自然, 環境, 秘境, トラベル, 自然, 観光

自然, 環境

地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を澄ます

<音響生態学者で「自然の静寂」を守る活動を行うゴードン・ヘンプトンの、人工音に汚...

2021/07/31 15:20:00

地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を澄ます……<「自然の静寂」を守る活動を行う音響生態学者ゴードン・ヘンプトンの、人工音に汚されていない自然環境を守る闘い> 自然 環境 秘境

<音響生態学者で「自然の静寂」を守る活動を行うゴードン・ヘンプトンの、人工音に汚...

ロックダウン(都市封鎖)で大いなる静寂が訪れたとき、私たちは気付いた。刺激過多の脳と自然界に静けさがどれほど恩恵をもたらすか......。昨年の3月から5月には世界中の都市が静まり返り、地震計が拾うノイズ、つまり人為的な地面の振動も消えた。地質学者たちによれば、これほど長くノイズが消えたのは観測史上初めてのことだ。この時期、人間が姿を消した世界で野生動物は自由を満喫した。チリの首都サンティアゴにはピューマが出現。サンフランシスコでコヨーテが目撃され、ニューヨークっ子たちは車の音よりも高らかに響く鳥のさえずりに驚いた。

ブタメンが “焼きそば” で大復活!どこか懐かしい味わいの「ブタメン焼そば とんこつ味」 - ライブドアニュース 『Mステ』35周年を“ギタリストタモリ”が彩る 4時間SP10・15放送 - ライブドアニュース 『鬼滅の刃』柱合会議・蝶屋敷編が本日放送 場面カット公開で煉獄たち“柱”集結 - ライブドアニュース

だが経済活動が再開し、ジェット機の轟音が再び空に響き始めた今、私たちは地球上に残された数少ない静かな場所を守れるだろうか。きっと守れる──そう答えるのは音の収集のプロ、ゴードン・ヘンプトンだ。音響生態学者でもある彼は、消えつつある自然のサウンドスケープ( 音の風景)を求めて、過去40年間世界中を回ってきた。その使命は静寂に包まれた最後の秘境を守ること。ヘンプトンは自らのライフワークを本誌に熱く語ってくれた。彼が仲間と共に設立したNPO「クワイエット・パークス・インターナショナル(QPI)」は、人々が日常的に静寂に浸れる場所を世界中に確保することを目指す。その活動の一環として2019年に、エクアドルのサバロ川流域の一画を世界初の「自然の静寂な公園」に指定した。

QPIはさらに世界で265カ所、静寂な公園を設ける予定だ。その中には人口密度が高い都市郊外の森林なども含まれる。その1つ、台湾の中心都市・台北に近い陽明山国家公園は世界初の「都市の静寂な公園」に指定された。ヘンプトンの活動の原点はワシントン州のオリンピック国立公園だ。05年に公園内の森で「アメリカで最も静かな場所」を見つけた彼は、そこに目印の石を置き、「静寂の1平方インチ(約6.5平方センチ)」として飛行機などの騒音から守る運動を始めた。雷鳴と鳥の声が転機にもともとヘンプトンは植物病理学を専攻していた。進路を変えたのは2つの音だ。1つはウィスコンシン州マディソンで出くわした嵐。雷鳴の音を聞いて、それこそ雷に打たれたように、自然の豊かさにショックを受けた。 headtopics.com

私たちの脳は聴覚刺激を取捨選択するが、この出来事をきっかけに彼は周囲の音を専門機材で余さず聞くようになった。「ちょうどシュノーケルマスクを着けて海に潜ってみたようなものだ。それまで知らなかった世界の豊かさに圧倒された」「それ以来、人里離れた地に深く分け入るようになった。騒音公害から逃れると、よりはっきりと音が聞こえ、自然もまた私たちのように盛んにコミュニケーションを取り合っているのだと気付かされた」 続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

9/11の20周年追悼式典、ニューヨークなど3か所で - BBCニュース

2001年9月11日にハイジャック攻撃を受けた米ニューヨークの世界貿易センタービル跡地、国防総省、ペンシルヴェニア州シャンクスヴィルの3カ所で、追悼式典が行われた。ペンシルヴェニア州での式典では、攻撃当時に大統領だったジョージ・W・ブッシュ氏が演説した。