大きな企業の小さな組織が活躍する時代

  • 📰 BIJapan
  • ⏱ Reading Time:
  • 18 sec. here
  • 9 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 34%
  • Publisher: 51%

ビジネス ニュース

大企業,小さな組織,パノラマティクス

パノラマティクス齋藤精一氏×リコーが考える社会課題の解決に必要なこと

急速に進化し続けるテクノロジーだが、大事なのは「それをどう使うか」だ。「技術を活用するためには、哲学が必要」と話すのは、 パノラマティクス 主宰(アブストラクトエンジン代表取締役、旧:ライゾマティクス)の 齋藤精一 氏。齋藤氏は近年、行政府によるプロジェクトに多く参画しており、長期的、俯瞰的にテクノロジーや産業の世界を見てきた。 大企業 だからできること、 小さな組織 だからやりやすいこと、行政や政府が主導してやるべきことは何か──。日本のクリエイティブシーンをリードしてきた齋藤氏と、「 リコー 独自の技術により、事業を通じて 社会課題 を解決する」をミッションとする リコー ビジネス ユニット「 リコー フューチャーズ」を束ねる入佐孝宏氏が、 社会課題 を解決するために必要なことを語り合った。※所属・役職はすべて記事公開時点のものです。哲学は北極星のようなもの。できることよりもやるべきことをやる。...

さまざまな組織や企業が力を合わせて新しい産業を作著書『進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」』(海士の風)において、創造性を発揮する仕組みを生物の進化になぞらえ、系統立てて説明してみせたデザインストラテジストの太刀川英輔氏。日本の大企業は自らをどのように捉え、どう進化していったらいいのか。「デザイナーは黒子であるべし」と黒の衣服をまとう太刀川氏と、「HRは企業の黒子的役割」と考えるリコーの人事部長の瀬戸まゆ子氏に、創造性やダイバーシティをテーマに語ってもらった。※所属・役職はすべて記事公開時点のものです。自分と会社の結びつきを考え直すタイミング——コロナ禍により、ビジネスや生活は大きく変化しました。どんな変化に着目していますか?太刀川英輔氏(以下、太刀川)...

大企業 小さな組織 パノラマティクス 齋藤精一 リコー 社会課題 解決

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 83. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

「大きな企業の小さな組織」が活躍する時代がきた。パノラマティクス齋藤精一氏×リコーが考える社会課題の解決に必要なこと急速に進化し続けるテクノロジーだが、大事なのは「それをどう使うか」だ。「技術を活用するためには、哲学が必要」と話すのは、パノラマティクス主宰(アブストラクトエンジン代表取締役、旧:ライゾマティクス)の齋藤精一氏。齋藤氏は近年、行政府によるプロジェクトに多く参画しており、長期的、俯瞰的にテクノロジーや産業の世界を見てきた。大企業だからできること、小さな組織だからやりやすいこと、行政や政府が主導して
ソース: BIJapan - 🏆 83. / 51 続きを読む »