東京オリンピック

東京オリンピック

堀米雄斗、実った「スケボー漬けの日々」 男子ストリート金メダル:朝日新聞デジタル

堀米雄斗、実った「スケボー漬けの日々」 男子ストリート金メダル

2021/07/25 7:52:00

堀米雄斗、実った「スケボー漬けの日々」 男子ストリート金メダル

アメリカンドリームをつかんだ22歳の日本人が、スケートボードの五輪初代王者となった。男子ストリート決勝で、地元東京出身の堀米雄斗が37・18点の驚異的な高得点で金メダルに輝いた。 高校卒業後に渡米し…

「何万人のスケーターの中でどう目立てるか考えたとき、人がやっていないトリックなら注目してくれると思って。がむしゃらに新しい技を練習し始めました」スケボーの技は、跳び方や板に立つスタンス、回る向きの組み合わせから生み出される。堀米が参考にしたのは、1990年~2000年代に流行したアメリカのスケーターだ。堀米にスケボーを教えた父・亮太さん(46)や日本代表のコーチ(47)は、20代のころに自身が「かっこいい」と感じた映像を何度も見せたという。当時の選手たちが低い縁石でやっていた技を、堀米は今、高い手すりの上でもやってのける。玄人好みの技を高いレベルで再現し、審査員の心を打つ。

ジーンズが人間に襲いかかる!? 映画『キラー・ジーンズ』予告編 - ライブドアニュース トランス女性、上司からの「くん付け」でうつ病発症 労災申請 - ライブドアニュース ファーストキッチン、クラシックシリーズ第7弾「海老フライバーガー」発売! - ライブドアニュース 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

踏切で“待っていた”だけなのに…死亡事故はなぜ起きたのか | NHKニュース

【NHK】他人にとって この上なく迷惑な“歩きスマホ”の行為。操作する本人も気付かないうちに命の危険にさらされるおそれがあります。

啊,男子也夺金牌了,祝贺日本滑板代表队! オリンピックのメダル報道はしないでいいのではないですか、朝日さんは。もともと中止を煽ってたのだから。 なぜ、朝日新聞が東京五輪を報じてんの?。反五輪屋を裏切ってますよ。姿勢が蝙蝠すぎ。 五輪反対でもメダル報道はするのね朝日さん。 朝日のダブスタ

日程 - 東京2020オリンピック : 日刊スポーツ日刊スポーツ|東京2020オリンピックで行われる33競技339種目の日程一覧です。大会期間は2021年7月23日から8月8日まで。サッカーとソフトボールは開会式前の7月21、22日にも試合を行います。競技名をクリックすると実施種目のタイムスケジュールを表示します。情報は随時更新します - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。

阿部一二三と詩、そして長兄とめざす頂点 「きょうだい金」の快挙へ:朝日新聞デジタルきょうだいともに、柔道の世界王者。日本のスポーツの中で最も多い過去40個の金メダルをオリンピック(五輪)で獲得している柔道界でも、きょうだいで金メダルを獲得した選手はいない。まして2人が畳の上に上が…

「ママは勝つ」 8歳長男の言葉、胸に臨んだ東京五輪 つたった涙:朝日新聞デジタルフェンシング女子エペの佐藤希望は国際オリンピック委員会(IOC)が模範的なアスリートとして宣伝したい人だ。間違いない。 バッハIOC会長は「東京大会は史上初めて最も男女の参加人数がほぼ同じになる」と…

立ちはだかる強敵はあずきバー 「あの皮」で挑む御座候:朝日新聞デジタル回転焼き? 大判焼き? いえいえ、関西の人なら「御座候(ござそうろう)」。創業当時から実演販売の手法を続け、あんこを皮で包んだアツアツを食べられる。でも、暑い夏はちょっと……。そんな甘党のためにうま… これは最早「自民党のオリンピック」であり、保守・右派のボランティアで演じられる劇に過ぎない。 他人のお金 税金で作られた学芸会、満足げな保守・右派の笑顔。 “民族の祭典” の欠片もない。 東京大学 早稲田大学 明治大学 慶應義塾大学 同志社大学 立教大学 法政大学 立命館大学

「応援してもらえるかな」悩んだ前田マヒナ 決意を記して五輪の波に:朝日新聞デジタル 東京オリンピック (五輪)のサーフィン女子日本代表の前田マヒナ(23)はハワイ・オアフ島で生まれ育った。父は大阪出身、母は東京出身で、ともに日本人だ。 4歳でサーフィンを始めた。花が開いたのは15歳だ… 社説に対するコンプラ違反だぞ オリンピック中止を求めている朝日新聞に対しオリンピック試合報道の中止を求めます

ペルー新大統領は庶民派 「貧しい者のいない国」訴え:朝日新聞デジタル大接戦となり、開票結果の確定まで1カ月以上を要した南米ペルーの大統領選で、ペドロ・カスティジョ氏(51)が勝利した。28日に新大統領に就任する。当初は有力候補ではなかったが、貧困層への支援や格差の解… ペルーの様な国の運営は左派だろうと右派だろうと、どっちがやっても苦難の連続以外ないのだから、「本人の使命感」、その度合いだけが優劣を分ける要素ではなかろうか。 使命感があれば、汚職で親族を超え太らせるとか、反論を圧政で弾圧とかせずに(往々にしてやるのだが)前へは進める。 中南米では大統領に当選すると皆同じことを言うが 就任して数か月もすれば大体空手形に終わりあとは Caos y confusioinになる。