キリン、国際仲裁を提起 ミャンマー国軍系複合企業との合弁解消向け | 毎日新聞

Redirecting to full article in 5 second(s)...

キリンホールディングスは6日、ミャンマー国軍系複合企業とのビール事業の合弁解消に向け、シンガポール国際仲裁センターに仲裁を提起したと発表した。クーデターを起こした国軍との資本関係を断ち、現地での事業継続を目指す。両社の主張が対立しており、合弁解消の正当性を国際社会に訴える狙いがある。