与野党が衆院選後初の論戦 衆院で代表質問

Redirecting to full article in 5 second(s)...

岸田文雄首相の所信表明演説への与野党の代表質問が8日午後、衆院本会議で始まった。10月の衆院選後初めての国会論戦で、立憲民主党の泉健太代表が11月末の就任後初めて首相への質問に立った。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への対処などが論点となる。初日の8日は泉氏のほか、自民党の茂木敏充幹事長と立民の西村智奈美幹事長が登壇する。10日まで衆参両院の本会議で各党代表らが質問する。首相は外国人