大谷翔平 5連勝で8勝目 7回2安打1失点、3戦連続2桁K 自らV打 再度の連敗ストッパー - MLB : 日刊スポーツ

2022/07/07 8:03:00
大谷翔平 5連勝で8勝目 7回2安打1失点、3戦連続2桁K 自らV打 再度の連敗ストッパー - MLB : 日刊スポーツ

大谷翔平 5連勝で8勝目 7回2安打1失点、3戦連続2桁K 自らV打 再度の連敗ストッパー #大谷翔平 #ShoheiOhtani #エンゼルス #Angels #ShoTime #mlbjp

Shoheiohtani, Angels

大谷翔平 5連勝で8勝目 7回2安打1失点、3戦連続2桁K 自らV打 再度の連敗ストッパー 大谷翔平 ShoheiOhtani エンゼルス Angels ShoTime mlbjp

エンゼルス大谷翔平投手(28)がリアル二刀流の活躍で自身5連勝を飾り、今季8勝目と28歳初勝利を手にした。7回100球で2安打3四球の1失点(自責0)、奪三振… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

[2022年7月7日10時51分]マーリンズ対エンゼルス 5回裏、雄たけびを上げながら、力投する大谷(撮影・狩俣裕三)<マーリンズ2-5エンゼルス>◇6日(日本時間7日)◇ローンデポパークエンゼルス大谷翔平投手(28)がリアル二刀流の活躍で自身5連勝を飾り、今季8勝目と28歳初勝利を手にした。7回100球で2安打3四球の1失点(自責0)、奪三振は10。打者では同点の5回に決勝の2点適時打を放つなど、4打数1安打2打点。大谷は試合後、「初回に1点をとられたので、そこから粘れたのがよかったです。(打撃でも)いいところで1本出て、チーム的にも中盤以降は戦えたのかなと思います」と振り返った。

終わってみれば会心の勝利だったが、立ち上がりは苦しんだ。初回、味方の失策から先制点を許し、メジャー自己最長の連続イニング無失点も21回2/3でストップした。2回も得点圏に走者を背負ったが、そこから本来の投球を取り戻した。100マイル(約160キロ)超の直球と切れ味鋭い変化球を操り、打者15人を連続凡退。7回2死からこの回2つめの四球を与えた場面でコーチがマウンドへ向かったが、続投。最後は空振り三振で締めくくった。3試合連続2ケタ奪三振は自身初となった。打っては5回。トラウトの押し出し死球で同点とした直後の第3打席だ。2死満塁から外角直球を逆らわず左前に流し、自らのバットで2点を勝ち越した。7回には1番ピラーと重盗を決め、今季の盗塁数を2桁10に乗せると、貴重な5点目のホームを踏んだ。

続きを読む: 日刊スポーツ »

大谷翔平にアクシデント 接触相手ゴンザレス「上に乗ってしまい、足を壊したかと一瞬考えたよ」 - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(28)が、マリナーズ戦に「2番DH」で出場し、3回の第2打席前にアクシデントに見舞われた。1死二塁から1番ウォードが左前打を放ち、二走… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

大谷翔平、またしても連敗ストッパーへ 4連敗中も日本時間6日に28歳初先発、5連勝&8勝目狙う28歳の誕生日を迎えたエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地・マーリンズ戦に「3番・指名打者」でフル出場。3打数無安打、1四球1盗塁に終わった。チームは2点を追う9回1死満塁の好機を作

MLB:「鹿のような俊足」大谷翔平、MLB公式サイトが誕生日に「八つのギフト」で祝福5日(日本時間6日)に米フロリダ州マイアミで行われた大リーグ、マーリンズ―エンゼルス戦で、大谷翔平は28歳の誕生日を白星で飾れなかった。今季防御率1点台の好投手、アルカンタラの前に内野ゴロ3つに倒れるなど、メジャー2本

大谷翔平、3打席目まで凡退 マーリンズ剛腕アルカンタラは100マイル超える速球マーク - MLB : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(28)が「3番DH」で出場し、第1打席は三ゴロに倒れた。1回2死、速球派右腕のアルカンタラと初対戦。フルカウントからの7球目、外角のチ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

MLB:【速報中】大谷翔平、七回に楽々と二盗に成功…タッチアップで三塁へ米大リーグは5日(日本時間6日)、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平は敵地・フロリダ州マイアミでのマーリンズ戦に3番指名打者で出場した。マーリンズの先発は右腕アルカンタラ。今季ここまで8勝3敗、防御率1・95。月間最優

大谷翔平、打てないエンゼルス 5戦連続2ケタ三振食らう…8回終了時点で2安打無得点大谷翔平 、打てない mlb エンゼルス 5戦連続2ケタ三振食らう…8回終了時点で2安打無得点 野球 baseball

大谷翔平「3番DH」出るか19号28歳バースデー弾/マーリンズ戦速報中 - MLB : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(28)は「3番DH」でマーリンズ戦に出場。大谷はこの日28歳の誕生日を迎えた。相手の先発はマーリンズのエース右腕アルカンタラ。今季は8… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大谷翔平 5連勝で8勝目 7回2安打1失点、3戦連続2桁K 自らV打 再度の連敗ストッパー [2022年7月7日10時51分] マーリンズ対エンゼルス 5回裏、雄たけびを上げながら、力投する大谷(撮影・狩俣裕三) <マーリンズ2-5エンゼルス>◇6日(日本時間7日)◇ローンデポパーク エンゼルス大谷翔平投手(28)がリアル二刀流の活躍で自身5連勝を飾り、今季8勝目と28歳初勝利を手にした。7回100球で2安打3四球の1失点(自責0)、奪三振は10。打者では同点の5回に決勝の2点適時打を放つなど、4打数1安打2打点。大谷は試合後、「初回に1点をとられたので、そこから粘れたのがよかったです。(打撃でも)いいところで1本出て、チーム的にも中盤以降は戦えたのかなと思います」と振り返った。 終わってみれば会心の勝利だったが、立ち上がりは苦しんだ。初回、味方の失策から先制点を許し、メジャー自己最長の連続イニング無失点も21回2/3でストップした。2回も得点圏に走者を背負ったが、そこから本来の投球を取り戻した。100マイル(約160キロ)超の直球と切れ味鋭い変化球を操り、打者15人を連続凡退。7回2死からこの回2つめの四球を与えた場面でコーチがマウンドへ向かったが、続投。最後は空振り三振で締めくくった。3試合連続2ケタ奪三振は自身初となった。 打っては5回。トラウトの押し出し死球で同点とした直後の第3打席だ。2死満塁から外角直球を逆らわず左前に流し、自らのバットで2点を勝ち越した。7回には1番ピラーと重盗を決め、今季の盗塁数を2桁10に乗せると、貴重な5点目のホームを踏んだ。 試合前時点でチームは4連敗中、今季ワーストの借金8を背負っていた。連敗ストッパーとして、またも投打で躍動。殊勲の二刀流は「今日以降また遠征もあるので、切り替えて連勝できるように頑張ります」と先を見据えた。 MLB最新ニュース .りながら1得点止まり。3安打1得点に終わり、4連敗で借金は今季ワースト8となった。 直近4試合は打線が沈黙して2、3、3、3安打のみ。5試合連続で2ケタ三振を喫し、5戦合計69三振と苦しい状況は続いている。6日(同7日)の敵地・マーリンズ戦で4連敗ストップへ先発のマウンドに上がるのは大谷だ。 投手としては4連勝中。ここまで13試合に登板して7勝4敗、防御率2・68と好成績を残している。6月9日(同10日)に14連敗を止めると、その後も3、2連敗をストップ。前回登板の同29日(同30日)本拠地・ホワイトソックス戦も連敗こそしていなかったが前日は敗れており、悪い流れを止めた。試合後には、チーム状況が良くない中での登板が続いていることについて「きついなと思ってマウンドに行くことはないので、どういう状況でもやることは変わらない」と話していた。 28歳初登板となる大谷。5連勝での8勝目を狙って、マイアミのマウンドに立つ。.目のバースデーアーチもならなかった。前例のない挑戦を続ける大谷を多くのファンやメディアが祝福した。(デジタル編集部) スタンドには、大谷の誕生日を祝福するカードを持つ多くのファンの姿が見られた。 また、大リーグ公式サイトは、「大谷からベースボールへの八つのギフト」と題した記事を掲載。大谷自身のプレーや挑戦が、野球の本場に多くの贈り物をしていると紹介することで大谷の誕生日を祝福する、粋なプレゼントとなっている。 そのギフトとは、<1>歴史的なパフォーマンス<2>163キロの速球と112キロのカーブの剛柔兼備<3>最もヒットにならないボール「スプリット」<4>特大ホームラン<5>鹿のような俊足<6>豊かな表情<7>ゲームの世界を現実化<8>野球の未来に新たな可能性を開拓――の八つ。詳細なデータなど具体的な数字を使って紹介しているほか、最後の<8>では、チームが二刀流の可能性を受け入れられる、などと考察を加えている。 この日の大谷は、快音は響かせられなかったが、「鹿のような俊足」で今季9個目の盗塁を決めた。日本時間7日には今季14度目のマウンドに上がり、8勝目を目指す。 強打者と剛腕投手を一人で演じる歴史的なパフォーマンスで、1日遅れの誕生日プレゼントを自身に贈ることができるか――。.マーリンズ対エンゼルス 4回表エンゼルス2死、三ゴロに打ち取られる大谷(撮影・狩俣裕三) <マーリンズ-エンゼルス>◇5日(日本時間6日)◇ローンデポ・パーク エンゼルス大谷翔平投手(28)が「3番DH」で出場し、第1打席は三ゴロに倒れた。 1回2死、速球派右腕のアルカンタラと初対戦。フルカウントからの7球目、外角のチェンジアップを捉えきれず、二塁ベース寄りに守っていた三塁手へのゴロとなった。 アルカンタラは最速101・5マイル(約163キロ)を誇る剛球右腕。大谷との対戦でも、第1打席で100マイル(約161キロ)を越える速球を3度マークした。 第2打席は4回1死、初球のチェンジアップにタイミングを外され、再び三ゴロで凡退した。 2点を追う7回無死一塁の第4打席は、99・4マイル(約160キロ)のシンカーに芯を外され、投ゴロ。二塁へ送球されてアウトとなり、大谷が一塁へ残った。 1死一塁から4番ウォードの打席で大谷は盗塁スタートを切り、二盗に成功。今季9個目の盗塁を決めた。その後、2死三塁となったが、得点にはつながらなかった。 MLB最新ニュース.