大谷翔平 第1打席は遊ゴロも先制打点、第2打席は二塁打 ダブルヘッダー第1試合 - MLB : 日刊スポーツ

2022/05/15 0:40:00

大谷翔平 第1打席は遊ゴロも先制打点、第2打席は二塁打 ダブルヘッダー第1試合 #mlbjp #エンゼルス #大谷翔平 #大谷さん

大谷翔平 第1打席は遊ゴロも先制打点、第2打席は二塁打 ダブルヘッダー第1試合 mlbjp エンゼルス 大谷翔平 大谷さん

エンゼルス大谷翔平投手(27)が「3番DH」で出場し、第2打席でチャンスを広げる二塁打を放った。3回2死一塁、右腕ブラックバーンの内角カットボールを引っ張り、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

アスレチックス対エンゼルス 1回表エンゼルス無死一、三塁、遊ゴロで三塁走者マーシュが生還し先制の打点をあげる大谷(撮影・江口和貴) <アスレチックス-エンゼルス>◇ダブルヘッダー第1試合◇14日(日本時間15日)◇オークランドコロシアム エンゼルス大谷翔平投手(27)が「3番DH」で出場し、第2打席でチャンスを広げる二塁打を放った。 3回2死一塁、右腕ブラックバーンの内角カットボールを引っ張り、右翼線への二塁打を放った。2死二、三塁とし、その後、満塁となったが、5番メイフィールドが凡退し、得点にはつながらなかった。 第1打席は1回無死一、三塁のチャンスから3球目の外角シンカーを打たされ、センター方向へのゴロを放った。これを遊撃手アンドラスが捕球し、二塁ベースに滑り込みながら左手でタッチ。一塁走者のスライディングと間一髪のタイミングとなり、一度はセーフと判定されたが、ビデオ検証の結果、アウトとなった。この間に三塁走者がかえり、先制点を挙げた。 MLB最新ニュース.<エンゼルス2-4レイズ>◇11日(日本時間12日)◇エンゼルスタジアム 「3番投手兼DH」として今季6度目の先発マウンドに上がったエンゼルス大谷翔平投手(27)は、6回2安打1失点で勝敗はつかなかった。 大谷は今季、昨季まで外野手用として使っていたモデルを改造したグラブでマウンドに立っている。用具を提供するアシックスは昨オフ、投手用と外野用の2種類を用意した。しかし、外野用の親指部分などに使われた硬さのある「特殊皮革を気に入っていただき」(同社担当の沢野善尋氏)、投手用と兼用することになった。シーズンを通じて、グラブがへたりにくい利点がある。 外野用は、網(ウェブ)の部分が「クロス」と呼ばれる十字型だった。このままでは、握りが打者から見えてしまうため、縦棒部分を2本から4本に増やした。見えにくくしたとはいえ、投手がクロスウェブを使うのは異例。ダルビッシュ(パドレス)、涌井(楽天)ら、同社のグラブを使用しているプロ投手では唯一だ。 握りの見えにくさと同様に今回重視したのは操作性だ。小指と薬指は、同じ部分に2本入れる形状だ。「指先まで力が伝わりやすく、開閉がしやすい。しっかりつかめる」(沢野氏)と外野用では一般的だが、投手が使用するのは珍しい。投手用よりは大きく、癖がばれないようにする指カバーもついていない。前人未到の二刀流を進む大谷は、用具でも新たな道を開拓している。【斎藤直樹】 MLB最新ニュース.大谷翔平、メジャー通算100号なるか 1日休養経て「3番DH」で先発/速報します [2022年5月14日10時24分] <アスレチックス-エンゼルス>◇13日(日本時間14日)◇オークランドコロシアム メジャー通算100号に王手をかけるエンゼルス大谷翔平投手(27)は、20連戦から1日の休養をへて「3番DH」で先発出場する。 457試合目で到達すれば日本人最速。最近7試合は28打数10安打の打率3割5分7厘、2本塁打、9打点と状態を上げており、メモリアルアーチが期待される。 エンゼルス対レイズ 試合前、メッセージボードを掲げる夫婦のファン(撮影・江口和貴) チーム.エンゼルス・大谷翔平選手がキャリア初の満塁ホームランを放ち、メジャー通算100号まであと1本とした翌日。スポーツニュース番組「S-PARK」の新キャスター・佐久間みなみアナウンサーが、成長を続ける大谷選手について、ジョー・マドン監督にインタビューを行った。 スタジアムの電光掲示板には、2021年MVP獲得の表示があった 熱気にあふれるロサンゼルス・エンゼルスタジアムで試合前、ワールドシリーズ制覇の経験もある名将が明かしたのは、「彼のことが好きだし、それが伝わっている」という大谷選手との深い信頼関係だった。 大谷翔平の恩師が語った「困難との戦い」 佐久間アナを気さくに出迎えたマドン監督。就任当初から大谷選手の二刀流を認め続けてきた恩師は、これまでの成長について「彼は困難と一緒に成長してきたと思うよ」と語った。 2018年に“二刀流”としてメジャーデビューを果たし、メジャー史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」が評価され、ア・リーグ新人王に輝いた大谷選手。しかし右肘靭帯損傷が判明し、同年10月、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、打者に専念。その後も思うような結果を残せずにいた。 「私がここにきた初年度の2020年、大谷は腕の手術から戻ってきたところで、打つのも投げるのも、彼にとっていい年ではなかった。その時から今まで、彼は確実に困難を乗り越えてきた。そのために調整を積み重ねてきたけど、きっとそれは一番難しい乗り越え方です」(マドン監督) 2020年の登板はわずか2試合。打者としても打率1割台と苦しんでいた大谷選手は、なぜ翌年あれだけの飛躍を見せたのだろうか。.

続きを読む:
日刊スポーツ »
Loading news...
Failed to load news.

クセバレより「特殊皮革」大谷翔平、グラブわざわざ外野用を改造して使うワケ - MLB : 日刊スポーツ「3番投手兼DH」として今季6度目の先発マウンドに上がったエンゼルス大谷翔平投手(27)は、6回2安打1失点で勝敗はつかなかった。大谷は今季、昨季まで外野手用… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大谷翔平、メジャー通算100号なるか 1日休養経て「3番DH」で先発/速報します - MLB : 日刊スポーツメジャー通算100号に王手をかけるエンゼルス大谷翔平投手(27)は、20連戦から1日の休養をへて「3番DH」で先発出場する。457試合目で到達すれば日本人最速… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【独占取材】大谷翔平“二刀流”の恩師・マドン監督が明かした成長の秘訣。信じているから「シンプルに」エンゼルス・大谷翔平選手がキャリア初の満塁ホームランを放ち、メジャー通算100号まであと1本とした翌日。スポーツニュース番組「S-PARK」の新キャスター・佐久間みなみアナウンサーが、成長を続ける大谷選手について、ジョー・マドン監督にインタビューを行った。熱気にあふれるロサンゼルス・エンゼルスタジアムで試合前、ワールドシリーズ制覇の経験もある名将が明かしたのは、「彼のことが好きだし、それが伝わっている」という大谷選手との深い信頼関係だった。佐久間アナを気さくに出迎えたマドン監督。就任当初から大…

大谷翔平「わざと」肘下げ…リリース位置データに苦闘の跡がくっきりエンゼルス・大谷翔平投手(27)が11日(日本時間12日)、新たな姿で6回2安打1失点の好投を見せた。本拠地・レイズ戦に「3番・投手、DH」でフル出場。得意のスプリットで被弾し、直球の球速も出ない中

大谷翔平 「わざと」肘下げ制球安定「工夫しながら」6回1失点も勝敗つかず 打では1安打1盗塁エンゼルス・大谷翔平投手(27)が11日(日本時間12日)、新たな姿で6回2安打1失点の好投を見せた。本拠地・レイズ戦に「3番・投手、DH」でフル出場。得意のスプリットで被弾し、直球の球速も出ない中