堂安律が8点目、中山雄太のズウォレ降格 海外サッカー(写真=共同)

2022/05/12 3:21:00

堂安律が8点目、中山雄太のズウォレ降格 海外サッカー

堂安律が8点目、中山雄太のズウォレ降格 海外サッカー

【ダンディー(英国)=共同】サッカーの海外各リーグは11日、各地で行われ、スコットランド・プレミアリーグで古橋亨梧らの所属するセルティックがダンディー・ユナイテッドと1-1で引き分け、2季ぶり52度目の優勝を決めた。先発した旗手怜央は後半18分に交代し、前田大然は同25分、古橋は終了間際から出場した。オランダ1部でPSVアイントホーフェンの堂安律はNECナイメヘン戦の後半43分まで出場し、前半

NECナイメヘン戦の後半、競り合うPSVアイントホーフェンの堂安=右(11日、アイントホーフェン)=共同 【ダンディー(英国)=共同】サッカーの海外各リーグは11日、各地で行われ、スコットランド・プレミアリーグで古橋亨梧らの所属するセルティックがダンディー・ユナイテッドと1-1で引き分け、2季ぶり52度目の優勝を決めた。先発した旗手怜央は後半18分に交代し、前田大然は同25分、古橋は終了間際から出場した。 オランダ1部でPSVアイントホーフェンの堂安律はNECナイメヘン戦の後半43分まで出場し、前半26分に今季8ゴール目となる先制点を決めた。試合は3-2で勝った。ズウォレの中山雄太はスパルタ戦にフル出場。チームは0-2で敗れて2部降格が決まった。 スペイン1部でマジョルカの久保建英は0-0で引き分けたセビリア戦の後半29分から出場した。ベルギー1部上位プレーオフで三笘薫と町田浩樹のサンジロワーズはクラブ・ブリュージュに0-1で敗れた。三笘はフル出場し、町田は0-0の後半14分に2度目の警告を受けて退場となった。.国際親善試合 日本対ブラジル 前半、ゴールを決め喜ぶネイマール。右後方はGK川島永嗣(2014年10月14日撮影) ブラジル代表のチチ監督は11日、6月2日・韓国戦、同6日・日本戦の遠征に帯同する招集メンバー27人を発表した。ネイマール(パリ・サンジェルマン)を筆頭に、そのまま22年ワールドカップ(W杯)カタール大会出場メンバーといってもおかしくない本気の人選となった。メンバーは次のとおり。 ▽GK=アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティー)、ウェベルトン(パルメイラス) ▽DF=アレックス・サンドロ(ユベントス)、アレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド)、ダニエウ・アウベス(バルセロナ)、ダニーロ(ユベントス)、アラナ(アトレチコ・ミネイロ)、ミリトン(レアル・マドリード)、ガブリエウ(アーセナル)、マルキーニョス(パリSG)、チアゴシウバ(チェルシー) ▽MF=ギマランイス(ニューカッスル)、カゼミロ(Rマドリード)、ダニーロ(パルメイラス)、ファビーニョ(リバプール)、フレッジ(マンチェスターU)、ルーカス・パケタ(リヨン)、コウチーニョ(アストンビラ) ▽FW=ガブリエルジェズス(マンチェスターC)、マルティネッリ(アーセナル)、クーニャ(アトレチコ・マドリード)、ネイマール、ラフィーニャ(リーズ)、リシャルリソン(エバートン)、ロドリゴ(Rマドリード)、ビニシウス(Rマドリード) 海外サッカー最新ニュース.「インベスト・イン・キシダ」とNISA、3つの論点 知っ得・お金のトリセツ(82).前相撲で山田海(左)を破り、白星デビューを果たした須山(10日、東京・両国国技館)=共同 大相撲で東京大から初の力士となった須山(24)=本名須山穂嵩、埼玉県出身、木瀬部屋=が夏場所3日目の10日、東京都墨田区の両国国技館で行われた新弟子らによる前相撲でデビューを果たし、初白星を挙げた。第一歩を踏み出し「始まったなという気持ち」と心境を語った。 館内の観客がまばらな午前9時すぎに初土俵を踏み、山田海(16)=出羽海部屋=を右四つから寄り倒しで完勝。3秒ほどの速攻に「しっかり前に出ようと思っていた。いつもと同じ気持ちでできた」と静かに話した。 東大入学から相撲を始め、相撲部の主将も務めた。現在は文学部の4年生で、来春の卒業を目指している。浴衣姿にげたを履いての登校も経験し「学食で『学内の方ですか?』と言われた」と周囲の反応も明かした。新弟子検査では180センチ、104キロの体格。夜食などでの体重増にも取り組んでいるという。 国立大出身の力士は埼玉大出で三段目の庄司(武蔵川部屋)ら過去に4人いるが、関取は誕生していない。注目の新弟子は「東大なので東大関」と大きな夢を掲げ「一日一日、淡々と頑張っていきたい」と意気込んだ。〔共同〕.

続きを読む:
日経電子版 スポーツ »
Loading news...
Failed to load news.

日本代表戦のブラジル代表招集メンバー27人発表 ネイマール、ビニシウス、ジェズスら本気の人選 - 海外サッカー : 日刊スポーツブラジル代表のチチ監督は11日、6月2日・韓国戦、同6日・日本戦の遠征に帯同する招集メンバー27人を発表した。ネイマール(パリ・サンジェルマン)を筆頭に、その… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「インベスト・イン・キシダ」とNISA、3つの論点(写真=共同)岸田文雄首相が外遊中に英ロンドンの金融街シティーでぶち上げた、新キャッチフレーズ「インベスト・イン・岸田」。残念ながらの日本語スピーチに中途半端な英語を挟み語尾に日本語「です」を加えたため、「Death(死)?」「死に投資?」などとSNS(交流サイト)上では笑い話化されているが、中身は至極当たり前。2000兆円に達する日本の個人金融資産の過半が金利ゼロの預貯金に滞留し、投資に回らない不経済は長ら 本当に恥ずかしい早く辞任してくれ❗ NISAや積み立てNISAなんか増やしても、この記事のようにアメリカ株買われるだけだろw 東証がガクッと下げてるしw

東大初の力士・須山「始まったな」 前相撲で白星(写真=共同)大相撲で東京大から初の力士となった須山(24)=本名須山穂嵩、埼玉県出身、木瀬部屋=が夏場所3日目の10日、東京都墨田区の両国国技館で行われた新弟子らによる前相撲でデビューを果たし、初白星を挙げた。第一歩を踏み出し「始まったなという気持ち」と心境を語った。館内の観客がまばらな午前9時すぎに初土俵を踏み、山田海(16)=出羽海部屋=を右四つから寄り倒しで完勝。3秒ほどの速攻に「しっかり前に出よう

スケート郷亜里砂が現役引退 北京五輪で日本選手団旗手(写真=共同)スピードスケート女子の北京冬季五輪代表で、日本選手団の旗手を務めた郷亜里砂(34)=イヨテツク=が10日、現役引退を表明した。母校の山梨学院大を訪問し、古屋光司理事長らに報告。「つらいことがあっても、目標に向けて続けてこられた。十分にやり切った」と語った。北海道出身の郷はショートトラックで鍛えたコーナーワークを得意とし、20代後半から力

中日、平田良介がコロナ陽性 石川昂弥らに続き(写真=共同)中日は10日、平田良介外野手が新型コロナウイルス感染を調べる検査で陽性判定を受けたと発表した。球団によると症状はなく隔離療養している。球団では木下拓哉捕手が

小林陵侑・平野歩夢がMVP 全日本スキー連盟21~22年(写真=共同)全日本スキー連盟は2021~22年シーズンの最優秀選手賞に北京冬季五輪でともに金メダルを獲得したジャンプ男子の小林陵侑(土屋ホーム)と、スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢(TOKIOインカラミ)を選び、10日、東京都内で表彰式を開いた。ワールドカップ(W杯)でも2度目の個人総合優勝を達成した小林陵は「すごくいい結果が出て、素晴らしいシーズンとなった。最高です」と喜びを語り、海外遠征中の平野