強者のルール MRJ認証官悩ませた「謎かけ」

Redirecting to full article in 5 second(s)...

2012年初め、三菱重工業の「名航」で戦闘機設計のエースと呼ばれていた岸信夫が、MRJ(三菱リージョナルジェット、後にスペースジェットに改名)のチーフエンジニアに起用された。08年に事業化が決まったMRJは1年余りで主翼と胴体の設計を見直すという大幅な軌道修正を迫られていた。いきなり迎えたピンチに登板したエース。その岸が最初に決めたのは2度目の納入延期だった。原因はアルミニウム部門の検査不正だ