ブラジル景気後退、7~9月GDP0.1%減 干ばつ響く

Redirecting to full article in 5 second(s)...

【サンパウロ=宮本英威】ブラジル地理統計院(IBGE)が2日発表した2021年7~9月期の実質国内総生産(GDP)は前四半期比で0.1%減となった。4~6月期(0.4%減)に続いて2四半期連続のマイナス成長となり、定義上の景気後退となった。干ばつによる農産物の不振が響いた。ブラジルの景気後退は、新型コロナウイルスの感染が広がった20年1~3月期、4~6月期に2四半期連続でマイナス成長となって以