ピンポイントでハム部分のみ食べてみると、肉の脂っぽさは控えめという感がありますが、「ほぼほぼハム」という出来映え。言われなければ大豆だとわからないどころか、言われたとしても「え、ホントに大豆ハム?」と言いたくなるようなレベルに達している印象でした。

北朝鮮拉致の疑いがあった女性、国内で発見 昭和55年に失踪 - ライブドアニュース アニメ『岸辺露伴は動かない』テレビ初放送 「懺悔室」「六壁坂」「富豪村」「ザ・ラン」 - ライブドアニュース キバナの帽子で自撮りしよ! 『ポケモン剣盾』トレーナーの休日がグッズに - ライブドアニュース

「大豆ハムカツバーガー」は一部店舗を除く全国のコメダ喫茶店で2021年10月20日(水)~2021年11月下旬まで購入可能。価格については店舗ごとに差があり、税込580円~610円とのことです。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

寒さ苦手なカピバラに温かい「ゆず湯」をプレゼント 石川 能美 | NHKニュース

【NHK】本格的な冬の訪れを前に石川県能美市の動物園では、寒さが苦手なカピバラにあたたかい「ゆず湯」がプレゼントされました。