大田泰示「とりあえずは、他のところでと」日本ハム自由契約で移籍視野 - プロ野球 : 日刊スポーツ

【タグに誤りがございましたため、訂正致します】 #大田泰示「とりあえずは、他のところでと」日本ハム自由契約で移籍視野 #日本ハム #npb

大田泰示, 日本ハム

2021/11/28 17:24:00

【タグに誤りがございましたため、訂正致します】 大田泰示 「とりあえずは、他のところでと」 日本ハム 自由契約で移籍視野 日本ハム npb

日本ハム から自由契約となることが決まっている 大田泰示 外野手(31)が28日、ニッポン放送のラジオ番組「The Deep」に出演し、心境を明かした。同番組のパー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

日本ハムから自由契約となることが決まっている大田泰示外野手(31)が28日、ニッポン放送のラジオ番組「The Deep」に出演し、心境を明かした。同番組のパーソナリティーを務めるスポーツライター金子達仁氏(55)の質問に答えた。16日に、日本ハムと今季取得した国内FA権について話し合いの場が持たれ際に、ノンテンダーとすることを選択されたと聞いた時の心境は「いろんな選手がいる中で、こういうことがあるというのは僕も分かっていたことなので。そこに関してはネガティブに捉えることはないですけど。自分がこうなってしまうことに、まず驚きというか、自分もこういうことが起きてしまったんだなというのが、率直な感想です」と話したが、続けて「まず、今年のシーズンの自分の成績を見た時に、かなり厳しい契約になるだろうなと思っていましたし、また栗山監督がお辞めになって、新しい監督が新庄監督というところで、チームの若返り、チームの改革はしてくるだろうと自分の中でも思っている部分はあったので、こういう結果になってしまったのも覚悟はしている部分はあったので。心の準備といいますか、いろいろ考えてオフに入り、実際にね、そういう風になった時は本当に頭の中が真っ白になるというか、目の前が真っ白になるというか。人生の中でもこういう経験はしたことがないくらい、びっくりしました」と振り返った。

オードリー・若林正恭、新型コロナウイルス感染 相方・春日俊彰に続き

今後について、現時点で考えていることを問われ、言葉を選びながら話した。「本当に考えていることは、とにかく自分の状態をしっかり来年のシーズンに向けられるように、本当にしっかり練習をやるしかないなというのが今の考えで。野球がやっぱり、僕の中で一番の財産でもありますし、これを仕事にしてまだまだやりたいという気持ちが大きいので。本当に野球をやれる環境、そういうチームが早くみつかればなと思っています」と明かした。意中の球団があるか、との問いには「今はフラットですね。やっぱり野球をやるのに、自分がこういう立場でいる時に、本当にユニホームを着て野球をやって、試合をして、お客さんの前でプレーしたいのが一番の気持ちなので。まず、どの色のチームでもいいので、ユニホームを着れたらいいかなと思います」と、率直な気持ちを吐露した。

来季も日本ハムでプレーしている可能性を問われると、言葉を絞り出した。「どうなんですかね…ファイターズ…。まあ、自分の気持ちとはそぐわないところも当然出てくると思うので。そればっかりは分からないですけども…どうですかね。正直、予想していなかったことなので。いろんな複雑な気持ちはありますけど。本当に、今だから言えるのは、やっぱりファイターズは、やっぱり好きでした」と、過去形で日本ハム愛を表現。「まあ何があるか分からないですし、今からどんな話が来るかも分からない状況なので。あの、でもこうやって球団にね、言われた…というか、そういう風に伝えられたので。とりあえずは、他のところでという考えではいますけど。どういう展開で話が進んでいくのか分からないので、とりあえず待つしかないのかなと思っています」と、現時点では他球団でのプレーを考えていることを明かした。 headtopics.com

続きを読む: 日刊スポーツ »

背景ZOZOマリンや 素晴らしい訂正

オリックス、神戸で第6戦 旧青濤館跡にはマンション建設中 - プロ野球 : 日刊スポーツオリックス2勝3敗で迎える日本シリーズ第6戦は神戸に場所を移して行われる。ほっともっと神戸の近くには、かつて「青濤館」と呼ばれる選手寮があり、イチロー(現マリ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【データ】オリックス山本由伸が球団史上初のシリーズ2桁奪三振 - プロ野球 : 日刊スポーツ▼オリックス山本由伸が11奪三振。シリーズの2桁奪三振は18年<6>戦のバンデンハーク(ソフトバンク)以来、22人目(25度目)。オリックスの投手は球団史上初… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

オリックス26年ぶり日本一逃す 打線援護できず延長12回2死で力尽きる - プロ野球 : 日刊スポーツオリックスが延長12回に力尽き、26年ぶりの日本一とはならなかった。。先発の山本由伸投手(23)が9回を自己最多の141球を投げて6安打11奪三振1失点。5回… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 感動をありがとう。本当に素晴らしい試合でした。阪神も、来季ここを目指して頑張って欲しいです。 ヤクルト20年ぶり日本一おめでとう🎊ございます。来季はジャイアンツが日本一になります。 現オリックスバファローズは2005年に新設された球団であって、1996年に日本一になったオリックスブルーウェーブとは似て非なる別の球団です。なので26年ぶりとかいう表現は不適切です。

ヤクルト日本一、MVPは“ムーチョ”中村 敢闘賞は高橋、サンタナ - プロ野球 : 日刊スポーツヤクルトが4勝2敗でオリックスを下し、2001年以来、20年ぶり6度目の日本一になった。日本シリーズMVPは全試合フル出場で投手陣を好リードし、打撃でも活躍し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) ムーチョおめでとう㊗️㊗️ 敢闘選手賞は山本由伸投手ですし、優秀選手賞に高橋奎二投手、サンタナ外野手、杉本裕太郎外野手との発表だよ。

日本一で涙あふれるヤクルトナインに「もらい泣き」がトレンド入り - プロ野球 : 日刊スポーツ20年ぶりの日本一を決めたヤクルトナインに涙があふれた。ベテランの青木宣親外野手は日本一決定の12回裏途中で既にベンチで目を赤らめ“フライング”。主将の山田哲… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 日本一の男泣き。いいじゃないですか。他のチームには流せない涙。絶対大丈夫な涙は美しい。 紙一重の勝利過ぎて、明日も試合があるような感じです😅 それより この時間帯のスポーツニュースに 選手をつれてくんなよ 休ませてやれよ 村上くんが眠そうだよ ファンは 喜びの声は 明日でいい

オリックス来季人事 投手コーチに厚沢和幸氏 高橋信二氏入閣も検討 - プロ野球 : 日刊スポーツオリックスが来季のチームを支える首脳陣の新体制作りに着手することが27日、分かった。投手コーチに 日本ハム で今季まで投手コーチを務めて今秋退団した厚沢和幸氏(4… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)