坂口健太郎&杏“月9”でW主演 公正取引委員会が舞台で凸凹公取委バディに【コメント全文掲載】

2022/05/15 23:01:00

坂口健太郎&杏“月9”でW主演 公正取引委員会が舞台で凸凹公取委バディに【コメント全文掲載】(写真 全2枚) #坂口健太郎 #杏 #フジテレビ #競争の番人 @kentaro_s_711

坂口健太郎, フジテレビ

坂口健太郎 &杏“月9”でW主演 公正取引委員会が舞台で凸凹公取委バディに【コメント全文掲載】(写真 全2枚) 坂口健太郎 フジテレビ 競争の番人 kentaro_s_711

俳優の 坂口健太郎 と杏が、7月スタートの フジテレビ 系“月9”『 競争の番人 』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『 競争の番人 』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのは フジテレビ 史上過去にい異例のケースとなる。

が、7月スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にい異例のケースとなる。 .現在放送中の月9ドラマ「元彼の遺言状」の原作を手がけた新川帆立氏の同名小説の実写化。日本の行政機関で、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まる「公正取引委員会(公取委)」を舞台に、正反対の2人がバディとなり企業の不正をあぶり出すストーリーだ。 坂口は、20歳で司法試験に合格し、東大法学部を首席で卒業するも、あえて公取委に就職した理屈屋の小勝負勉(こしょうぶ・つとむ)を、杏は感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)を演じる。 2人は16年の映画「オケ老人!」以来6年ぶりの共演で、ドラマでは初タッグ。坂口が「身が引き締まるというのはどの作品も同じなのですが、“月9枠で杏さんとW主演”というのは、もう一段上の気合が入った感じがします」と語ると、杏も「年齢も近いので、考え方などにギャップを感じることもなく、一緒に演じるのは楽しいですね」と手応えを語る。 ドラマ制作には公取委が全面協力しており、実際の施設で撮影も敢行。2クール連続の「月9」作者となった新川氏も「令和版『HERO』のイメージで書いた」とかつてのヒットドラマに重ねる。杏は「今までにお見せしてきた私へのイメージを一度なくして、新しい役として見ていただくために髪をカットしました」と役づくりのエピソードを告白。坂口は「彼らがやっていることを見て、次の日のちょっとした活力やパワーにしていただけたら」と意気込んだ。.が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まる。 経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。誰もが一度は聞いた事があるがその実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。 下に続きます.が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まる。 経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。誰もが一度は聞いた事があるがその実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。 下に続きます.

続きを読む:
ORICON NEWS(オリコンニュース) »

中国ウルムチで異例のデモ 10人死亡の住宅火災を機にコロナ対策に抗議 - BBCニュース

中国の新疆ウイグル自治区ウルムチ市で、新型コロナウイルス対策に抗議する大規模なデモが起きた。ソーシャルメディアに投稿された動画では、「ロックダウンを解除しろ」などと連呼する人たちが、当局者に抗議している。 続きを読む >>

ui_ponco704 なんでかと思ったらww どうしよう見ようかなwww

坂口健太郎&杏、7月開始の月9ドラマ「競争の番人」でダブル主演 公正取引委員会舞台に正反対バディ俳優の 坂口健太郎 (30)と女優の杏(36)が7月スタートの フジテレビ 系連続ドラマ「 競争の番人 」(月曜・午後9時)でダブル主演する。

坂口健太郎×杏、7月期月9ドラマでW主演! 公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”<競争の番人> | WEBザテレビジョン 坂口健太郎 ×杏、7月期月9ドラマでW主演! 公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”< 競争の番人 競争の番人 坂口健太郎 杏 新川帆立 kyoso_fujitv

坂口健太郎×杏、7月期月9ドラマでW主演! 公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”<競争の番人> | WEBザテレビジョン 坂口健太郎 ×杏、7月期月9ドラマでW主演! 公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”< 競争の番人 競争の番人 坂口健太郎 杏 新川帆立 kyoso_fujitv

坂口健太郎&杏、7月開始の月9ドラマ「競争の番人」でダブル主演 公正取引委員会舞台に正反対バディ俳優の 坂口健太郎 (30)と女優の杏(36)が7月スタートの フジテレビ 系連続ドラマ「 競争の番人 」(月曜・午後9時)でダブル主演する。

清野菜名が事務所移籍 杏、菅田将暉ら所属のトップコートへ「これからも自分のペースで仕事を」 - 芸能 : 日刊スポーツ女優清野菜名(27)が14日、自身のインスタグラムを更新。所属事務所を移籍したことを発表した。これまで所属していた事務所ステッカーから、トップコートに移籍した… - 日刊スポーツ新聞社の ニュース サイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

入野自由がホスト役で月9出演 参考資料の写真は「狩野英孝」 - ライブドアニュース【月9】入野自由、ホスト役で16日放送の『元彼の遺言状』に出演 入野が演じるのは被害者、容疑者と同じホストクラブで働くナンバー3ホスト・柴田勝家。ホストの宣材写真を撮る際に、参考資料として見た写真は狩野英孝だったそう。 織田家老みたいな名前してんな 誰?だから? チョイ役で狩野英孝出てきたら笑う

が、7月スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にい異例のケースとなる。 .現在放送中の月9ドラマ「元彼の遺言状」の原作を手がけた新川帆立氏の同名小説の実写化。日本の行政機関で、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まる「公正取引委員会(公取委)」を舞台に、正反対の2人がバディとなり企業の不正をあぶり出すストーリーだ。 坂口は、20歳で司法試験に合格し、東大法学部を首席で卒業するも、あえて公取委に就職した理屈屋の小勝負勉(こしょうぶ・つとむ)を、杏は感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)を演じる。 2人は16年の映画「オケ老人!」以来6年ぶりの共演で、ドラマでは初タッグ。坂口が「身が引き締まるというのはどの作品も同じなのですが、“月9枠で杏さんとW主演”というのは、もう一段上の気合が入った感じがします」と語ると、杏も「年齢も近いので、考え方などにギャップを感じることもなく、一緒に演じるのは楽しいですね」と手応えを語る。 ドラマ制作には公取委が全面協力しており、実際の施設で撮影も敢行。2クール連続の「月9」作者となった新川氏も「令和版『HERO』のイメージで書いた」とかつてのヒットドラマに重ねる。杏は「今までにお見せしてきた私へのイメージを一度なくして、新しい役として見ていただくために髪をカットしました」と役づくりのエピソードを告白。坂口は「彼らがやっていることを見て、次の日のちょっとした活力やパワーにしていただけたら」と意気込んだ。.が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まる。 経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。誰もが一度は聞いた事があるがその実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。 下に続きます.が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まる。 経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。誰もが一度は聞いた事があるがその実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。 下に続きます.