プレサンス前社長に無罪判決 21億円横領、大阪地裁

Redirecting to full article in 5 second(s)...

学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)の資金21億円を着服したとして、業務上横領の罪に問われた不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)前社長の山岸忍被告(58)の判決公判が28日、大阪地裁であった。坂口裕俊裁判長は「(横領の)故意があったと認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。大阪地検特捜部による証拠改ざん事件が2010年に発覚して以降、検察当局は取