科 学・ It, イスラエル, 別府湾, 千葉県市原市, 国際地質科学連合, 早稲田大, 大阪市立大, 集英社, 愛媛大, ネイチャー, ノーベル化学賞, 天気の子, 人新世の『資本論, コロナ, パウル・クルッツェン, 北里洋, 新海誠, 斎藤幸平, 斎藤, 科学・It

科 学・ It, イスラエル

地球に人類が爪痕残す…「人新世」はどんな時代? : 科学・IT : ニュース

地球に人類が爪痕残す…「人新世」はどんな時代? #科学・IT

2021/05/09 23:25:00

地球に人類が爪痕残す…「人新世」はどんな時代? 科学・IT

[New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「人新世」。 人類の活動は、地球に様々な爪痕を残してきた。人類が地球に大きな影響を与えている地質学上の時代(地質時代)を、ジュラ紀や白亜紀のよう

人類の活動は、地球に様々な爪痕を残してきた。人類が地球に大きな影響を与えている地質学上の時代(地質時代)を、ジュラ紀や白亜紀のように、「人新世(じんしんせい)」と位置づけようという議論が始まっている。46億年にわたる地球の歴史の中で、人新世はどのような時代と言えるのだろうか。コンクリートや金属など地球上にある人工物の総重量が2020年、生物の総重量を上回った――。昨年12月、イスラエルの研究機関が英科学誌ネイチャーに発表した推計だ。20世紀初めには生物の3%に満たなかった人工物は、工業化の進展に伴って爆発的に増加し続け、1兆トンを超えた。

サンコー、袋ラーメン一人前にちょうどいい折りたためる電気鍋 - ライブドアニュース 9割の確率でしゃっくりが止まるストロー米で開発 マックフルーリーが発端 - ライブドアニュース 自然な二重仕様で浮きや透けを防ぐ白Tシャツ「乳首が気にならない白T」が登場 - ライブドアニュース

人工物のうち約半分はコンクリートが占める。アスファルトは6%。地球の表面を建物や道路などが覆い尽くしていく様子が脳裏に浮かぶ。20年後には人工物が今の2倍になるという。一方、生物量はやや減少傾向で、森林破壊などの影響が表れているという。研究チームは、「(人間の活動が地球に大きな影響を及ぼしている)人新世を特徴付ける結果だ」と強調した。「人新世」という言葉は、オゾン層破壊の研究などでノーベル化学賞を受賞したパウル・クルッツェン氏(今年1月死去)が、00年に提唱した。地球の歴史は、地質の違いなどを基に地質時代として区分されている。「古生代」「中生代」など大きな区分の下に、恐竜が地上を支配した「ジュラ紀」などがあり、さらに細かい100超の区分がある。新生代の開始は、巨大隕石(いんせき)の落下で恐竜など多くの生物が絶滅した6600万年前で、地質にもはっきりと境界が残る。現在は、新生代の第四紀のうち、最終氷期が終わった1万1700年前から続く「完新世」だ。

では、人新世はいつ始まったと考えればいいのだろうか。農耕の開始時点や、産業革命が起きた18世紀とする意見もあるが、第2次世界大戦があり工業化や核実験などが本格化した20世紀半ばが有力だ。 続きを読む: 読売新聞オンライン »

【東京五輪・パラ】 選手村を公開 新型コロナウイルス対策は - BBCニュース

BBCのウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が選手村を訪れ、どのような感染対策がとられているのか取材した。

コトバ通りの爪痕ですか

【独自】使い捨てを改めます…H3後継ロケット「再使用型」開発へ : 科学・IT : ニュース政府は、今年度から運用予定の基幹ロケット「H3」に続く次世代機について、打ち上げ後に機体の一部を海上などで回収する「再使用型」で開発する方針を固めた。早ければ2030年にも初打ち上げを目指す。これまでの使い捨てを改め、

絶滅危惧アホウドリ、尖閣で増え続ける…人の立ち入り制限で : 科学・IT : ニュース沖縄県の尖閣諸島・南小島に生息する絶滅危惧種のアホウドリが18年間で2倍以上に増えていることが、環境省の衛星画像を用いた調査でわかった。人の立ち入りを制限している影響が大きいとみられ、専門家は「今後も増え続けるのではな 更に、環境守るために、中国などの不法侵入をしないように、明確な法整備が、必要ですよ‼️ 即、施設も作って保護活動!鳥も島も! 疫病、分断、侵略、経済危機 全て数千年前に法華経に預言されています。 日本国に日蓮大聖人の仏法を建てない限り、これらの国難から逃れることは出来ません。原因と解決方法はここにある。 日本は仏国土となり、全世界を真の平和に導く使命があります。顕正会 国立戒壇

中国ロケットの残骸、インド洋に落下…米は運用巡り批判 : 科学・IT : ニュース【瀋陽=川瀬大介、ワシントン=船越翔】中国の宇宙当局は9日、先月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B遥2」の残骸が9日午前10時24分(日本時間午前11時24分)、大気圏に再突入したと発表した。落下地点はインド洋の 批判とかでなく、宇宙に向けての打ち上げ全般に対するルールを世界規模共通で設けるしかない。 迷惑千万 安全性を含めての技術開発であるのが当然! ロケット遊びでは無い

中国ロケットの残骸、インド洋に落下…米は運用巡り批判 : 科学・IT : ニュース【瀋陽=川瀬大介、ワシントン=船越翔】中国の宇宙当局は9日、先月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B遥2」の残骸が9日午前10時24分(日本時間午前11時24分)、大気圏に再突入したと発表した。落下地点はインド洋の 批判とかでなく、宇宙に向けての打ち上げ全般に対するルールを世界規模共通で設けるしかない。 迷惑千万 安全性を含めての技術開発であるのが当然! ロケット遊びでは無い