外食や旅行に回復兆し 時短解除、感染予防との両立課題

外食や旅行に回復兆し 時短解除、感染予防との両立課題

2021/10/25 16:04:00

外食や旅行に回復兆し 時短解除、感染予防との両立課題

東京や大阪で飲食店などへの営業時間短縮要請が25日解除され、経済活動の正常化を目指す動きが本格化する。新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、外食・旅行業界の客足に回復の兆しも見え始めた。今後は感染対策と需要拡大を両立する「ウィズコロナ」経済へのシフトが課題となる。「やっと深夜まで営業できる」。東京・銀座のバー「ロックフィッシュ」店主の間口一就さんは胸をなで下ろす。緊急事態宣言が明けた10月から

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

首席で卒業も就活難、地下鉄駅で自分を売り込み ロンドン - BBCニュース

就職活動に「嫌気が差した」マリクさんは、立て看板を作って金融街のカナリー・ワーフ駅に立ち、未来の雇用主たちに自分を売り込み始めた。

国民を遊びに出させ選挙に目を向けさせないための汚い岸田の工作。 焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1500万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人15万以上負担 払わされるの国民 コロナいる限り無理だな