国際課税のあり方(1) グローバル化で浮上した問題

  • 📰 nikkei
  • ⏱ Reading Time:
  • 7 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 6%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

国際課税のあり方(1) グローバル化で浮上した問題(やさしい経済学)

企業活動がグローバル化する中で、多国籍企業への課税が重要な政策課題となっています。多国籍企業は様々な国に子会社を設立して事業を行っています。国際課税とは国境を越えた経済活動に対する課税であり、多国籍企業が国外で稼得した利益(所得)への課税のあり方を決めます。.

企業活動がグローバル化する中で、多国籍企業への課税が重要な政策課題となっています。多国籍企業は様々な国に子会社を設立して事業を行っています。国際課税とは国境を越えた経済活動に対する課税であり、多国籍企業が国外で稼得した利益(所得)への課税のあり方を決めます。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

利益に課税する法人税には限界があります 本店が海外にあろうと赤字であろうと日本国内で活動するには日本の様々な社会資源(道路・安全等)を利用しており、それには税金が使われている 利益の有無に関わらず国内での活動に応じた課税が必要ではないかと思います 売上の額に対しての負担など、

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 135. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。