地震対策で盲点の「エレベーター内閉じ込め」 遭遇時の対処法とは | 毎日新聞

地震対策で盲点の「エレベーター内閉じ込め」遭遇時の対処法 エレベーターの中で大きな揺れがあった場合、どうすればいいのでしょうか。エレベーター保守会社の専務は、意外な方法を教えてくれました。

気象・地震, 吉田卓矢

2021/12/09 6:07:00

地震対策で盲点の「エレベーター内閉じ込め」遭遇時の対処法 エレベーターの中で大きな揺れがあった場合、どうすればいいのでしょうか。エレベーター保守会社の専務は、意外な方法を教えてくれました。

10月、東京23区で10年半ぶりに震度5強の地震があり、過去の震災の記憶がよみがえった人も多いだろう。首都直下地震や南海トラフ地震で懸念されながらも、利用者による対策は進んでおらず盲点になっているのが、エレベーター内に閉じ込められる問題だ。閉じ込めに遭遇したら、どうすべきなのか。【 吉田卓矢 /科学環

エレベーターといえば、自宅マンションや勤務先のビルなどにあり、今や欠かせない身近な乗り物だ。日本エレベーター協会によると、全国のエレベーターの台数は今年3月現在、77万2715基になる。それだけにマンションなどが多い都市部で大地震が起きると、閉じ込めが発生しやすくなる。2018年の大阪北部地震では、大阪などの11府県で約6万3000基が停止。うち5府県の346基で閉じ込めがあった。今年10月に東京都と埼玉県で震度5強を観測した地震では、首都圏を中心に約7万8000基が止まった。夜間で利用者が少なかったことなどが影響し閉じ込めは25基にとどまったものの、国の中央防災会議が13年に公表した首都直下地震での想定では、閉じ込めの被災者は「最大約1万7400人」となっている。

続きを読む: 毎日新聞 »

密輸業者と警察に分かれて対戦する協力型アクションゲーム『The Smugglers』正式発表、2022年内にリリースへ。それぞれのマップは歴史的な背景から着想 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

パブリッシャーのG-DEVS.comは、密輸業者と警察に分かれて対戦する協力型アクションゲーム『The Smugglers』を正式発表し、2022年内にリリースすると発表した。 続きを読む >>

有料記事だから結局何を言いたいのか分かりません。危険だから気を付けましょうねってことなんですかねぇ。まあ中から電話とかで助け求めるかエレベーター内からも連絡できたはずなんでそれ使って解決すればOKってことを言いたいんだと思います 震災対応記事が有料ですか? 地獄の沙汰も金次第なのですね。 そんなことよりも、みんなで備えようではないですか?新聞は社会の公器なのでしょう?

鳥インフル派遣「野球大会の日外して」 熊本県の課長がメール | 毎日新聞鳥インフルでの派遣「野球大会の日外して」 熊本県内の養鶏場で鳥インフルエンザの陽性が確認された問題で、県農林水産部の課長が、親睦野球大会に参加予定だった職員25人について、殺処分業務の派遣で配慮するよう求めるメールを関係部署に送っていたことが判明しました。 なぜこれがニュースに?誰が作業しようがよいのでは?( ゚Д゚) 鳥インフル野球 この価値感が理解出来んぞ お役人様はバカなんだな…要らないから辞めて草野球やってろよ。

特殊詐欺で「1人2役」3000万円引き出し容疑 35歳逮捕 大阪 | 毎日新聞警察官になりすまして複数の高齢者らからキャッシュカードをだまし取り、計約3000万円を引き出したとして、大阪府警が無職の安井信勝容疑者(35)=大阪府岸和田市=を詐欺や窃盗の疑いで逮捕したことが、捜査関係者への取材で判明した。安井容疑者は特殊詐欺グループ内で現金自動受払機(ATM)から現金を引き出

ソニー「ローカル5G」でマンションを高速ネット接続に | 知ってトクするモバイルライフ | 石野純也 | 毎日新聞「経済プレミア」ソニーは、「ローカル5G」を活用したインターネット接続サービス「NURO Wireless 5G」(ニューロ・ワイヤレス 5G)を2022年春に始める。 ソニーネットワークコミュニケーションズが提供している固定インターネット接続サービス「NURO光」(ニューロひかり)を5G電波を使って接続するも

巨人戦チケット転売容疑、51歳逮捕 「営業先に配る」と会社にうそ | 毎日新聞勤務先だった会社が購入したプロ野球・巨人の公式戦チケットを転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は7日、埼玉県川越市田町、無職、田辺宏明容疑者(51)を業務上横領と入場券不正転売禁止法違反の疑いで逮捕したと発表した。2013年以降、勤務先が取引先に渡すために購入したプロ野球のチケットを勝手に転売 新聞拡張団が良くやる手口だな。 政治家の不正もこの調子で逮捕して行ってほしいですね。応援してますよ警察のみなさん!! 巨人戦なんか定価でも買わないけど。

野口悠紀雄氏が米国で失敗したスラング“牛のふん” | 経済プレミアインタビュー | 川口雅浩 | 毎日新聞「経済プレミア」経済学者で一橋大名誉教授の野口悠紀雄氏は、母校・東京都立日比谷高の恩師だった森一郎氏が「試験に出る英単語」(青春出版社)を執筆する際、実験台になったという。野口氏に「でる単」誕生秘話と英語学習法について聞くインタビューの2回目は、「でる単の哲学は正しい」と語る野口氏に自身の“失敗体験”を聞いた。【 좋아요 😪😥😢

実現しなかった「専門家会議」再編 前政権の提案見送りの舞台裏 | 毎日新聞新型コロナウイルス対策を議論する政府の専門家会議について、菅義偉前政権幹部が、10月の発足時に岸田文雄政権に対してメンバーや組織の再編を提案していた事実が浮上した。緊急事態宣言の発令時期などを巡り、しばしば「対立」してきた前政権と感染症の専門家。最終的にこの提案は見送られたが、取材を進めるとその舞 文書通信費さえ何十年も報道できなかった新聞社に舞台裏など報じられるのかね?