クロソイの出荷制限解除 セシウム基準値以下を確認 福島 | 毎日新聞

Redirecting to full article in 5 second(s)...

4月に福島県南相馬市沖で取れたクロソイから国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)超の放射性セシウムが検出され出荷を制限していた問題で、県は1日、4~11月に県沖で取った268匹を調べた結果、1キロ当たり平均7・3ベクレルだったとして制限を解除した。これで約7カ月ぶりに全魚種の出荷が可能になった。