大谷翔平先制弾、相手先発ハビエルに7回まで大谷以外8選手で14三振喫しエンゼルス4連敗 - MLB : 日刊スポーツ

2022/07/02 8:36:00

大谷翔平先制弾、相手先発ハビエルに7回まで大谷以外8選手で14三振喫しエンゼルス4連敗 #大谷翔平 #ShoheiOhtani #エンゼルス #Angels #ShoTime #mlbjp

Shoheiohtani, Angels

大谷翔平先制弾、相手先発ハビエルに7回まで大谷以外8選手で14三振喫しエンゼルス4連敗 大谷翔平 ShoheiOhtani エンゼルス Angels ShoTime mlbjp

エンゼルス大谷翔平投手(27)は「3番DH」で出場し、初回に18号先制ソロを放つなど、3打数1安打1打点。6月20日以来、10試合連続出塁をマークした。1回の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

<アストロズ8-1エンゼルス>◇1日(日本時間2日)◇ミニッツメイドパークエンゼルス大谷翔平投手(27)は「3番DH」で出場し、初回に18号先制ソロを放つなど、3打数1安打1打点。6月20日以来、10試合連続出塁をマークした。1回の第1打席に、アストロズの先発右腕クリスチャン・ハビエル(25)に対し、フルカウントから時速81・2マイル(約131キロ)のスライダーを完璧に捉え、右翼2階席まで運んだ。その後の打席は、三ゴロ、遊ゴロだった。この日は、メジャー4年目で通算500試合目(打者として485試合)の出場。その大谷の先制ソロで幸先よくスタートを切ったが、その後はエンゼルス打線が沈黙し、ハビエルの前に7回まで大谷以外の8選手で14三振。しかも、序盤にあっさりと逆転され、一方的な展開で敗れた。

続きを読む: 日刊スポーツ »

丸の内にできた「ミロがもらえる防音ブース」に行ってみた…ネスレとテレキューブが異業種コラボ

日本ネスレとテレキューブは、東京・丸の内に防音個室ブースを期間限定で設置します。その特別な中身の装備と、両社の狙いと各社の事業背景を解説します。 続きを読む >>

【一覧】ジャッジとアクーニャがリーグ全体1位/オールスターゲームファン投票ファイナリスト - MLB : 日刊スポーツMLBは6月30日(日本時間7月1日)、オールスターゲーム(7月19日、ロサンゼルス・ドジャースタジアム)ファン投票の1次投票結果を発表した。エンゼルス大谷翔… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

菊池雄星 5回1失点で45日ぶり3勝目権利 メジャー通算400Kも達成 - MLB : 日刊スポーツブルージェイズ菊池雄星投手がレイズ戦に先発。5回まで2安打1失点の好投で3勝目の権利を得た。5回を終え2-1でリードしている。菊池は3回まで1安打無失点。4回… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

菊池雄星は6回1失点 45日ぶり3勝目権利持って降板 メジャー通算400Kも達成 - MLB : 日刊スポーツブルージェイズ菊池雄星投手(30)が、6回4安打1失点1四球、今季最多の8奪三振と好投し、45日ぶりとなる3勝目(4敗)の権利を持って降板した。メジャー通算4… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大谷翔平、メジャー通算20勝以上の日本人歴代1位の勝率6割9分 田中将大ら上回る - MLB : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(27)が「3番投手兼DH」で今季13度目のマウンドに立ち、5回3分の2を5安打1四球で無失点、毎回の11三振を奪う力投で7勝目(4敗)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大谷翔平、きょうメジャー通算500試合の節目 バットで引き寄せる最終投票での球宴選出 - MLB : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(27)が、2年連続となるオールスター戦(19日、ロサンゼルス・ドジャースタジアム)出場へラストスパートをかける。MLBは6月30日(日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大谷翔平が月間MVP候補浮上 月間4勝挙げた6投手中、防御率など各データで高いレベル - MLB : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(27)が6月の月間MVP候補に浮上した。自身初の月間4勝は、バーランダー(アストロズ)ストリプリング(ブルージェイズ)らに並ぶ最多タイ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

アストロズ対エンゼルス 1回表エンゼルス2死、先制ソロ本塁打を放ち、ベンチに迎えられる大谷(撮影・狩俣裕三) <アストロズ8-1エンゼルス>◇1日(日本時間2日)◇ミニッツメイドパーク エンゼルス大谷翔平投手(27)は「3番DH」で出場し、初回に18号先制ソロを放つなど、3打数1安打1打点。6月20日以来、10試合連続出塁をマークした。 1回の第1打席に、アストロズの先発右腕クリスチャン・ハビエル(25)に対し、フルカウントから時速81・2マイル(約131キロ)のスライダーを完璧に捉え、右翼2階席まで運んだ。 その後の打席は、三ゴロ、遊ゴロだった。 この日は、メジャー4年目で通算500試合目(打者として485試合)の出場。その大谷の先制ソロで幸先よくスタートを切ったが、その後はエンゼルス打線が沈黙し、ハビエルの前に7回まで大谷以外の8選手で14三振。しかも、序盤にあっさりと逆転され、一方的な展開で敗れた。 大谷が今季本塁打を打った試合のチーム成績は、6月11日まで7連勝を含む9勝1敗と好調だったが、この日で4連敗となった。 .MLBは6月30日(日本時間7月1日)、オールスターゲーム(7月19日、ロサンゼルス・ドジャースタジアム)ファン投票の1次投票結果を発表した。 エンゼルス大谷翔平投手(27)や昨年ナ・リーグMVPのブライス・ハーパー外野手(29)らがそれぞれのポジションで得票2位以内のファイナリストとして最終投票に進出した。各ポジションの上位2位は以下の通り。.<ブルージェイズ-レイズ>◇6月30日(日本時間7月1日)◇ロジャーズセンター ブルージェイズ菊池雄星投手がレイズ戦に先発。5回まで2安打1失点の好投で3勝目の権利を得た。5回を終え2-1でリードしている。.<ブルージェイズ-レイズ>◇6月30日(日本時間7月1日)◇ロジャーズセンター ブルージェイズ菊池雄星投手(30)が、6回4安打1失点1四球、今季最多の8奪三振と好投し、45日ぶりとなる3勝目(4敗)の権利を持って降板した。メジャー通算400奪三振にも到達した。 5月16日に2勝目を挙げて以来、前回登板まで7試合連続で白星から遠ざかるなど、不安定な投球が続いた。 だが、この日は序盤からテンポ良くストライクを先行させ、3回まで無失点。4回2死からソロ本塁打を浴びたものの、5回にはこの日8個目の三振を奪って、メジャー通算400奪三振に到達した。 6回無死から連打を許したが、後続を併殺と三ゴロに仕留め、2-1と1点のリードを守って救援陣にマウンドを譲った。.