大林組、落雷の予測精度高く IoT・クラウド活用で

落雷の予測精度が高まりました。大林組が開発。特に高層ビル建設では感電リスクが高く、避難で作業が滞ることがあります。精度を上げ、中断時間を短くする狙いです。

2021/08/04 6:35:00

落雷の予測精度が高まりました。大林組が開発。特に高層ビル建設では感電リスクが高く、避難で作業が滞ることがあります。精度を上げ、中断時間を短くする狙いです。

大林組は建設現場などでの落雷を精度良く予測できるクラウド情報システムを開発した。現場の周囲50キロメートルを80カ所に分けて解析して評価できる。避難で作業が滞る時間をなるべく抑え、フル稼働する時間を確保できる。データはクラウド上で管理するので、タブレット端末などで手軽に確認できる。ロケット発射場やゴルフ場など建設現場以外でも採用事例が出始めている。落雷は現場で働く作業員にとって大きなリスクだ。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

9/11の20周年追悼式典、ニューヨークなど3か所で - BBCニュース

2001年9月11日にハイジャック攻撃を受けた米ニューヨークの世界貿易センタービル跡地、国防総省、ペンシルヴェニア州シャンクスヴィルの3カ所で、追悼式典が行われた。ペンシルヴェニア州での式典では、攻撃当時に大統領だったジョージ・W・ブッシュ氏が演説した。